Nice Body Make・・・よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 第893回 体脂肪を減少させるには脂質と糖質どちらを制限するのが良いか?

<<   作成日時 : 2015/08/22 23:48   >>

トラックバック 2 / コメント 0


米国NIH(国立衛生研究所)傘下のNIDDK(国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所)のDr Kevin D. Hallらによる研究で、“炭水化物を減らすより脂質を減らす方が体脂肪減少の効果が大きい”との結果が示された。

画像


Cell Metabolism
August 2015
Calorie for Calorie, Dietary Fat Restriction Results in More Body Fat Loss than Carbohydrate Restriction in People with Obesity


画像


炭水化物制限食はインスリン分泌を減らし、脂肪細胞からの遊離脂肪酸の動員を促し、脂肪燃焼やエネルギー消費を高めることが複数のRCT研究で示されている。しかし、これら外来ベースのRCT研究では、食事内容は被験者の自己申告に基づいて評価されておりバイアスの可能性がある。従って、減量効果が炭水化物の制限そのものによってもたらされたのか、それともエネルギー摂取量が減ったことに因るのかを見極めることが難しい。
本研究ではこの問題を解消して真実を見極めるために、男性10名/女性9名の計19名(年齢35.4 ± 1.74)の肥満成人(体重106 ± 3.8 /BMI 35.9±1.1)を対象として、NIHクリニカルセンター代謝ユニットに2週間 x 2回に分けて入院してもらい、全ての食事および身体活動を厳格に管理した状態で減量を実施し、炭水化物制限と脂質制限の有効性を比較した。

画像


トレッドミルで毎日60分のウオーキングをやってもらった。
食事については、それぞれの入院時の最初の5日間はバランスの取れたベースライン食(糖質50%、脂質35%、蛋白質15%;総エネルギー量2,740±100kcal/日)を割り当てた。
引続いて、入院1回目6日間は炭水化物制限食1,918kcal/日(ベースラインと比べて炭水化物の摂取量をー800kcal又は60%カットし、脂質とタンパク質の摂取量は据え置き)⇒入院2回目6日間は脂質制限食1,918kcal/日(脂質の摂取量のみを−800kcal 又は85%カットし、炭水化物とタンパク質の摂取量は据え置き)、若しくは順序を入替え入院1回目は脂質制限食 ⇒ 入院2回目は炭水化物制限食の二つのグループに無作為に割り付けた。
研究チームは被験者が摂取した脂肪量と体内で燃焼した脂肪量を測定した。

その結果、炭水化物制限食群では脂肪燃焼は高まったが、脂肪減少は53 ± 6g/1日(fat imbalance 500 ± 60 kcal/day)であった。
脂質制限食群では脂肪燃焼に変化はなかったが、脂肪減少は炭水化物制限食群よりも有意に大きく89 ± 6g/1日(840 ± 60 kcal/day)であった(p = 0.002)。

画像


画像


本研究論文の主筆者Dr Kevin Hallは物理学者だったが、2003年にNIDDKの代謝リサーチャーに転身し、これまで何十年にも亘って実施されてきた栄養分野での研究データを用いて、各栄養素が人の代謝と体重にどのように影響するかを表す“数学的モデル”を構築してきた。

彼の数学モデルによるシミュレーションでは、炭水化物だけを制限した食事は、体内の脂肪燃焼量を変えるが、脂肪だけを制限した食事は、全体的により多くの体脂肪の減少をもたらすことが示されていた。彼にはその結果を証明するヒトのデータが必要だったそうだ。

今回の実験結果から、自分たちが作成した数学モデルは正しかったことが証明されたとDr Kevin Hallは語っている。
更に、この数学的モデルを用いて長期効果のシミュレーションを行ったところ、両群の体脂肪量を減少させる効果差は殆ど無くなった。
体重減少に関してはcalorie is calorieであり違いは無いとする説と、炭水化物は肥満の原因でありカットすることで脂肪減少の効果は高まるとする主張があるが、今回の我々の研究結果は、各栄養素の体重減少への影響は等しくは無いが、長期的に見ればあまり変わらないことを示していると結論付けている。

Dr Kevin Hallは、脂質制限食に比べ炭水化物制限食はインスリンの分泌を低下させ、脂肪の燃焼を促進させる効果が高かったにもかかわらず、脂質制限食の方が体脂肪を減少させる効果に優れていることが今回の研究でわかった。この点は興味深い。体脂肪の減少には必ずしもインスリン分泌の低下は必要ない可能性があると付け加えている。

参考記事
Science Daily
August 13, 2015
Low-fat diet results in more fat loss than low-carb diet in humans

関連記事
第955回 高炭水化物食をケトン食に代えると代謝量と体組成は向上するのか?













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第921回 長期的な減量効果における低脂肪食の優位性??
68,128名を対象とした69件のランダム化比較試験(RCTs)のデータを解析した結果、“低脂肪食が、同じ強度の他の食事介入と比べて、長期的な減量効果において優れている”ことを裏付ける科学的エビデンスは存在しないことが、米国Brigham and Women's Hospital/Harvard Medical SchoolのDr Deirdre Tobiasらから報告された。 ...続きを見る
Nice Body Make・・・よもや...
2015/11/17 06:47
第924回 炭水化物の摂取量と高低GI値が安静時代謝量と体組成に及ぼす影響
米国Tufts大学から、“炭水化物の摂取量を減らし、且つ、グリセミック指数(GI値)の低い食品を選択しても、体脂肪の減少/LBMの維持/代謝適応において特異的な違いは認められなかった“との研究報告がありました。 ...続きを見る
Nice Body Make・・・よもや...
2015/11/30 16:38
第893回 体脂肪を減少させるには脂質と糖質どちらを制限するのが良いか? Nice Body Make・・・よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる