Nice Body Make・・・よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 第973回 シューズの重さはランニングパフォーマンスにどれだけ影響する?

<<   作成日時 : 2016/09/23 05:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0


先行研究では、“シューズの質量が100g 増える毎に酸素摂取量は約1%高まる”、”代謝率とランニング速度は正比例する“ことが報告されています。今般、コロラド大学ボルダー校Kram et al.はシューズに小さな鉛のビーズでできた100g及び300gの重りを気づかれないように縫い付けて、3000mタイムトライアルのパフォーマンスがそれぞれ1%及び3%落ちるかどうか実験しました。

画像


Medicine & Science in Sports & Exercise
2016 Jun 20
Altered Running Economy Directly Translates to Altered Distance-Running Performance.
By Hoogkamer W1, Kipp S, Spiering BA, Kram R.

目的:
本研究の目的は、ランニングエコノミーの定量的な小さな(1〜3%)変化が、長距離ランニングのパフォーマンスに影響するかどうかを定量化することであった。

代謝率とランニング速度との直線的な関係、並びにシューズの質量を100g増やす毎に代謝率が〜1%増えるという先行観察に基づき、シューズを100g及び300g重くすると、3000mのタイムトライアルのパフォーマンスはそれぞれ1%及び3%落ちるという仮説を立てた。

方法:
5kmを20分以内で走る18名を被験者として、約200gのNike Zoom Streak 5 racing flatsシューズ(対照群)、及び同じシューズに100g及び300gの重りをわからないように取り付けた特性シューズ(介入群)を履いてもらった。
先ずはランニングエコノミーつまり標準速度でのエネルギー消費量を測定し、日を改めてそれぞれトレッドミルで3000mのタイムトライアルをやってもらった。
我々は、酸素消費率と二酸化炭素産生率およびトレッドミル試験の推計代謝速度を測定し、タイムトライアルの全体的なランニングタイムを記録した。

結果:
代謝率は秒速3.5mでシューズ質量100g 増ごとに1.11%有意に増加した(95% CI: 0.88-1.35%).
対照群(通常のシューズ)の3000mタイムトライアルのタイムは626.1 ± 55.6sだった。
重りを付けたシューズでの3000mタイムトライアルのタイムは、平均して0.65 ± 1.36%(+100g重り) 及び2.37 ± 2.09%(+300g重り)遅かった。
すべてのデータを線形に当てはめると、3000メートルの時間は、シューズを100g重くするごとに0.78%増えた(95% CI: 0.52-1.04%)

結論:
シューズの質量を増やすと、ランニングエコノミーは予想どおり低下し、3000mタイムトライアルのパフォーマンスは比例的に落ちた。われわれの研究データは、実験室ベースでのランニングエコノミーの測定で長距離ランニングレースのパフォーマンスを正確に予測できることを示している。

マイコメント
本研究ではシューズの質量で比較していますが、それでは素足(ベアフット)にすればどうなるのでしょうか?
ただ軽くすれば良いと考えるのは早計で、シューズのクッション性と反発性を忘れてはいけないでしょう。
Dr. Kramの先行研究では、ランニングシューズを使うことで代謝コストは3〜4%改善されること、また、彼の別の研究では、シューズ底と同じ厚さのベルトEVA foam 10mmのトレッドミル上をベアフットで走ると、硬い表面のベルトに比べて代謝コストが1.91%低かったこと (p=0.018)、20mmでは統計学的に有意な代謝コストのメリットはなかったことが示されており、彼は『長距離走には軽いシューズが良いとか、裸足で走る方が良いとか色々な意見があるが、クッションのないものは良くない』 とコメントしています。

代謝率はー1.11%そして3000mタイムトライアルのタイムはー0.78%と、数値は微妙な異なりを示していますが、前者は分速210mで走っており、参加者の3000mトライアルタイムは5km/約20分(=分速250m)ですから、ランニングスピードの違いがその理由ではないでしょうか…走る場合の運動強度は速度ですから。

実験では単盲検や二重盲検、つまり、被験者がシューズに重りが付いていることを意識する又は意識しないかは大切な条件です。被験者が自分でシューズを着脱すると重りに気が付いてしまうので、4.3gのアクセロメーター(偽)をデリケートに取り付ける必要があると理由づけて、実験者側がシューズの着脱を行ったそうです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

第973回 シューズの重さはランニングパフォーマンスにどれだけ影響する? Nice Body Make・・・よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる