Nice Body Make・・・よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 第976回 少年期のフィットネスと成人期の健康の相関性

<<   作成日時 : 2016/09/28 16:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0


画像


近年、米国スポーツ医学団体ACSMの “世界のフィットネストレンド” 及び各国の “健康づくりのためのエクササイズ指標” でも示されているように、レジスタンスエクササイズの重要さが取り沙汰されるようになりましたが、レジスタンスエクササイズに関する研究論文は有酸素運動に比べるとまだまだ限られています。その中でも子供たちに関する科学的文献はさらに限られているのが実状です。
 
2016年9月20日付け英国スポーツ医学誌で、“9〜17歳110万人を対象として20mのシャトルランテストを行い、50ヶ国の有酸素系フィットネスレベルの比較調査が行われた”ことが報告されています。主筆者のDr. Justin Langは “Kids who are aerobically fit tend to be healthy; and healthy kids are apt to be healthy adults. So studying aerobic fitness in the early years is very insightful to overall population health”、つまり、“有酸素系フィットネスに優れている子供たちは健康的な傾向があり、健康的な子供たちは健康的な成人になる傾向がある。したがって、青少年期の有酸素系フィットネスを研究することは、全体的な人口レベルでの健康状態を洞察するうえで非常に有意義である”と述べています。

同年9月、オーストラリアTasmania大学、ギリシャGeorgia大学、英国Oxford大学、フィンランドTurku大学の国際共同研究チームが、米国スポーツ医学会誌で9〜15歳の子供たちを20歳まで追跡調査し、筋力系フィットネスと成人期メタボリックシンドロームとの関係について報告しているので紹介します。

論文に書かれている “muscular fitness Phenotype” とは、「muscular」は「筋肉の」という意、Fitness(=フィットネス)は肉体的/健康的に望ましいと考えられる状態、或いは、そういう状態になるために行う運動を指し、Phenotypes(=表現型)は生物が示す外見上の形態、構造、行動、生理的性質などを指します。また、「Masucular fitness」は「ability of muscles to exert a power one time…一度にパワーを発揮する筋肉の能力」と記述している文献もあります。これらを忠実に直訳していくと難解な文章となるので、抄訳/意訳します

成人の約20〜25%がメタボリックシンドロームに罹患しており、心血管疾患や2型糖尿病の発症リスクが高まっています。
この横断的研究では、子供のころの筋力系フィットネス(筋力、耐久力、パワー)と彼らが成人になった時のメタボリックシンドロームとの相関性を調べることが目的となっています。

研究チームは、1985年の時点で9歳/12歳/15歳の筋力系フィットネスをやっている737名を対象として追跡調査を行い、彼らが20歳に到達したときにメタボリックシンドロームの検査を行いました。
子供の頃にやった筋力系フィットネスの項目は、筋力(左右握力、脚、肩の屈伸)、持久力(30秒間の腕立て回数)、パワー(立ち幅跳びの距離)です。また、成人に到達した時点で調べた項目は、ウエスト周/血圧/HDLコレステロール/中性脂肪/血糖値です。

その結果、子供の頃の筋力系フィットネスレベルが高いと、成人になってからのメタボリックシンドロームの発症リスクは、筋肉系フィットネスレベルが低いケースに比べて80%低いことが分かりました。更に、子供の頃のウエスト周を調整すると、成人での効果サイズは15-60%に減少しました。

子供のころの筋力系フィットネス(筋力、耐久力、パワー)が分かれば、成人になった時のメタボリックシンドローム発症リスクを、有酸素系(心肺)フィットネスとは無関係に予測できるという結論を出しています。この影響の大部分は小児期ウエスト周を介していると考えられますが、この研究結果はメタボリックシンドローム発症に対する付加的な防止に役立つでしょう。

本データは、世界保健機関(WHO)の身体活動ガイドラインをサポートしており、子供の頃に筋肉を使った身体活動を高めることは有酸素運動とともに重要であることを強調しています。

全体を取りまとめると、筋力系フィットネスを高める/有酸素系フィットネスを高める/小児肥満を減じると、将来的なメタボリックシンドロームの発症リスクを減らすことが出来るでしょう。

引用文献
Medicine & Science in Sports & Exercise
Childhood Muscular Fitness Phenotypes and Adult Metabolic Syndrome

Science Daily
Childhood muscular fitness and adult metabolic syndrome






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

第976回 少年期のフィットネスと成人期の健康の相関性 Nice Body Make・・・よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる