Nice Body Make・・・よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 第983回 低炭水化物食の定義

<<   作成日時 : 2016/11/04 10:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0


画像


低炭水化物食に関する標準定義はなく、これが主要因でエンドレスな論争や混乱が起きていると言っても過言ではないでしょう。
State University of New York Downstate Medical Centerの教授Dr. Richard D. Feinmanらはこのような状況を打破すべく、米国糖尿病学会の食事ガイドライン2010および国民健康栄養調査のデータに基づき、炭水化物食の定義を次のように徹底することを提案しています:

・超低炭水化物ケトン産生食/Very Low-Carbohydrate Ketogenic Diet:1日2000kcalの食事をベースにして約20〜50g 又は約4%〜10%

・低炭水化物食/Low-carb diet : 130g未満 or 26%未満

・中程度炭水化物食/Moderate-carb diet (MCD):130〜225g 又は 26〜45%

・高炭水化物食(High carbohydrate diet):>225g or 45%

因みに、Dr Feinmanは2008年にDr. Richard Bernsteinらと共に、 “Dietary carbohydrate restriction in type 2 diabetes mellitus and metabolic syndrome: time for a critical appraisal” と題する研究論文を発表しています。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

第983回 低炭水化物食の定義 Nice Body Make・・・よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる