Nice Body Make・・・よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 第148回 アスファルト vs 柔らかい地面

<<   作成日時 : 2011/09/07 17:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0


最近流行りのベア-フットランニングとは、「はだし感覚で走る」ことで、ランニングシューズを履いて走るよりも、足にかかる衝撃が緩和されると云われています・・・写真はベア-フットランニングシューズです。

画像

先ず、ランニングとジョギングは一体どう違うのでしょう?
走る速度の違いによって呼び分けられ、ランニングの方が速く、ジョギングの方が遅くなります。
エアロビクスの提唱者・ケネス・クーパー博士によると、1マイル(約1.6km)を9分以内に走るのがランニング、それ以下のスピードだとジョギングということだそうです。時速に換算すると、約10kmが境目ということになります。

ジョギングやランニングには、単にコースを変えるだけでなく、アスファルト、コンクリート、不整地、砂地、草地、小道、遊歩道といったいろいろな地面の選択肢があります。
私の場合は、
1.自転車2時間+トレイルランニング10`
2.アスファルト+遊歩道で10〜20`
減量期には筋トレの強度を落とさず、これらを食事管理に加えて二者択一でやっています・・・足裏のマメや筋肉痛は生じることはあっても、幸いにも膝関節や足首の障害はありません。

そもそも何処を走るのが良いのでしょうか?
ソフト地面ですか?
それともハード地面ですか?

従来は、アスファルトやコンクリートは膝関節を痛めやすいので、未舗装道が良いと一般的に云われ、特に砂地、草地は着地の衝撃を和らげ、同時に筋肉の発達にも適していると教わりました。
しかし、July18, 2011付けニューヨークタイムズに、“For Runners, Soft Ground Can Be Hard on the Body”と題して、膝関節に問題がある日本人の田中さんが、整形外科医に相談したところ、ソフト地面を走ることを薦められたことに始まり、現在では、それぞれ長短はあるものの、ソフトな地面は滑ったり、つまずいたり、転んだりする危険があり、どちらかと云うとソフトな地面を走る方が、トータルで危険であると書かれていました。しかし、スポーツ科学が急速に進んでいる中で、このことに関する科学的なデータが揃っていないことを知り、意外に思いました。

インドのCollege of Physiotherapyによる“中長距離ランナーのアスファルトと草地での血管内溶血” という研究が、U.S. National Library of Medicineの機関誌に掲載されました(2011年8月29日):
その内容はアスファルトと草地を、アスリート各10名が最大心拍数60−70%で1時間走り、ランニング前と直後の静脈血液を比較したところ、
・草地を走った場合、間接型ビリルビン:P < 0.01、乳酸脱水素酵素(LDH):P < 0.05
・アスファルトの場合、間接型ビリルビン:P < 0.05、乳酸脱水素酵素(LDH):P=0.241
いずれも血管内溶血が起こったが、草地の方がより大きいことが判ったというものです。
失礼ながら、この実験はそんなに手の込んだ難しいものではなく、ニュースとして掲載されたということは、こんな事も今まで判らなかったということなのかと、そのことに少し驚いています。

次に、走る安全性を考えるとき、矢張りシューズを語らずにはおけないでしょう。
ウォーキングシューズは歩きやすさ、安全性、機能性の観点から、「安定性」「屈曲性」「適正重量」が重視されています。
ランニングシューズは、「走りやすさ」を追求したシューズで、トレーニング用とレース用に二大別されます。トレーニングタイプは、硬めで重い靴ですが、それはサポート性を高めるためで、クッション性が高く、足を守る構造になっています。健康維持やダイエット目的でジョギングを始める人向けがこれです。レースタイプは、最大限にスピードが出るよう、ソールも薄く軽くなっており、反発性の強い素材になっています。
どこを走るかに加えて、どんなシューズを履くかの選択は、とても大事なことです。

最後に走り方です。
上の写真は、前足部で着地するフォアフット走法です。
昨年、ハーバード大学のリーバーマン教授の論文が、科学誌「Nature」に掲載されました。
これを機としてフォアフット推奨論が持ちあがり、フォアフットvsかかと着地どちらが良いのかという論争が続いています。詳しくは次回お話します。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

第148回 アスファルト vs 柔らかい地面 Nice Body Make・・・よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる