第203回 肥満と発汗


Q: デブは汗をかきやすい?

画像


A: イエス!
人間は恒温動物であり、日常の身体活動で体内に多量に作られた熱を、絶えず体外に放熱して恒常性を保っています。
ところが、肥満者の場合は、厚い皮下脂肪が体外への放熱を阻害するだけでなく、血中脂肪酸の濃度が高いため、抹消の毛細血管つまり皮膚の血流の悪化をまねき、体外に逃がす熱量(熱放散)は小さくなります。この為、体温を下げる手段としてより多くの「発汗」が必要となり、普通の人より汗をかきやすくなるのです。新陳代謝が良いからではありません。

<関連記事>
第90回の「発汗と脂肪燃焼」
第202回の「運動と発汗」