第240回 座りがち病

座りがちであっても、しっかり運動をすれば、死亡リスクは軽減できるのでしょうか?
TV好きなあなた、パソコンの前に座り続けている人、長距離トラックのドライバーの方は必見です!


画像


便利な現代社会では座りがちなライフスタイルが浸透しており、生活習慣病が蔓延することを危惧して、「厚生労働省は、健康づくりのための身体活動量の目標として、週23エクササイズの活発な身体活動(生活活動+運動)をすること」、「米国スポーツ医学団体ACSMは、肥満防止と慢性疾患リスクの減少の為に、少なくとも週150分の適度な運動を行うこと」をそれぞれ推奨しています。
しかし、座りがちな生活が死亡率に及ぼす悪影響は、この程度の身体活動をやるだけでは全面解決できないことを指摘する声が高まっています。

“座りがちと死因別死亡率”に関する全米癌研究所(NCI)の研究報告が、 “Amount of time spent in sedentary behaviors and cause-specific mortality in US adults” と題して、American Journal of Clinical Nutritionに掲載されています。

背景:
活発な身体活動(MVPA)を行っても、座りがちな生活様式そのものが死亡率にどのような悪影響を及ぼすかは明らかになっていない。

研究目的:
“トータルで座っている時間とTV視聴が長いことが、死亡率に大いに関連する”という仮説を検証し、座りがちな生活行動といわゆる活発な身体活動(MVPA)が死亡率に及ぼす個別的および相乗的な影響について説明する。

デザイン:
“米国立衛生研究所(NIH)&米国退職者協会(AARP)食事・健康スタディ”で、われわれは、がん・心血管疾患・呼吸器疾患を発症していない50歳~71歳の大人240819名を対象として調査した。
死亡率は8.5年に亘って確かめられた。

結果:
座りがちであることは、年齢、性別、教育、喫煙、食生活、人種、MVPAを考慮し調べた結果、死亡率と明確に関連していることが判った。
TV視聴が1日7時間以上の人は、1日1時間以下の人に比べて、総死亡率(HR: 1.61; 95% CI: 1.47, 1.76), 心血管疾患死亡率(HR: 1.85; 95% CI: 1.56, 2.20)、がん死亡率 (HR: 1.22; 95% CI: 1.06, 1.40)のいずれのリスクも大きい。やはりトータルで座る時間が総死亡率に関連していた。
しかも、1週間に活発な身体運動を7時間以上しても、TV視聴が1日7時間以上の人は1日1時間以下の人に比べて、総死亡率(HR: 1.47; 95% CI: 1.20, 1.79)、心血管疾患((HR: 2.00; 95% CI: 1.33, 3.00)で、依然としてリスク増大に関連していることを示した。

結論:
座りがちなスタイルは死亡率に明確に関連しており、活発な身体活動量を多くしても、TVを長く見ることに因る健康リスクを全面的に軽減することが出来ない。従って、成人は座りがちな行動を自ら進んで減らした上で、推奨レベルのMVPAを行うよう推奨されるべきである。

もう一つ“USA Today ”2011年3月11日 付けの記事を紹介します。
米国がん研究協会の年次総会で、米国での年間49000件の乳がんと43000件の大腸がんの症例として、運動不足と座っている時間が長いことに起因するという分析報告が発表された。

カナダ・カルガリーの疫学者クリスティンFriedenreich氏は、これは米国で推奨されている身体活動データに基づいて分析されたものだが、“もっと身体活動を増やせば、こういったがんのリスクは減らせる”としています。米国がん協会のAlpa Patel氏は、このデータは非常にリーズナブルであると後押し評価しています。彼はこれを“座りがち病”と命名しています。

米国がん研究協会の登録栄養士Alice Benderは、毎日30分活発に歩くと乳がんや大腸がんのリスクを減らせると云っているが、Friedenreich氏は、世界の200以上のがん研究を見直し、定期的に運動することで、乳癌、結腸癌と子宮内膜がんのリスクを25%〜30%減少するという説得力ある証拠を発見したこと、更に、肺癌、前立腺癌および卵巣癌のリスクを軽減するエビデンスもあると言っている。
加えて、123000人を対象とする研究では、座る時間を多くすると早期死亡リスクが高まり、定期的に運動しても座る時間が多いと死亡リスクが高いと言っています。

マイコメント
電車で座れなかったら、「ヤッター!ついてるぞ」と思ってください(^_^)

関連記事
第113回のボケたらあかん長生きしなはれ!
第163回の運動強度は長生きの秘訣!
第206回の加齢とパフォーマンス
第218回の初心者のエクササイズ指標
第239回の座りがちな人は短命!