第496回 黒茶は血圧変動を低下させる


Western Australia大学ら研究チームにより、黒茶を飲むと血圧変化が低減することが報告された。

画像


American Journal of Clinical Nutrition
April 3, 2013
Black tea lowers the rate of blood pressure variation: a randomized controlled trial
By University of Western Australia

背景:
血圧変化の測定が心血管疾患などに関連付けされている。黒茶を定期的に飲むと血圧を下げることができるが、血圧変動に与える影響は調査されていない。

目的:
黒茶が外来血圧変動率に及ぼす効果を評価することである。

デザイン:
スクリーニング検査で収縮期血圧が115-150の男女111名を被験者として、無作為化、二重盲検、6ヶ月の並行群間試験を実施した。粉末状の黒茶固形物(茶)またはフラボノイドが含有されていないカフェイン入り飲料(対照群)のいずれかを1日3杯飲ませた。
24時間の外来血圧値と測定対測定の血圧変動率は、実験開始時/1日目/3ケ月/6ケ月に時点で評価した。

結果:
対照群と比較して茶は、実験開始後のいずれの測定時においても、3時点、お茶、アクロスは、低収縮率(P =0.0045)で、夜間(22:00-06:00)の拡張期(P =0.016)の血圧変動は〜10%低かった。1日目で即時に表れ6ケ月にわたって持続したこれらの効果は、血圧および心拍数のレベルに依存していた。血圧の変化率は大幅に昼間(08:00-20:00)の間には有意に変化しなかった。

結論:
これらの知見は、カフェイン以外の黒茶固形物の成分が、夜間血圧変動率に影響を与え得ることを示している。従って、ちょっとした食生活の変化が大きく、血圧変動率に有意に影響する可能性がある。この試験はACTR12607000543482としてオーストラリアニュージーランド臨床試験のレジストリに登録されました

関連記事
第418回の緑茶とコーヒーは脳卒中リスクを減少させる
第414回の茶カテキンは澱粉食品のグルコーススパイクを低減する
第376回の緑茶には体脂肪の燃焼効果なし
第184回の茶カテキンの効果!?
第106回の緑茶の美肌効果!ホント or ウソ?