第865回 運動後のビールは大ジョッキ一杯程度なら大丈夫?!


ジムや炎天下のゴルフで汗を流した後のビールは格別に美味い。これまでの研究では運動後の飲酒は身体に悪いことが示されていますが、スペインGranada大学/Cadiz大学の新研究によると、大ジョッキ1杯程度までなら大丈夫のようだ。

画像


Journal of the International Society of Sports Nutrition
6 June 2015
Effects of a moderate intake of beer on markers of hydration after exercise in the heat: a crossover study

背景:
暑い中で運動すると発汗によって水分と電解質が失われる。最適な水分補給は運動後の回復過程を促すためにとても重要です。私たちの研究目的は、暑い中での運動で水分不足となっている状態で、再補水の一手段として適量のビールを飲むと負の影響をもたらすかどうかを調べることであった。

方法:
16名のアクティブな男性(VO2max, 56 ± 4 mL/kg/min)を対象としてクロスオーバー試験を実施した。室温35 ± 1°C/湿度60 ± 2%に設定した実験室の中で、VO2max 60%でmax1時間のランニングを3週間の間隔を空けて2回やってもらった。被験者を2群に割り付けて、
運動後2時間の間に、一方にはミネラルウォーターを好きなだけ飲んでもらい、もう一方にはレギュラービールmax.660mlの後で水を好きなだけ自由に飲んでもらった。
運動前/運動後/再補水後に、体組成、血液学的/血清パラメータ、体液バランスと尿中排泄を評価した。

結果:
両群共に体重は運動後 ~ 2.4%減少した。
再補水後は体重及びLBMは有意に増加した(体重:72.6 ± 6.7 to 73.6 ± 6.9 LBM:56.9 ± 4.7 to 57.5 ± 4.5, 群間差なし)・・・因みに、体重はベースラインレベルには戻らなかった。
ビール飲酒は測定パラメータに悪影響を及ぼさなかった。

ビール摂取量に悪影響を任意の測定されたパラメータに影響を与えませんでした。体液バランスと尿中排泄値には群間差は認められなかった。

結論:
アクティブな人たちでは、運動による水分消失後にビール適量を飲んでも、水和マーカーに有害な影響はなかった。

マイコメント
ビール660ml(大ジョッキ1杯)の後で水は自由に飲んで構わない条件設定になっていますが、矢張りビールだけだと喉の渇きが取れるまで飲んじゃうと体に悪いのでしょうか?
私の場合は水など飲まずにビールをもう一杯飲んでしまいます。