第881回 運動の種類 vs 体組成の変化


従来の研究では、筋トレに比べ有酸素運動の方が脂肪減少に効果的とされています。
本研究は観察研究ではありますが、筋トレの方が脂肪減少にも効果大であることが報告されています。

画像


Medicine & Science in Sports & Exercise:
Published Ahead-of-Print
Post Acceptance: May 12, 2015
The Prospective Association between Different Types of Exercise and Body Composition

目的:
慢性疾患リスクに対する運動の利点は広く受け入れられているにもかかわらず、体重減少における運動の役割については論争が尽きない。本研究では、運動の違いが特に体脂肪など体組成に及ぼす効果を調べた。

方法:
348名の若者(49%が男性、平均年齢28±4歳)を被験者として12ヵ月に亘る観察研究を行った。体脂肪量とLBMは3ヶ月ごとに二重X線吸収測定法で計測した。体脂肪率を算出し標準/過体重/肥満に層別した。測定の各時点で有酸素運動、レジスタンスエクササイズ、或いはその他エクササイズを週に何分行ったか報告してもらった。

結果:
被験者の93%がトライアルを完遂した。
性別、人種、年齢、体脂肪およびエクササイズのベースライン値を調整後、運動の種類によるBMIの有意な違いは見られなかった。
体脂肪が標準の被験者では、運動の種類を問わずLBMにプラス効果がもたらされた(p<0.04)
過体重および肥満の被験の体脂肪は、レジスタンスエクササイズ量を増やすことで減少したが(p<=0.02)、有酸素運動を増やしても同様の効果は見られなかった(p>=0.09)
更に、トータル身体活動レベルを調整すると、これらの結果に変化は認められなかった。

結論:
BMIへの効果には制限があるが、運動は体組成の有益な変化と正相関していた。運動することによって、体脂肪率が標準の被験者ではLBMが増加し、過体重と肥満者では脂肪量が減少した。脂肪過多の人は特にレジスタンスエクサイズが有益であると思われる。

関連記事
第51回 筋トレと有酸素運動どっちが先?
第109回 筋トレの減量効果!?
第161回 やはり脂肪減少には筋トレより有酸素運動が有効か!
第270回 “体脂肪率の初期値” vs “体組成の変化”
第374回 有酸素運動と筋トレどちらが減量に効果的か?
第504回 カロリー欠損でも筋量アップする??
第556回 有酸素運動 vs 筋トレ
第700回 有酸素運動+筋トレ両方やるべき?
第702回 メタボ vs 有酸素運動/筋トレの効果