第985回 ゴミ情報まみれのヤフー知恵袋


コーヒーブレイク(^.^)

健康/ダイエット&フィットネス

“水清ければ魚棲まず” の喩えもあるように、ある程度の間違いには目くじらを立てることもないでしょう。しかし、知恵袋では玉石混淆の情報を提供する回答者が数の上で圧倒的多数を占め、而も、自分のアドバイスは経験から得た正しい情報だと妄信しているから始末が悪い。『百花繚乱』という言葉がありますが現在の知恵袋はその逆で、玉石混淆の情報が飛び交い『百家争鳴』『以弁飾知』の様態を呈しており、知識のない質問者にとってはどの回答が正しいのか見極めがつかず『船頭多くして船山に登る』という有様です。

その中でも、児童や無知な人たちによるBA選出で己を過信して誤情報を頑なに流し続けるカテゴリーマスター、営利喧伝を目的とした学識のない自称フィットネス専門家やスポーツトレーナー、自尊心のみ旺盛な三流の医療関係者など、こういったタイトル的にはインパクトのある立場の人たちによる鶏助馬骨の不適切な回答には義憤すら感じます。

画像


著名な空手家が牛を一撃で倒した話は語り継がれていますが、スペイン闘牛場で見られるような勢いよくアレーナ(砂場)に出てきた獰猛な牛を相手に素手で戦える筈がありません。マタドールと言われる第一級の闘牛士は、カポテ(ピンクのマント)やムレータ(赤い布)を巧みに操って観客を湧かせた後で、猛牛の背中から剣を一気に突き刺す。猛牛は前足からどっと崩れ落ち、観客から熱いため息が漏れる。このシーンが、闘牛の中で最高の見せ場と言われています。それだけに、二流三流の闘牛士が上手く止めを刺せずにもたもたしていると観客席からブーイングが起きます。マタドールの華麗なる技は、スポーツ競技を超えた芸術であると言われています。


My favorite respondents
知恵袋に善意の回答者として参加するには大別して2つのパターンがあります。
ひとつは質問者に100%向き合ってアドバイスする直接的なアプローチで、本来ならばこれが王道でしょう。

もうひとつは、マタドール手法と呼ばれる高い知識力と技量が要求されるアプローチです。ネット上の見えない相手を目にも鮮やかに仕留めることは、流石にマタドールといえども不可能でしょうが、科学的エビデンスというムレータを使って、悪名高い回答者の間違いを指摘して巧みにコーナーに追い詰めるテクニックは、まさにマタドールの華麗な技を彷彿させます。
このやり方には、回答内容が当の質問者には難しすぎるという声もあるようですが、小中学生や知的レベルの低い人が質問者の場合では確かにそうでしょう。しかし、そんなことはけだし百も承知の上でのことだろうし、人並み知的レベル層の回答者にも読んでもらって全体的なレベルアップにつなげていくことで、最終的には質問者に直接的/媒介的により質の高い回答となって反映されることを願うものであろうと賢察しています。“大行は細謹を顧みず”の通り、時には小義を重んじず大義をとることも必要です。
因みに、当ブログも考え方の骨子は基本的に同じです。

さて、実は読者から “ヤフー知恵袋の健康/ダイエット&フィットネスでの最優良回答者ベスト3は誰だと思いますか?”という複数のメールをいただいています。
私の独断によって優劣をつけることで予期せぬ反響が起こり、ご当人にもしもの迷惑が掛かっては困るので、 “my favorite respondents” ということでお答えします。

My most favorite respondentsは、科学的エビデンスを示して理詰めで手強い悪質回答者をコーナーに追い詰めて退治してくれる所謂QA界のMr. マタドールです。
その人は順不同でs20110201さんとラスカル(endsinger)さんです。
もうお一人は、専ら直接的アプローチをするkuronekotousanさんで、摂食障害に陥いるリスクが大きい未成年者への丁寧で分かり易い回答は群を抜いて素晴らしい。