第1050回 炭水化物はcalorie in/calorie outを超越する??


画像


米国内分泌学会は、質問 ”Is a calorie a calorie?” に “yes” の結論付けをしており、「体重コントロールは単に “eating a bit less, and moving a bit more” にすればよい。現代の食環境は多くの誘惑を醸し出しているけれども、それは最終的には意志力の問題だ」としています。これに反駁して、Dr. David S. Ludwigは「肥満蔓延の原因はカロリー超過ではなく、遊離糖、精製穀物、或いは加工食品など高グリセミック負荷(GL)の炭水化物食品の過剰摂取である」と主唱しています。

アブストラクトではありますが和訳して紹介します。
初心者には難解すぎると思いますが、中級以上の方は頭に入れておいた方が良いでしょう。

ご参考まで、”Is a calorie a calorie?” の問題に対する当ブログの考え方は基本的に “第697回 カロリーはカロリーですか?” のMr. Lyle McDonaldの説明に同意です。


JAMA Internal Medicine/Special Communication
August 2018
The Carbohydrate-Insulin Model of Obesity
Beyond “Calories In, Calories Out”

David S. Ludwig, MD, PhD; Cara B. Ebbeling, PhD

<アブストラクト>
研究は集中的に行われてはいるが、肥満蔓延の原因についての理解は不完全であり、従来のカロリー制限食は長期的な有効性を欠いている。最近の高GL/炭水化物加工食品の消費増加がホルモン変化を引き起こして、脂肪組織におけるカロリー蓄積の促進、空腹感の増幅、エネルギー消費の低減をもたらしていることを、我々のCIM (carbohydrate-insulin model of obesity) “は示している。
基礎研究および遺伝子研究は、CIMを支持するメカニズム論的エビデンスを提供している。動物を用いた研究では、カロリー摂取量とは無関係に食事構成が代謝および体組成に影響を及ぼすことが明らかにされており、我々のCIM予測理論と一致している。行動試験のメタアナリシスでは、特徴として長期間での遵守性の問題が懸念されるが、低脂肪食より低GL食の方が減量効果は大きいことが示されている。
摂食研究では、CIM試験の厳密さと期間が十分ではなかったが、その中でも期間の最も長い試験では、低脂肪食よりも低GL食に代謝上の利点を示す傾向が見られた。
炭水化物の種類と量を超越して、多くの食事/非食事による影響が太りやすくなるようにホルモン/代謝/脂肪細胞バイオロジーをどのように変えるのか?
CIMはこれを理解するための概念的枠組みを説明している。
低GL食の基本理念が実用的なので、決定的な研究の出現まで従来の脂質とカロリー制限に焦点を当てた食事に取って代わるものとして受け入れるよう申し出る。


これに対し、Kevin D. Hall, Stephan J. Guyenet, Rudolph L. Leibelの3名が連名で反論のコメントを投稿しています。
こちら↓
The Carbohydrate-Insulin Model of Obesity Is Difficult to Reconcile with Current Evidence

上記のコメントは1200文字に制限されているので、Guyenetは自らのブログで追記説明しています。
こちら↓
Why the carbohydrate-insulin model of obesity is probably wrong: A supplementary reply to Ebbeling and Ludwig’s JAMA article

これらコメントの和訳は割愛しますが、フルテキストを読んだ上で、且つ、状況がもっと進展した段階で取りまとめたいと思います。


尚、これまでの経緯をレビューしたい方は、こちら↓をご覧になるとよいでしょう。

・第1042回 糖質制限食と低脂肪食の減量効果に有意差なし

・第1015回 糖質制限の第一人者Gary Taubesを斬る!

・第1010回 インスリンと肥満についての新研究(MR)

・第959回 新説 “Insulin-Carbohydrate Model” Part-2

・第958回 新説 “Insulin-Carbohydrate Model” Part1

・第957回 肥満の真犯人はインスリン?

・第956回 ダイエットで鈍化した代謝率は長期化する?

・第955回 高炭水化物食をケトン食に代えると代謝量と体組成は向上するのか?

・第908回 小麦粉や白米はなぜ良くないのですか?

・第893回 体脂肪を減少させるには脂質と糖質どちらを制限するのが良いか?

・第436回 ヒトはなぜ太るのか? そして、どうすればいいか