第1055回 欧州心臓病学会:糖質制限はノー!!


2018年8月28日ウィーンで開催された欧州心臓病学会で、ポーランドLodz医科大学のMaciej Banach教授から、『低炭水化物ダイエット(糖質制限)は早死リスクが大きく安全ではないので避けるべし』という研究報告がありました。
これはハーバード大学医学部の関連病院Brigham and Women's HospitalのDr. Solomonらの研究報告 “第1049回 糖質制限は寿命を縮める” に続いて、糖質セイゲニストにとって更なる向かい風となっています。


画像


Science Daily
Low carbohydrate diets are unsafe and should be avoided, study suggests
August 28, 2018
Source: European Society of Cardiology

1999~2010年にかけて行われた米国国民健康栄養調査(NHANES)に参加した24,825名の参加者のデータに基づいて、低炭水化物食と全死因死亡および冠状動脈性心疾患/脳血管疾患(含む脳卒中)/癌による死亡との関係を調査した。

平均6.4年間のフォローアップで、炭水化物の摂取量が最も高い参加者に比較して、炭水化物の摂取量が最も低い参加者は、全死因死亡リスクは32%高く、更に、冠状動脈性心疾患、脳血管疾患および癌による死亡リスクは、それぞれ51%、50%、および35%高まった。

画像


加えて、トータル447,506名を平均15.6年フォローアップした7つの前向きコホート研究のメタ解析でも、高炭水化物食に比べて低炭水化物食の全死因死亡、冠状動脈性心疾患、および癌による死亡リスクは、それぞれ15%、13%、8%高いことが判明したそうだ。

プロフェッサーBanach曰く:

低炭水化物ダイエットは、体重減少・血圧低下・血糖コントロールの改善に短期間には有用かもしれないが、長期的には全死因死亡および冠状動脈性心疾患/脳血管疾患(含む脳卒中)/癌による死亡リスクとリンクしていることを我々の研究は示唆している。

NHANES試験の参加者は平均年齢47.6歳で女性は51%だった。
食事に含まれる炭水化物の割合は通常ベースとして四分位数に分けた。
平均6.4年の追跡期間中に、全死因死亡と死因別死亡のリスクは、炭水化物の摂取量が減少するたびに増加し、関連する可能性のある要因をすべて調整しても依然として有意であった。

更に、参加者を年齢55歳以上と55歳未満の2群に分け、肥満者(BMI≧30)と非肥満者(BMI<30)の全死因死亡と低炭水化物食の関係も調べた結果、55歳以上の肥満者で最も強い関連があることが判明した。

低炭水化物食と死亡との相関性メカニズムについては、動物性タンパク質、特に赤肉および加工肉が、癌のリスク増と関連している。食物繊維や果物を減らし、動物性タンパク質、コレステロール、飽和脂肪酸の摂取量が増えていることが大きく起因している可能性がある。ミネラル、ビタミン、植物性化学物質の違いも関係しているかもしれない。
以上の通り、私たちの研究は“低炭水化物食は安全でなく推奨されるべきではない”ことを示唆している。

マイコメント
研究論文のフルテキストが入手できていないのでマイコメントは致しません。
ただ、日本で糖質制限ダイエットが注目され始めた2013年初めに、『早死にしても良いから糖尿病を治して欲しいという患者はいないでしょう』と当ブログで指摘したことが思い出されます。


アップデート 2018/9/20
関連記事
Medscape 2018/9/19
Low-Carb Diets Linked to Higher All-Cause Mortality