第1098回 新セラピーで減量とウェスト周りの脂肪減少に成功した!


画像


英国Plymouth大学のDr Linda Solbrig率いる研究チームから、BMIが25以上の太った141名を対象にFunctional Imagery Training(FIT)と呼ばれる新セラピーで、従来の言葉だけによって変化を模索するMotivational Interviewing(MI)セラピーにくらべて、平均5倍の減量に成功したことが報じられました。

FITセラピーはモチベーションを高めて個人が目標を達成するのを手助けするための新しい治療方法です。FITセラピーはMIよりも一歩進んだもので、多感覚的なイメージを利用して個人のモチベーションイメージを引き出す方法を教えることで変化を探求します。毎日の行動とオプションのアプリサポートは、認知的な習慣になるまでイメージの実践を促すために用いられます。

6ヵ月後、FIT群(59名)は体重減少が-4.11kg、腹囲は-7.02cmだったが、MI群(55名)はそれぞれ-0.74kg/-2.72cmだった。
両群の平均差は体重-3.37kg/腹囲-4.3cmでFIT群が明らかに優っていた。

12ヶ月後では、FIT群は体重減少-6.44kg/腹囲-9.1cmとなったが、MI群では体重減少-0.67kg/腹囲-2.46cmだった。両群の平均差は体重-5.77kg/腹囲-6.64cmで群間差はさらに開いた。

「体重を減らすには、“eat less & exercise more”の励行が必要であることに殆どの人が同意します。しかし、多くの場合においてこの助言に耳を傾けるに十分な動機づけが必要なのです」とDr. Linda Solbrigは語っています。

マイコメント
減量の基本はエネルギー収支バランスをマイナスにすることですが、実行し成功を手に入れるには、動機づけと遵守性・継続性が大切だということですね。

出典:
International Journal of Obesity
Functional imagery training versus motivational interviewing for weight loss: a randomised controlled trial of brief individual interventions for overweight and obesity