テーマ:健康

第1176回 COVID-19ワクチンについて知っておくべきこと!

2021/3/6 アップデート 英アストラゼネカ ワクチンはアストラゼネカと英オックスフォード大の共同開発で、英国では今年1月に接種が始まった。臨床試験(治験)では、発症を防ぐ効果は平均70%と報告されている。日本政府と1億2千万回分の供給で契約している。このうち3千万回分は3月までに輸入される予定で、残りの9千万回分は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1175回 COVID-19メディア報道とPCR検査の問題点

“コロナ報道とPCR検査の問題点”について、統合医療クリニック徳院長がMedical Tribuneで声高に語っておられるので紹介します。 メディアが報じない新型コロナの「問題」 2月14日に名古屋で医師らがイベント開催へ 2021年02月01日 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)、ポリメラーゼ連鎖反応(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1174回 運動していれば肥満でも心血管疾患リスクは帳消しできる?

肥満はインスリン抵抗性、糖尿病、脂質異常症、高血圧、脂肪肝と関連しており、心血管疾患のリスク因子です。米国医師会は2013年6月の年次総会で肥満を病気と認定しました。しかし、この決定を巡って「肥満と糖尿病は必ずしも重なっていない…1」、「代謝的に健康な肥満は存在する…2」、「健康な肥満者は存在しない…3」、「肥満者の健康は一時的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1172回 高血圧を下げるには活発なウォーキングよりストレッチが優れている

カナダ・サスカチュワン大学の研究によると、正常高値血圧(130/85 mmHg)又はステージ1高血圧(159/99mmHg)の人には、活発なウォーキングよりストレッチの方が血圧を下げるには効果的のようだ。 Journal of Physical Activity and Health 2021/1/20 Stretch…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1171回 2020年『世界で最も美しい顔100人』

コーヒーブレイク♪ アメリカの映画評論サイト「TC Candler」による、毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人(The 100 Most Beautiful Faces )」 の2020年版が2020年12月28日に発表されました。 日本からは、山本舞香(25位)、サナ/TWICE(29位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1170回 PCR検査の「金字塔」論文に多くの欠陥

遺伝学者ら22氏が撤回を要求 現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断において世界中で使用されているポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の遺伝子の有無を検出する方法だが、SARS-CoV-2の遺伝子配列を初めて報告した論文(Euro Surveill 2020; 25:…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第1169回 新型コロナウイルス感染症(COVID-19):政治化/腐敗/科学の抑圧

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは依然として収束の兆しが見えない。 医学ジャーナルの四天王 “The New England Journal of Medicine” が、前トランプ大統領を危険なほどに無能な政治的リーダーと社説で非難糾弾したことは、“第1160回 N Engl J Medがトランプ大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1168回 ここがおかしい!新型コロナ報道

PCR検査の陽性者=感染者ではない!! 『新型コロナウイルスの国内感染者が29日、新たに809人確認され、累計10万人を超えた』…10月30日の朝日新聞1面のトップ記事です。 これは陽性者数であって感染者数ではありません。 西村大臣、小池都知事、NHK、保健所までもが“陽性者=感染者=患者”と一括りして間違った発言をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1167回 COVID-19ワクチンはこのままだとインフルエンザワクチンと同じ轍を踏む!

第III相試験の被験者集めの完了の便りも飛び交い、今月末には早くも結果さえ判明し始める(1)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防ワクチンは場当たり的に扱うことなく、安全で効果的なもののみ世に出すと米国FDAは約束しました(2,3)。それにワクチンメーカー9社は早まった承認申請はしないという稀にみる珍しい共同声明を発表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1166回 インフルエンザワクチン接種の有効性?

もうすぐ季節性インフルエンザのハイシーズンが到来します。 あなたは予防接種どうしますか? 厚生労働省の考え方は? インフルエンザワクチンは半世紀にも亘って接種を強制され続けてきましたが、今では任意接種となりました。更に、厚生労働省は、「ワクチンにはインフルエンザウイルスの感染を完全に抑える働きはない」ことを認め、「発病…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第1165回 ビタミンDはCOVID-19対策へ有効です(科学的根拠)

免疫系を含むコロナ諸文献を全般的にレビューしつつ、ビタミンDの有益性を再確認しました。 長文ですが目を通してください。きっとお役に立つと思います。 因みに、わたしはビタミンD販売業者の回し者ではありません(笑) 高齢者の重症化と死亡率 世界保健機関(WHO)は、ヨーロッパで新型コロナ感染症で死亡した人のうち95%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1164回 身体活動の強度は高い方が長生きする?

身体活動の強度と死亡率に関する2つの研究を取り上げます。 1つ目は、オーストラリアのSydney大学/Australian Catholic大学/James Cook大学による共同チームの報告で、“Moderateよりvigorous強度の身体活動の方が長生きする”という仮説を支持しています。 (注)Moderateおよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第1162回 COVID-19対策へ一家言

専門家はコロナ感染が終息気味だと言う。 しかし、その理由はわからないと言う。 go Toキャンペーンの推進で、週末はどこもかしこも3密ゆるゆるで混雑している。マスク着用と手洗いで感染の勢いが止まったとでも思っているのか、特に若年層は気にも留めないかのようだ。釣られて巣ごもり疲れの高齢者も外出が増えている。 元専門家会議副座…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第1161回 COVID-19の重症化を予測する5因子を同定

2020年9月24日、国立国際医療研究センターは、COVID-19患者の血中の液性因子を、病態の経過に沿った形で網羅的解析を行い、重症化を予測する5つの液性因子を同定したと発表しました。 その骨子は、 ・COVID-19の重症・重篤化へ至る患者は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した初期から、血液中のCC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1160回 N Engl J Medがトランプ大統領を糾弾

雑談あれこれ 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、米国ではCOVID-19感染者数750万人/死者数21万人を超し、いずれも世界最多となっています。 世界的に権威のある医学ジャーナル “The New England Journal of Medicine”は、208年の歴史を通して政治家候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1159回 糖質制限とプチ断食が心血管や糖尿病に及ぼす影響

心血管疾患は世界的に蔓延しており、世界ベースで全死亡の33%を占めている。 心血管疾患は予防可能な慢性疾患であり、世界保健機関(WHO)は「早期の心血管疾患の約75%が予防可能であり、食事改善がその基礎である」と推定している。しかし、巷間に溢れている健康的な食事パターンの情報は玉石混淆であり、今流行りの“Ketogenic die…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1158回 ケトン産生食の有効性と安全性(3.5年追跡調査)

本研究では、継続的リモートケア介入群(CCI群)にはアプリが割り当てられ、医療従事者が遠隔医療により、栄養性ケトーシスを達成・維持するための個別指導をおこなった。第1128回 ケトン産生食の長期的な有効性と安全性!?の延長で3.5年の追跡調査です。 Journal of the Endocrine Society May…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1157回 COVID-19 パンデミックについて(中間まとめ)

2020/6/13 アップデート COVID-19の感染・重症化・死亡リスクの諸因子について直近の情報を末尾に追記しました。 第1141回~第1156回で新型コロナに関して詳述していますが、初めての方のために中間的に取り纏めておきます。 新型コロナウイルス(COVID-19)は第1波で終息…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1156回 感染症に対するお上の大きな課題

歴史を振り返ると、1968年の香港インフルエンザは感染127,086名/死亡985名との記録があり、SARS(重症急性呼吸器症候群)およびMERS(中東呼吸器症候群)も日本でのオーバーシュートは見られなかった。 多くの犠牲者が出た災いは下表の通りで、1918年からのスペイン風邪が1923年の関東大震災の約105,000人を上回る。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第1154回 COVID-19対策…感染・重症化・死亡リスク

晋三! ボーっと生きてんじゃねーよ! 密閉、密集、密接の条件がそろう場所がクラスター発生のリスクが高いことに異議を挟む余地はない。クラスターの制限や学校閉鎖、ソシアルディスタンス、手洗い、マスク、咳エチケット、換気といった公衆衛生的介入による感染防止効果は研究論文でも示されている。 しかし、専門家会議の新型コロナウ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第1153回 BCGは新型コロナウイルスに有効なのか?

イスラエルTel Aviv大学の研究が、May 13, 2020年5月13日付けで、医学ジャーナル四天王といわれるJAMAに掲載された。 この研究では35〜41歳の成人を対象とし、幼少期にBCGワクチン接種した成人と接種しなかった成人において、新型コロナウイルスIgG抗体の検査を実施しているが、陽性率に差は無く予防効果は認めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1152回 COVID-19終息までに何人が死ぬのか?

米国ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、2020/5/16の時点で新型コロナウイルス感染症による死者が世界全体で31万人を超えた。 1~2日ごとに1万人以上の死者が増える状態が1カ月半以上にわたって続いており、被害拡大は衰えていない。感染者は460万人を上回った。 集団免疫率 一般的に集団免疫が機能するには「Z>1…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

第1151回 チコちゃん教えて!

コーヒーブレイク♪(^.^)  コウモリにも種類がありますが、夜行性のコウモリは、日中は陽の当たらないところで休んでいるが、休むところは洞窟であったり、木の祠であったり、はたまた人家であったりと種類によって違いがあります。コウモリは乾燥が苦手で、湿気が高い場所を好みます。洞窟はねぐらだけでなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1150回 COVID-19 第2波オーバーシュートで楢山まいり?

雑談あれこれ 昨今では高齢者による運転事故の多発が問題となり、新型コロナウイルでは「開店前のドラッグストアに並びマスクを買い占める高齢者」、「隣人が五月蠅いから刺殺したという高齢者」、「電車内でマスクをせずに咳をした若者を怒鳴る高齢者」とネガティブなニュースが目立ちます。 こんな現況…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1149回 ビタミンDはCOVID-19の感染・重症化リスクを軽減する

ハーバード大学医学部の教授、且つ、マサチューセッツ州ボストンにあるブリガム・アンド・ウィメンズ・ホスピタルの予防医学部門のチーフでもあるDr. JoAnn Mansonも当ブログで取り上げた研究論文を引用して、ビタミンD補給が新型コロナウイルスの感染リスクと重症化リスクを軽減する可能性があることを指摘しています。 Meds…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第1148回 新型コロナウイルスは高温多湿に弱いのか?

雑談あれこれ  米国ペンシルベニア州立大学のElizabeth McGraw氏は、『冬季は屋内に集まり(クラスター)感染のリスクが高まる。更に、感染は咳やくしゃみで放出される飛沫(水滴)によって広がるが、空気が冷たくて乾燥しているときは浮遊しやすく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more