テーマ:健康

第1157回 COVID-19 パンデミックについて(中間まとめ)

第1141回~第1156回で新型コロナに関して詳述していますが、初めての方のために中間的に取り纏めておきます。 新型コロナウイルス(COVID-19)は第1波で終息するのか? 史実が物語っているように、パンデミックは混沌としながらも2通りの終わり方をする。 1つは医学的・疫学的な終息で、感染者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1156回 感染症に対するお上の大きな課題

歴史を振り返ると、1968年の香港インフルエンザは感染127,086名/死亡985名との記録があり、SARS(重症急性呼吸器症候群)およびMERS(中東呼吸器症候群)も日本でのオーバーシュートは見られなかった。 多くの犠牲者が出た災いは下表の通りで、1918年からのスペイン風邪が1923年の関東大震災の約105,000人を上回る。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

第1154回 COVID-19対策…感染・重症化・死亡リスク

晋三! ボーっと生きてんじゃねーよ! 密閉、密集、密接の条件がそろう場所がクラスター発生のリスクが高いことに異議を挟む余地はない。クラスターの制限や学校閉鎖、ソシアルディスタンス、手洗い、マスク、咳エチケット、換気といった公衆衛生的介入による感染防止効果は研究論文でも示されている。 しかし、専門家会議の新型コロナウ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第1153回 BCGは新型コロナウイルスに有効なのか?

イスラエルTel Aviv大学の研究が、May 13, 2020年5月13日付けで、医学ジャーナル四天王といわれるJAMAに掲載された。 この研究では35〜41歳の成人を対象とし、幼少期にBCGワクチン接種した成人と接種しなかった成人において、新型コロナウイルスIgG抗体の検査を実施しているが、陽性率に差は無く予防効果は認めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1152回 COVID-19終息までに何人が死ぬのか?

米国ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、2020/5/16の時点で新型コロナウイルス感染症による死者が世界全体で31万人を超えた。 1~2日ごとに1万人以上の死者が増える状態が1カ月半以上にわたって続いており、被害拡大は衰えていない。感染者は460万人を上回った。 集団免疫率 一般的に集団免疫が機能するには「Z>1…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

第1151回 チコちゃん教えて!

コーヒーブレイク♪(^.^)  コウモリにも種類がありますが、夜行性のコウモリは、日中は陽の当たらないところで休んでいるが、休むところは洞窟であったり、木の祠であったり、はたまた人家であったりと種類によって違いがあります。コウモリは乾燥が苦手で、湿気が高い場所を好みます。洞窟はねぐらだけでなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1150回 COVID-19 第2波オーバーシュートで楢山まいり?

雑談あれこれ 昨今では高齢者による運転事故の多発が問題となり、新型コロナウイルでは「開店前のドラッグストアに並びマスクを買い占める高齢者」、「隣人が五月蠅いから刺殺したという高齢者」、「電車内でマスクをせずに咳をした若者を怒鳴る高齢者」とネガティブなニュースが目立ちます。 こんな現況…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1149回 ビタミンDはCOVID-19の感染・重症化リスクを軽減する

ハーバード大学医学部の教授、且つ、マサチューセッツ州ボストンにあるブリガム・アンド・ウィメンズ・ホスピタルの予防医学部門のチーフでもあるDr. JoAnn Mansonも当ブログで取り上げた研究論文を引用して、ビタミンD補給が新型コロナウイルスの感染リスクと重症化リスクを軽減する可能性があることを指摘しています。 Meds…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第1148回 新型コロナウイルスは高温多湿に弱いのか?

雑談あれこれ  米国ペンシルベニア州立大学のElizabeth McGraw氏は、『冬季は屋内に集まり(クラスター)感染のリスクが高まる。更に、感染は咳やくしゃみで放出される飛沫(水滴)によって広がるが、空気が冷たくて乾燥しているときは浮遊しやすく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1146回 3密ゆるゆるの日本で新型コロナ感染は終息するのか?

2020/5/8 アップデート 安倍首相は、感染者の減少が期待通りではなかったとして、緊急事態宣言を全国一律で5月31日まで延長を発表した。外出自粛や施設使用制限などに強弱をつけるという対応で、13の特定警戒都道府県とそれ以外の34県を明確に区分し、経済活動を部分的に容認する姿勢を打ち出した。 専門家が「自粛の緩み」から再び感染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1145回 新型コロナウイルスいつになったら収束するの?

君には難しいかも… パパ・ママにしっかり読んでもらってね! ニュージーランドでは、早期にGDPの4%に相当する8000億円規模の経済対策および世界的にも厳しい都市封鎖を実施して、アーダーン首相がテレビ・メッセージで “stay home, be strong but be kind, We will be OK“ と国民に語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1142回 新型コロナウイルス vs ビタミンD

“第1141回 新型コロナウイルスとインフルエンザについての考察”で紹介したWilliam Grant et al.による新研究について、Google翻訳も質が良くなっているので全文の和訳は割愛することし、ここでは解説とコメントを思いつくがままに順不同で書きます。 この論文では、ビタミンDは、ウイルスの複製率を低減させる抗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1141回 新型コロナウィルスとインフルエンザについての考察

新型コロナウィルス感染者が増えています。 2020/4/23で国内感染例11,993人です。 死者は299人です。 連日マスコミは恐怖を煽るような報道をしています。 他方、厚生労働省の人口動態調査によれば、季節性インフルエンザによる日本国内における死亡者数は、2015年は2,262人、2016年は1,463人、2017年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1138回 2型糖尿病は治りますか?

2型糖尿病って治る病気だよ! 俺、何度も治せたぜ! 世の中の多くの人は自分の考え方は正しいと思っています。 違う意見には敏感で、同じ考え方の人たちといると安らぎを感じます。 これは人の常であり、別に悪いことでもないでしょう。 しかし、自信過剰になるとやがては異なる考え方の人を排斥し始めます。 自分ではフェイクバスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1136回 2型糖尿病DiRECT研究をレビュー

DiRECT研究は2型糖尿病患者ではベータ細胞機能が不可逆的に失われるという従来のパラダイムを覆すものだと主筆者は強調しています。 『Diabetes Remission Clinical Trial (DiRECT)』は、その名称が示す通り“糖尿病の寛解についての臨床試験”であり、英国のニューキャッスル大学のロイ テイラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1129回 糖尿病診療ガイドライン2019(日本糖尿病学会)

日本糖尿病学会が “糖尿病診療ガイドライン2019” をonlineで公開しました。 江部医師・山田医師らが主唱する糖質制限を推奨していません! 注目の食事療法は第3章です。ぜひ全文をお読みいただきたいが、茲ではその中でも我々の最大の関心事である「栄養摂取比率をどう定めるべきか?」と「炭水化物の摂取量は糖尿病の管理にどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1126回 肥満は病気として認識されるべきか?

米国医師会は2013年6月の年次総会で肥満を疾患と認定しました。 この決定を巡って、「代謝的に健康な肥満は存在する」、「健康なデブなどいない」、或いは「肥満者の健康は一時的な状態に過ぎない」といった賛否両論の見解が出ています。 英国でもこの課題について専門家がBMJで論争しています。 Science Daily 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1125回 歳をとるにつれて体重が増えるのは何故か?

多くの人が加齢に伴う体重増加を体験している。 この問題を解消するには、脂質代謝回転(脂質の蓄積および除去する能力)が脂肪組織量をどのように調節するのかを理解することが重要だそうだ。 スウェーデン・カロリンスカ研究所のArner & Spaldingら研究チームは、『加齢に伴い脂質の除去率が低下し、脂質の取込みが相互に調整でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1123回 糖尿病 vs 身体活動/運動

一部の糖毒教過激派は排他的に糖質制限食の絶対優位性を主唱し、町の脚自慢のおじさんは“ジョギングを励行することで脂質プロファイルと血糖が全て正常になった”と言い、“高強度の筋トレで2型糖尿病が治った”という筋トレ愛好家もいます。 糖尿病と運動についての研究は当ブログでも幾つか取り上げましたが、米国糖尿病学会(ADA)は運動療法につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1117回 ADAコンセンサスレポート2019年版…追記

Update 2019/5/30 本邦で糖質制限の第一人者を自負するE医師が、「米国糖尿病学会のコンセンサスレポートの中でエビデンスが最も豊富であるとして、糖質制限食が一番積極的に推奨されています」とはしゃいでおられる。 根も葉もない誤報だとは言いませんが、自分勝手な解釈に基づいた誇大喧伝です。 同医師が言うよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1116回 糖尿病/前糖尿病の食事療法:ADAコンセンサスレポート2019年版…Part-3

糖尿病患者のための最善の減量プランは何でしょうか? 減量のためには、主要栄養素の配分や食事パターンに関係なく、エネルギー収支バランスが欠損となる食事プランを続けることが成功のために重要です(160-163)。糖尿病患者を対象にした主要栄養素の様々な組成による食事プランを調査した研究は多いですが、体重、A1C、血清脂質、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1115回 糖尿病/前糖尿病の食事療法:ADAコンセンサスレポート2019年版…Part-2

糖尿病食事療法はどのように定義され提供されていますか? 国立医学アカデミー(以前は医学研究所)は、「食事療法とは、栄養素または全食物の摂取を変更することによって、疾患や健康状態を治療すること」と大まかに定義しています(7)。糖尿病の食事療法を補完するために、ヘルスケアチームのメンバーは、糖尿病患者が個々のニーズを満たす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more