テーマ:雑談あれこれ

第150回 不倫は文化である

 雑談あれこれ♪(^.^) 時代の流れの中で、不倫はセフレやPMと名を変え、罪悪感も薄れて巷間に溢れています。 これまで深くも考えず、当たり前の言葉として使ってきた「道徳」と「倫理」について、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。 「道徳」とは、「人としての道」であり、「倫理」とは、「社会の中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第147回 心に残る言葉

雑談あれこれ♪(^.^) 相田みつを 泪を堪えて 悲しみに耐えるとき  愚痴を言わずに 苦しみに耐えるとき  言い訳をしないで 黙って批判にたえるとき  怒りを抑えて じっと屈辱に耐えるとき あなたの眼の色が 深くなり 命の根が 深くなる なんでもいいからさ 本気でやってごらん  本気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街の名物先生

雑談あれこれ♪(^.^) 前回の記事で東洋医学に触れましたが、鍼灸についてちょっと追加情報します。 御年63歳で120kgのベンチプレス10レップスx3セットを難無くやってのける御仁がいます。 東急田園都市線「あざみ野駅前」のリベーロⅡの鍼灸治療院の名物先生です。 力持ちの割に、治療の方は繊細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第129回 イスラム原理主義組織と過激テロ集団

雑談あれこれ♪(^.^) “イスラムあれこれ”シリーズの最終記事として、イスラム原理主義組織と過激テロ集団について、簡単に説明しておきます。これであなたも一端の中東通ですね! ハマス アラビア語でイスラム抵抗運動の頭文字をとったもので、パレスチナ人の反イスラエル同盟団のことです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第117回 ネット購入の落とし穴! 海外の家電製品

雑談あれこれ ♪ (^.^) 海外の家電製品は電圧/周波数が異なるので、日本ではそのまま使用できません! その逆も然りです! 私の場合は、ネットでオシャレなヨーロッパ製の照明器具を購入しましたが、日本の標準電圧が低いため、明かりが薄暗くてダメでした。もちろんトランスを使えば使用可ですが、面倒さと見栄えが悪くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第99回 欲について千思万考

雑談あれこれ ♪ (^.^) 子供の頃、「なんで?なんでぇ~?」しつこく聞いて、親を困らせたことがありました。年をとった今、これまで気にも懸けなかった事柄に、ちょっとした疑問を抱くようになりました。聖人であれば、之を「悟り」と敬われるのでしょうが、凡人たる我が身の場合は、「童心に戻る」と言わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第75回 紅茶の歴史

続けて雑談あれこれ♪(^.^) 1602年に、東洋貿易を目的としたオランダの東インド会社が設立され、これを機に中国からのお茶がヨーロッパに広がりました。この頃のお茶は、緑茶、烏龍茶でしたが、その後、お茶ブームが高まって行く中で紅茶が生まれました。 <アヘン戦争> これは弱肉強食の戦争であり、背景にお茶が絡んでいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第74回 お茶の起源

雑談あれこれ♪(^.^) 「コーヒー」と「お茶」、歴史上でどちらが先に飲まれたのでしょうか? 歴史的な確証はありませんが、客観的な状況判断では、お茶の方が遥かに昔のようです。お茶の種類として、緑茶(日本茶)、烏龍茶、紅茶などがありますが、製法上の違いだけで、茶葉は同じものです。つまり、緑茶は不発酵茶、烏龍茶は半発酵茶、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第73回 コーヒーの歴史

雑談あれこれ♪(^.^) コーヒーの起源については、6世紀から8世紀の頃に、イスラム教の聖職者シーク・オマールがイエメン山中で発見したという「イエメン説」、エチオピアの羊飼いカルディからイスラム教の僧侶が聞いたという「エチオピア説」の二つの説があります。 そして9世紀頃から15世紀頃、コーヒーは修行中の眠気を覚ます薬とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第20回 二十二世紀の予言

 コーヒーブレイク♪(^.^) 2017/11/14 アップデート 明治34年1月の報知新聞に「二十世紀の予言」と題した記事が掲載されています。 内容は下記の通りで、ものの見事に100年先の核心を突いた予想をしているので、ビックリさせられます。 私のような凡人は、100年先の世界はどうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第12回 中東情勢を語る!

雑談あれこれ♪(^.^)   「アラブの盟主」と呼ばれるエジプトは、いわゆる産油国ではありませんが、地中海と紅海を結ぶ要所スエズ運河や大規模な石油パイプラインを有しています。 現在、こんなエジプトが新聞紙上を賑わしています。 殆どの報道は、「高失業率や低賃金、大統領周辺への富の集中などへの強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more