テーマ:中高生

第1020回 ヤフー知恵袋の糖質制限バカ

雑談あれこれ (^.^)♪ 肥満はインスリン抵抗性をもたらし糖尿病の発症リスクを高める。 その原因は炭水化物が大量に消費されるようになった時代背景にある。 この悪の連鎖を断ち切らなければならない。 未だに糖質制限を否定する人たちがいるが時代遅れである。 米国では糖質制限は食生活において…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1008回 女子中学生のダイエットにカルシウム/乳製品は有効ですか??

太り過ぎで悩む女性が増えています。 成人のケースでは、健康体重をゲットするためにはカルシウムや乳製品をたくさん摂ることが薦められていますが、思春期の女性ではどうなんだろうか? 結論から言いますと、カルシウム/乳製品の摂取を2倍(1日当たり600mgから1200mgへ)に増やしても、体重増を減じる効果は無かったことが米国Unive…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第897回 中学生に運動を無理強いすると期待に反した結果となる

ミドルスクールの生徒たちの身体活動と自己決定理論との関連性について調べた結果、生徒たちは運動をするという選択が自発的なものでないと感じた時、或いは大人からもっと運動しなさいとプレッシャーを受けると、逆にやろうとしなくなる。しかし、運動が自己決定によるものだと感じている生徒は、自分自身を運動する人間だと認識し、その結果もっと運動するに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第615回 エクササイズ vs 食後脂質異常症

卵に関するトピックで触れた通り、“コレステロール値”に対する食事の影響はあまり大きくありません。しかし、中性脂肪値は食後2~3時間は空腹時の1.5倍くらいまで上昇し、8時間くらいかけて元の値に戻るのが一般的ですが、中には数倍近くまでスパイクする人がいます。これが“食後脂質異常症”であり、動脈硬化が進みやすく、心筋梗塞などの心臓病や脳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第563回 Thigh Gap(太ももの隙間)

10代の少女や若い女性の間で、両足をそろえて立っても、太腿が付かないほどスレンダーな足が憧れの的となっています。 美脚への執着は今に始まったことではないですが、ソーシャルメディアの影響が非常に大きく、Facebook、ブログサービスTumblr、画像共有サイトPinterestには、「成功」を見せびらかしたい少女や、逆に自分では「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第556回 有酸素運動 vs 筋トレ

“12~18歳の肥満女子では、食事制限をしなくても有酸素運動だけで、肝細胞内脂肪や内臓脂肪の減少、インスリン感受性の改善、その他の糖尿病リスクが低減できる”ことが、ピッツバーグ薬科大学付属小児病院のSoJung Lee博士らの研究で明らかにされました。 背景(小生解説) 米国疾病管理予防センターによれば、米国では過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第459回 成長期の身長の伸びと筋トレ

成長期に身長(骨)を伸ばすには、カルシウム/ビタミンD/タンパク質などの栄養をとるだけではなく、運動で刺激を与えることも必要です。 水球選手の骨密度は浮力が影響し、ハンドボール選手より低いという調査報告があります。 それでは、筋力トレーニングを沢山やればやるだけ効果が上がるのだろうか? 成長期の骨密度アップに高ボリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第372回 思春期のダイエット vs 身長

2014年7月31日アップデート 国民の健康の保持・増進、生活習慣病の予防ために参照する エネルギー及び栄養素の摂取量の基準を示す “ 日本人の食事摂取基準(2015年版)案“ が厚生労働省から発表されました。そこに参照体位(参照身長/参照体重)、推定エネルギー必要量 (kcal/日)およびBMIなどについての新しい参照値が記載さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第290回 10代の強い瘠せ願望は過体重につながる!

モデルのように痩せたい! お気に入りの洋服を着こなしたい! 好きな男性が細身の女性が好きだから痩せたい! 雑誌、TV、インターネットの影響で、“理想的スタイルは細くなること”と言う風潮がますます高まっています。 写真は、いま人気上昇中の台湾のウェザーガールズです。 ノルウェー科学技術大学(NTNU)による11年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第287回 肥満解消エクササイズ

肥満児には有酸素運動とHIITどちらが効果的か? PLoS ONE August 6, 2012 “Similar Health Benefits of Endurance and High-Intensity Interval Training in Obese Children” 目的: 8〜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第86回 肥満で悩んでいる中高校生の皆さんへ!

<思春期の肥満と筋トレ効果> 世界最大の医学団体である米国のACSMの専門誌「American College of Sports Medicine」に2010年11月付けで掲載されました。その内容骨子は次の通りです。 思春期の若者に関する「筋トレの代謝効果データ」が限られていることから、普段から余り体を動かさない若者を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more