Nice Body Make・・・よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 第70回 白米食は女性の敵!?

<<   作成日時 : 2011/04/08 07:14   >>

トラックバック 1 / コメント 0


画像


<日本経済新聞2010年11月12日の記事>
白米のご飯を1日3杯食べる女性は、糖尿病になるリスクが1杯程度の人の1.48倍に高まるとする疫学調査の結果を、国立がん研究センターなどが12日発表した。
1990〜93年に全国9市町村に住んでいた45〜74歳の男女約6万人について、食事や運動などの生活習慣についてアンケートに答えてもらい、5年間追跡調査。成果は米医学誌に掲載した。
5年間で糖尿病になったのは男性652人、女性478人。白米のご飯を1日4杯食べる人は、同1.65倍糖尿病になりやすかった。ただ、男性にはこうした傾向はみられなかった。
また1日1時間以上運動をする女性では、白米の量と発症リスクの間に関連はなかった。
白米のご飯を食べると食後に血糖値が上昇しやすく、玄米と比べて食物繊維やミネラルも少ないため、糖尿病になりやすいとみられる。同様の結果は海外ではこれまでもあったが、国内では初めてという。

<上記の記事ソース>
American Journal of Clinical Nutrition(米国臨床栄養学会誌)
Akiko Nanri et al.
Rice intake and type2 Diabetes in Japanese Men and Women: the Japan Public Health Center-based Prospective Study
Oct27 2010
日本人45〜75歳の女性25,666名及び男性33,622名の有志を対象とした、5年以上に亘る厚生労働省ガン研究班による多目的コホート研究によると、男性には知見されなかったが、女性の場合は、ご飯と2型糖尿病リスクに重要な関連性があることが判明した。男性の場合には関連性は不明確だが、激しい生活活動に従事していない人の発症率は高まる傾向にあった。

<補足説明>
時系列で説明すると、米ハーバード大学公衆衛生大学院が2010年6月14に、「白米の摂取は2型糖尿病の発症リスクを高める」と警告する下記の研究結果を発表しました。彼らの研究によればリスクは男女ともにあります。それを追いかけるように、厚生労働省ガン研究班が発表した研究内容は、リスクは特に女性だけに見られるというものですが、「研究対象の女性の生活習慣が、原因かも知れないので断定できない」とのコメントは何かしら歯切れが悪い。

米国人を対象とした白米と玄米の2型糖尿病のリスク比較
米国男性39765名、女性157463名を22年間追跡調査した結果、白米の摂取が月1回以下の人と比較して、週に5回以上摂取していた人は2型糖尿病発症リスクが17%も高かった。週に2回以上、玄米を摂取していた人は、白米の摂取が月1回以下の人よりも発症リスクが11%低かった。
日常的に食べている白米の3分の1、つまり1日50gを玄米に置き換えるだけで糖尿病リスクを16%も下げることができる。また、白米を全粒粉に置き換えれば、糖尿病リスクは36%も下がる。
参考資料:
JAMA Internal Medicine
Qi Sun et al.
White Rice, Brown Rice, and Risk of Type 2 Diabetes in US Men and Women
June14, 2010

関連記事
American Journal of Clinical Nutrition
Lawrence de Koning et al.
2011年2月20日
Low-carbohydrate diet scores and risk of type 2 diabetes in men
Conclusions::A score representing a low-carbohydrate diet high in animal protein and fat was positively associated with the risk of T2D in men. Low-carbohydrate diets should obtain protein and fat from foods other than red and processed meat.
和訳:
動物性タンパク質と脂質の多い低炭水化物食は、男性では2型糖尿病リスクと正相関する。
低炭水化物食ではタンパク質と脂質は赤肉/加工肉以外の食品から採るべきである。

アップデート 2012/04/01
BMJ
Emily A Hu et al.
“White rice consumption and risk of type 2 diabetes: meta-analysis and systematic review”
Mar12 2012
本研究の目的:白米摂取と2型糖尿リスクの関係に関するエビデンスを総括し、メタ分析で潜在的容量反応関係を定量化する。
結果:白米を多く摂取すると、特にアジア(中国、日本)において、2型糖尿病リスクが有意に上昇する。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第928回 炭水化物の質/量と2型糖尿病リスクとの関連性
妊娠糖尿病の既往歴がある女性の2型糖尿病リスクについては、 “第925回 糖質制限 vs 2型糖尿病リスク” で説明した通りです。今回は、研究スタート時点で心血管疾患、癌、および糖尿病を発症していない70,025名の女性を対象とした研究で、Dr Walter C Willett(ハーバード公衆衛生大学院)/Dr Frank B Hu(ハーバード医学部)が率いる研究チームによる報告では、「澱粉が多い」、「食物繊維が少ない」、或いは「穀類繊維に対する澱粉の割合が高い」食事は、女性の2型糖尿... ...続きを見る
Nice Body Make・・・よもや...
2015/12/13 19:57
第70回 白米食は女性の敵!? Nice Body Make・・・よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる