アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「健康」のブログ記事

みんなの「健康」ブログ

タイトル 日 時
悪魔の証明
悪魔の証明 悪魔の証明とは? 第99回 欲について千思万考で述べたように、言葉の定義が研究分野によって異なることは珍しいことではなく、「悪魔の証明」という言葉も様々な解釈が展開されているのが実状です。 この言葉は、元来は古代ローマ法における所有権の証明の困難さを言い表す比喩ですが(原義)、現在では「積極的事実(あること)の証明」或いは「消極的事実(ないこと)の証明」いずれであれ、全数調査が膨大であるために証明が困難または不可能である場合の比喩として用いられています(広義)。つまり、「真」であ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/13 05:56
アナボリックステロイドの有害作用
アナボリックステロイドの有害作用 レクリエーショナリーリフターを対象とした研究で、anabolic-androgenic steroid(AAS:男性ホルモン作用蛋白同化ステロイド)を長期に亘って使用すると、心室機能が低下すること、而も、それはステロイド使用を止めた後も続く可能性があることが、アメリカ心臓協会Circulation で発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/03 18:46
ダイエットの意味…音訳 or 外来語?
ダイエットの意味…音訳 or 外来語? 雑談あれこれ♪(^.^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/01 07:21
女子中学生のダイエットにカルシウム/乳製品は有効ですか??
女子中学生のダイエットにカルシウム/乳製品は有効ですか?? 太り過ぎで悩む女性が増えています。 成人のケースでは、健康体重をゲットするためにはカルシウムや乳製品をたくさん摂ることが薦められていますが、思春期の女性ではどうなんだろうか? 結論から言いますと、カルシウム/乳製品の摂取を2倍(1日当たり600mgから1200mgへ)に増やしても、体重増を減じる効果は無かったことが米国University of Nebraska Medical CenterのJoan et al.から報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/27 21:04
リバウンド vs. 白血球インテグリン/細胞外マトリックス
リバウンド vs. 白血球インテグリン/細胞外マトリックス 肥満 → 白血球/単球(インテグリン)→ マクロファージ → 慢性炎症 → インスリン抵抗性という図式はご存知のこととは思いますが、いわゆるリバウンドにもこの白血球インテグリン及び細胞外マトリックスが大いに関わっていることが、オランダMaastricht University Medical CenterのNadia et al.から報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/27 21:01
妊娠糖尿病はライフスタイルを変えることで予防できるのか??
妊娠糖尿病はライフスタイルを変えることで予防できるのか?? 本研究では、GDM(妊娠糖尿病)リスクを減らすための方法として、ポテト・パスタ・ライス・スナック・キャンディなど糖質を制限した健康的な食事(HE)、中程度〜活発な強度での身体活動の励行(PA)、及びHE+PA組合の組合せの有効性が比較検討されました。しかし、HE或いはPA単独では有益な効果は認められませんでした。 HE + PAの組合せ介入で、GWG(妊娠体重増加)を制限することができましたが、空腹時血糖値は低下しなかったそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/26 06:46
コエンザイムQ10サプリが糖代謝と中性脂肪/コレステロールに及ぼす影響
コエンザイムQ10サプリが糖代謝と中性脂肪/コレステロールに及ぼす影響 Clinical Endocrinology First published: 10 January 2017 The Effects of Coenzyme Q10 Supplementation on Glucose Metabolism and Lipid Profiles in Women with Polycystic Ovary Syndrome ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/25 17:35
肥った高齢者の体力向上にベストの方法は?
肥った高齢者の体力向上にベストの方法は? 食事制限中の肥満高齢者にとってベストの運動プラグラムは、“有酸素運動のみ” or “筋トレのみ” or ”有酸素運動+筋トレの組合せ“ or “何もしない” のいずれだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/23 22:26
委縮した筋量/筋力は有酸素運動で回復できる?
委縮した筋量/筋力は有酸素運動で回復できる? “第875回の廃用性筋委縮は有酸素トレーニングで回復可能か?” で説明しましたが、茲ではフルテキストの詳細を付記します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/21 21:25
ダイエット中の筋肉の減少は有酸素運動で抑止できる?
ダイエット中の筋肉の減少は有酸素運動で抑止できる? カロリー制限vs運動による減量効果については、当ブログでも幾つか取り上げていますが(関連記事:1,2,3,4,5,6,7)、今般、米国Saint Louis大学Weiss et al.から、「カロリー制限(CR)+有酸素運動(EX)」又は「有酸素運動のみ」で、体脂肪は減少したがLBMは減少しなかった旨の報告がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/15 08:57
糖質制限/ケトン産生食が体組成(水分/体重/体脂肪)に及ぼす影響
糖質制限/ケトン産生食が体組成(水分/体重/体脂肪)に及ぼす影響 水分の減少 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/01 18:05
第1000回 糖質制限+筋トレで筋量を維持して体脂肪を減少させる?
第1000回 糖質制限+筋トレで筋量を維持して体脂肪を減少させる? 米国Wilson et al.から、『糖質制限食(ケトン生成)と筋トレを組み合わせることで、 筋量・筋力・パワーを維持して体脂肪を減らすことが可能である』という研究報告がありました。しかし、この論文には条件設定や結果に不適切/不明確な点が散見されるので、論文内容を紹介しながら小生の疑問点などを緑色文字で併記していきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/28 06:41
第999回 全粒穀物への置き換え効果
第999回 全粒穀物への置き換え効果 American Journal of Clinical Nutrition First published February 8, 2017 Substituting whole grains for refined grains in a 6-wk randomized trial favorably affects energy-balance metrics in healthy men and postmenopausal women 背景: 全粒穀物がエネル... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 22:18
第998回 ブドウ糖/果糖による筋グリコーゲンと筋細胞内脂肪の補充
第998回 ブドウ糖/果糖による筋グリコーゲンと筋細胞内脂肪の補充 American Journal of Clinical Nutrition First published January 18, 2017, doi: 10.3945/ Postexercise repletion of muscle energy stores with fructose or glucose in mixed meals By University of Lausanne /University of Bern in Switzerland ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 19:30
第997回 飽和脂肪酸/動物性脂肪の摂取量と2型糖尿病リスクの関連性
第997回 飽和脂肪酸/動物性脂肪の摂取量と2型糖尿病リスクの関連性 バターやチーズなど飽和脂肪酸/動物性脂肪を多く摂取すると2型糖尿病発症リスクが2倍高くなることがHarvard T.H. Chan School of Public Health/University Hospital of Sant Joan de Reusら共同研究チームから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 19:03
第996回 心血管代謝疾患死と食事パターンとの関連性
第996回 心血管代謝疾患死と食事パターンとの関連性 米国Tufts大学Renata Micha et al.から、「特定の食品や栄養素の不最適な(suboptimal)摂取量が、心臓病/脳卒中/2型糖尿病による死亡にかなりの割合で関連する」ことが報告された。糖質制限で肉はたくさん食べても良いと薦められているが、やはり非加工/加工のレッドミート摂取には注意した方が良いようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/11 05:42
第995回 炭水化物は脂肪に変わる?
第995回 炭水化物は脂肪に変わる? 相変わらず針小棒大な誤情報が飛び交っています。 『人体はたんぱく質を脂肪に変換する能力がありません。ですから、たんぱく質をたくさん食べても脂肪に変わることはありません。しかし、炭水化物は脂肪に変わるので肥満の原因になります。』・・・あなたはこのように教わってはいませんか? これも真っ赤な嘘です! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/19 13:22
第994回 低炭水化物/糖質制限食の真相(米国糖尿病学会)
第994回 低炭水化物/糖質制限食の真相(米国糖尿病学会) 『“2013年の米国糖尿病学会(ADA)の食事療法に関する勧告”を引用しつつ、糖質制限食の優位性を強調/広言する某糖尿病専門医』、『学究的な論文は一切発表せず、エビデンスのヒエラルキーとして認められない私的なブログや恣意性で固められた所謂ダイエット本の類を以って、糖質制限食を絶対的/排他的に喧伝し続ける某医師』、『糖質制限原理主義に心酔し、“ダイエットにカロリーは関係なく、炭水化物を食べないことが重要である”と誤情報を拡散し続けるヤフー知恵袋の糖質制限狂信者たち』…こういった人たちによる情報... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/13 11:37
第993回 血糖変動が肥満の原因??
第993回 血糖変動が肥満の原因?? 炭水化物(糖質)中心の食事をすると血糖値が上昇し(spike)、これを下げようとしてインスリンが分泌される…糖質量が多いほど血糖値の上がり方は激しくインスリンの分泌量も増え、延いては血糖値が急激に下降する(crash)……その結果、空腹感が生じ過食→過体重/肥満に至る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/03 05:22
第992回 糖質制限ダイエットの安全性と効果をレビュー
第992回 糖質制限ダイエットの安全性と効果をレビュー 糖質制限か脂質制限かのダイエットを考えている人に、ぜひとも知っておいてほしい研究結果が、このほど、米・メイヨークリニックの研究グループから発表された。短期間の糖質制限食によるダイエットは安全だが、脂質を制限したダイエットと比較して減量効果はそれほど高くないことが分かったという。研究の詳細は、12月1日発行の医学誌「The Journal of the American Osteopathic Association」(2016; 116:788-793)に掲載されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/25 18:19
第991回 減量による骨格筋と臓器の減少(T2D)
第991回 減量による骨格筋と臓器の減少(T2D) American Journal of Clinical Nutrition First published November 23, 2016 Changes in skeletal muscle and organ size after a weight-loss intervention in overweight and obese type 2 diabetic patients ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/23 19:10
第990回 運動頻度が体重減少に及ぼす影響
第990回 運動頻度が体重減少に及ぼす影響 英国Nottingham大学およびイランTehran University of Medical Sciencesらによる研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/23 19:01
第989回 カロリー制限は健康と長寿のカギ!
第989回 カロリー制限は健康と長寿のカギ! <結論> 米国ウィスコンシン大学/国立霊長類研究センター(WNPRC)と米国NIH/国立老化研究所(NIA)はそれぞれ同時期にアカゲザルを使って、‘カロリー制限と延命効果-健康効果に関する研究’を行いましたが、その結果は相反するもので物議を醸しました。 今般、二つの研究チームが互いのデータを持ち寄り共同して再解析した結果、『カロリー制限は効果あり』という結論で一致しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/19 12:39
第988回 朝食で炭水化物を抜いても血糖コントロールは改善しない
第988回 朝食で炭水化物を抜いても血糖コントロールは改善しない 朝食をスキップした研究は多々ありますが、オーストラリアSouth Australia大学/Adelaide大学の研究チームは、朝食そのものはスキップせずに炭水化物のみをスキップし、『2型糖尿病患者が一晩絶食後の朝食で炭水化物を抜いても、朝食後の血糖値は下がるものの、1日を通しての血糖値には有意な改善は見られなかった』と報告しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/19 12:16
第987回 糖質制限ダイエットへの正しい理解
第987回 糖質制限ダイエットへの正しい理解 前回の記事は、ケトン体に関する生理学的な誤解を正すために書いたもので、一部の糖質制限原理主義者が主唱する“糖質制限ダイエットの絶対的優位性”を支持するものではないことを先ずは申し上げておきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/27 16:26
第986回 糖質制限ダイエットで頭がクラクラするのは何故ですか?
第986回 糖質制限ダイエットで頭がクラクラするのは何故ですか? 脳および白血球/骨髄/赤血球を除いて、人体のすべての組織は炭水化物が利用できないときには遊離脂肪酸またはケトン体をエネルギー源として使用できます。 通常食の条件下では、脳と中枢神経系の標準燃料はグルコースで1日当たり凡そ104gが消費されます。しかし、脳はグルコースしか利用できないと考えるのは誤解であり、数日間のケトーシスがいったん確立されると、どんどんケトン体を利用できるようになることは30年以上も前から明らかになっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/21 09:51
第985回 ゴミ情報まみれのヤフー知恵袋
第985回 ゴミ情報まみれのヤフー知恵袋 コーヒーブレイク♪(^.^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/09 19:28
第984回 米国糖尿病学会は低炭水化物食(糖質制限)を“正式に”容認した???
第984回 米国糖尿病学会は低炭水化物食(糖質制限)を“正式に”容認した??? 糖尿病食の略史については “第767回 栄養療法” で触れましたが、ここでは米国糖尿病学会に軸足を置いて時系列的に取りまとめます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/04 16:59
第983回 低炭水化物食の定義
第983回 低炭水化物食の定義 低炭水化物食に関する標準定義はなく、これが主要因でエンドレスな論争や混乱が起きていると言っても過言ではないでしょう。 State University of New York Downstate Medical Centerの教授Dr. Richard D. Feinmanらはこのような状況を打破すべく、米国糖尿病学会の食事ガイドライン2010および国民健康栄養調査のデータに基づき、炭水化物食の定義を次のように徹底することを提案しています: ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/04 10:11
第982回 糖質制限食をめぐる議論への違和感
第982回 糖質制限食をめぐる議論への違和感 米国糖尿病学会は2013年10月の栄養療法に関する声明において、低炭水化物食を糖尿病治療食の選択肢の一つとして認めていますが推奨はしておらず、「全ての糖尿病患者への三大栄養素(炭水化物/タンパク質/脂質)の特定の理想的なカロリー比率はないことはエビデンスが示唆している。それ故、栄養比率は代謝状態(例えば、脂質特性や腎機能)並びに嗜好(例えば、伝統、文化、宗教、健康への信念や目標、経済)を個別的に評価して決定されるべきである」、「糖尿病患者への理想的な炭水化物の摂取量に関するエビデンスは不十分... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/02 12:34
第981回 夕食より昼食をメインにするとダイエット効果は大きい?
第981回 夕食より昼食をメインにするとダイエット効果は大きい? American Journal of Clinical Nutrition Am J Clin Nutr October 2016 Beneficial effect of high energy intake at lunch rather than dinner on weight loss in healthy obese women in a weight-loss program: a randomized clinical trial1 by英国Nottingh... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/26 11:01
第980回 高炭水化物食はインスリン分泌に悪影響を及ぼす
第980回 高炭水化物食はインスリン分泌に悪影響を及ぼす 「炭水化物54.7%+脂質31.5%(飽和脂肪酸12%/一価不飽和脂肪酸13.1%/多価不飽和脂肪酸6.4%)+たんぱく質13.8%」の食事から、7%の飽和脂肪酸を炭水化物に置き換えて高炭水化物食にすると、インスリン分泌に悪影響を及ぼすというマレーシアMalaya大学Lin F. Changらによる研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/14 05:49
第979回 新認知行動セラピーによるダイエット効果大なり
第979回 新認知行動セラピーによるダイエット効果大なり 米国フィラデルフィアDrexel大学のDr. Evan M. Formanらは、『Acceptance-Based Behavioral Treatment (ABT)と呼ばれる新しい減量方法は、単に摂取カロリーを減らし消費カロリーを高める典型的/伝統的な標準行動療法(standard behavioral treatment=SBT) に比べて、減量効果が大きく且つ維持効果も長く続く。ABT療法は減量そのものを見据えるのではなく、個人のもっと大きな価値にフォーカスすることで、食事管... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/12 09:12
第978回 基礎代謝が低い人は太るってホントですか?
第978回 基礎代謝が低い人は太るってホントですか? 掲題に関して米国Mayo Clinicはきっぱりと否定しています。因みに、メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)はクリニックという名前がついていますが、米国屈指の大手総合病院で、アメリカ合衆国の歴代大統領やヨルダン国王をはじめ各界のVIPがここで診療を受けています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/07 17:00
第977回 フットウェア vs トレイルランニング
第977回 フットウェア vs トレイルランニング ずっと従来型シューズで訓練を積んできたトレイルランナーズを被験者として、3つのタイプのフットウェアと神経筋疲労がランニングエコノミー及びバイオメカニクスに及ぼす影響についての研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/03 06:17
第976回 少年期のフィットネスと成人期の健康の相関性
第976回 少年期のフィットネスと成人期の健康の相関性 近年、米国スポーツ医学団体ACSMの “世界のフィットネストレンド” 及び各国の “健康づくりのためのエクササイズ指標” でも示されているように、レジスタンスエクササイズの重要さが取り沙汰されるようになりましたが、レジスタンスエクササイズに関する研究論文は有酸素運動に比べるとまだまだ限られています。その中でも子供たちに関する科学的文献はさらに限られているのが実状です。   2016年9月20日付け英国スポーツ医学誌で、“9〜17歳110万人を対象として20mのシャトルランテストを... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/28 16:07
第975回 筋肥大に最効のプロテイン摂取は?
第975回 筋肥大に最効のプロテイン摂取は? この分野で著名な諸兄もご存じのAlan Aragonは、「筋肥大の最大化に最も重要なことは、“筋トレ+十分なプロテイン”であり、“摂取タイミング”ではない」という考え方ですが、英国スターリング大学のKevin Tipton教授が率いる研究チームは2016年3月23日付けNutrients誌で、「筋量増大や維持には、単にプロテインの1日当たりの総摂取量をアドバイスするだけでは不十分で、プロテインの種類、摂取量、タイミング、方法、他栄養素の併用摂取などの相互作用を理解することが大事である... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/26 09:04
第974回 睡眠と身体活動の関係
第974回 睡眠と身体活動の関係 結論から言いますと、日々の睡眠時間と身体活動パターンの相互関連はないそうです。 米国フィラデルフィアChildren's Hospital、ペンシルヴァニア大学、カリフォルニア大学、Northwestern University Feinberg School of Medicine、Brigham and Women's Hospital、ハーバード大学医学部、Harvard T.H. Chan School of Public Healthらによる研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/25 07:27
第973回 シューズの重さはランニングパフォーマンスにどれだけ影響する?
第973回 シューズの重さはランニングパフォーマンスにどれだけ影響する? 先行研究では、“シューズの質量が100g 増える毎に酸素摂取量は約1%高まる”、”代謝率とランニング速度は正比例する“ことが報告されています。今般、コロラド大学ボルダー校Kram et al.はシューズに小さな鉛のビーズでできた100g及び300gの重りを気づかれないように縫い付けて、3000mタイムトライアルのパフォーマンスがそれぞれ1%及び3%落ちるかどうか実験しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/23 05:31
第972回 カロリー制限しながら運動してもベージュ細胞は活性化しない
第972回 カロリー制限しながら運動してもベージュ細胞は活性化しない “運動や食事制限でエネルギー収支バランスがマイナスに転じると、白色脂肪組織内に褐色様Brite細胞が形成され、延いては体脂肪の減少をもたらす”という仮説が先行研究で示されていますが、英国Nottingham大学、Royal Veterinary College 、King’s College London、カナダBrock大学などによる共同研究チームから 『肥満女性79名を対象に、1日当たり約200kcalのカロリー制限をしながら、週5回x16週間のエクササイズをやってもらったが、熱... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/22 12:21
第971回 脂質特性からカロリー制限後の長期血糖改善が予測できる
第971回 脂質特性からカロリー制限後の長期血糖改善が予測できる American Journal of Clinical Nutrition First published August 10, 2016 Distinct lipid profiles predict improved glycemic control in obese, nondiabetic patients after a low-caloric diet intervention: the Diet, Obesity and Genes randomized tria... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/22 09:57
第970回 運動はサイトカインとは関係なくインスリン感受性を高める
第970回 運動はサイトカインとは関係なくインスリン感受性を高める Medicine & Science in Sports & Exercise: July 12, 2016 Exercise Improves Insulin Sensitivity in the Absence of Changes in Cytokines ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/21 15:04
第969回 妖艶美魔女?
第969回 妖艶美魔女? 難しい記事が続きました。 コーヒーブレイク♪(^.^) で息抜きしてください! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/21 06:04
第968回 筋トレで2型糖尿病/心血管疾患リスクが低減
第968回 筋トレで2型糖尿病/心血管疾患リスクが低減 Medicine & Science in Sports & Exercise: August 30, 2016 Strength Training and the Risk of Type 2 Diabetes and Cardiovascular Disease ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/20 15:42
第967回 脚を組むのは体に悪い?
第967回 脚を組むのは体に悪い? 長時間座っていると体に悪く、がんや糖尿病から心疾患まで数十の慢性的症状のリスクが高まることが、調査で示されている。だが座っている時に脚を組むと問題は増幅するのだろうか。リオ五輪で水球米国代表のチームドクターを務めたニューヨーク大学ランゴーン医療センターの整骨医ナレシュ・C・ラオ氏が、いくつかの通説を打ち消し、脚を組むことが体全体に及ぼす影響を説明する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/20 15:27
第966回 ちょっとした身体活動で血糖値や肥満が改善
第966回 ちょっとした身体活動で血糖値や肥満が改善 8時間の勤務時間中に、立ち上がって背筋を伸ばしたり、歩いて席を移動したり、或いはサイクリングすると、食後および24h血糖値は下がる。而も、この効果は終業後の夕方や睡眠時まで持続する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/19 12:50
第965回 砂糖業界の隠ぺい工作?
第965回 砂糖業界の隠ぺい工作? 米国医師会が発行する査読付き医学ジャーナル“JAMA Internal Medicine”に面白い論文が掲載されました。砂糖 (蔗糖) の冠状脈性心疾患リスクへの懸念は1950年代に浮上しましたが、米国の砂糖研究財団と言われる業界団体がこれを覆い隠すために、ハーバード大学の科学者たちにお金を払い、砂糖への風当たりを弱めるべく犯人は飽和脂肪酸やコレステロールであるという主旨の論文を書いてもらい、一流の医療ジャーナル“The New England Journal of Medicine”に載せ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/17 06:11
第964回 タンパク質の多い食事の利点
第964回 タンパク質の多い食事の利点 動物性/植物性たんぱく質が多く含まれる食事することで、糖質など他の食事因子とは関係なく、BMIおよびウェストサイズが減少したことが、US Army Research Institute of Environmental Medicine (USARIEM)から報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/15 13:17
第963回 白米を食べると太りやすい?
第963回 白米を食べると太りやすい? 「ヌーン」は小麦粉からつくった酵母菌の入らない薄いパンでイランでは主食とされてきましたが、近年では白米の消費量が増えてきています。 そこで、若いイラン女性を対象に白米の摂取量と肥満との関係について調べたところ、両者は有意に正相関していることが分かったそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/14 13:34
第962回 頭脳作業後の運動は過食を抑える
第962回 頭脳作業後の運動は過食を抑える 「運動するとお腹が空いて、食欲が昂進するので、運動はダイエットには向かない」と科学的な裏付けのない印象で語る人たちが見受けられますが、数多くの科学的エビデンスが『運動後に食欲や摂食が急性的/代償的に高まることは無い』ということを示しています…第945回 運動は食欲/摂取量を高める?? 今般、米国アラバマ大学のHunter GR et al.は、「知的労働は空腹感を高め摂取カロリーを増進させるが、知的労働の後で運動すると摂取カロリーを抑えて負のネルギーバランスを相殺できる」旨の研究結果を報告... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/11 13:15
第961回 Insulin-Carbohydrate Model/マイコメント
肥満の真の原因は? 肥満解消にベストの食事パターンは? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/08 15:47
第960回 食事制限だけでダイエット?
雑談あれこれ♪(^.^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/04 08:53
第959回 新説 “Insulin-Carbohydrate Model” Part-2
Dr David Ludwig vs Dr Stephan Guyenet Dr David Ludwig vs Dr Kevin Hall ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/28 16:36
第958回 新説 “Insulin-Carbohydrate Model” Part1
Dr David Ludwig はDr Stephan Guyenetの反論に対して次のように答えています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/28 16:33
第957回 肥満の真犯人はインスリン?
Harvard Medical School教授、Nutrition at Harvard T.H. Chan School of Public Health教授、New Balance Foundation Obesity Prevention Center at Boston ダイレクターを兼任するDr. David Ludwigは、肥満関連疾患の食事療法としてグリセミック負荷(GL値)を考え出したことでも知られており、炭水化物に関する一流の専門家です。 彼は、「肥満の主たる動... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/23 17:53
第956回 ダイエットで低鈍した代謝率は長期化する?
前回に引き続き、国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所(NIDDK)Dr Kevin D. Hallの研究論文をもう一つ紹介します。彼は米国TVダイエット番組 “The Biggest Loser” の参加者を6年間追跡調査しました。30週間のダイエット終了時に体重は58.3 ± 24.9 kg減少し、1日の安静時代謝率も610 ± 483kcal減少しました。しかし、6年後には体重は再増加したが、安静時代謝率は同じ年齢/体格の人たちと比べて、49... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/15 13:01
第955回 高炭水化物食をケトン食に代えると代謝量と体組成は向上するのか?
本論文は、国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所(NIDDK)Kevin D. Hall, Ph.D.らによる研究報告で、“ケトン食にすることでエネルギー消費が有意に高まり/体脂肪の減少が昂進するという考え方を否定しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/10 20:33
第954回 筋トレ負荷およびアナボリックホルモンは筋肥大/筋力アップの決定因子ではない
Resistance Training(RT=レジスタンストレーニング=筋トレ)が筋タンパク同化を促すことは御貴承の通りで、これまで筋肥大を最大化するには高負荷/低回数で行うことが推奨されています。カナダMcMaster大学のStuart Phillips et alはこの定説にメスをいれるべく、 低負荷(1RMの30%)でもオールアウトつまり疲労限界まで回数を行えば、高負荷(1RMの90%)のケース同様に筋肥大する旨の研究報告を2012年に発表 しました。しかし、トレーニング歴のない被験者... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/07 12:18
第953回 急激な減量はリバウンドしやすい??
問: “早く痩せるとリバウンドしやすい” って本当ですか? 答: いいえ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/21 06:01
第952回 カロリー制限中に高タンパク食にすると睡眠の質が改善する
米国パデュー大学のWayne W Campbell教授ら研究チームによると、カロリー制限でダイエット中にタンパク質の摂取比率を高めると、タンパク源が動物性(牛肉や豚肉)/植物性(大豆やマメ類)いずれであれ、睡眠の質を向上することができそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/10 11:59
第951回 やっぱり高タンパク食は満腹感を高める
低カロリーでもタンパク質リッチな食事は満腹感を高めるという理由で、多くの人がダイエットには高タンパク食を採り入れています。しかし、この考え方は意外にも大規模の疫学研究で検証されてはいなかったことは知っていましたか? 今般、Richard D. Mattes教授を筆頭とする研究チームは、タンパク質の摂取が満腹感に与える影響を調べた研究のシステマティックレビューを行い、実際にタンパク質を摂取すると満腹感が高まることを確認しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/10 11:12
第950回 ホエイプロテインは血中(循環)中性脂肪を下げる
European Journal of Clinical Nutrition 30 March 2016 doi:10.1038/ejcn.2016.39 Effect of whey protein on blood lipid profiles: a meta-analysis of randomized controlled trials ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/10 10:31
第949回 「朝ごはんを抜くと太る」は都市伝説です!
『第901回 朝ごはんを食べなければ太るって話は本当ですか』、『第479回 ダイエットには朝食が金、昼食は銀、夕食は銅ですか』で詳述したように、朝食と肥満についての “つくり話” が巷間に氾濫しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/07 14:09
第948回 糖質制限ダイエットは諸刃の剣?
糖質制限ダイエットの “減量効果” および “心血管疾患リスク” に関しては、例えば「第921回 長期的な減量効果における低脂肪食の優位性」「第893回 体脂肪を減少させるには脂質と糖質どちらを制限するのが良いか」「第849回 商業ベースのダイエットプログラムの有効性」「第744回 糖質制限ダイエットに朗報」「第718回 超低炭水化物食 vs 低脂肪食」「第682回 アトキンス・ダイエットをレビューしてみました」「第601回 減量効果における糖質制限ダイエットの優位性」「第358回 やっぱり... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/02 19:23
第947回 筋肥大/筋力アップに最効のトレーニング頻度
・分割法 vs 全身トレのどちらがBetter? ・ボディビルディング方式? それとも パワーリフティング方式? ・低負荷で筋肥大するのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/20 06:32
第946回 カゼインキナーゼ2はベージュ脂肪細胞における熱の産生およびエネルギーの消費を負に制御する
Cell Metabolism Phosphoproteomics identifies CK2 as a negative regulator of beige adipocyte thermogenesis and energy expenditure ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/20 05:17
第945回 運動は食欲を高める??
「運動するとお腹が空いて、食欲が昂進するので、運動はダイエットには向かない」といった印象を語る人たちが多い。しかし、食欲旺盛だった高校時代でさえも、へとへとになるまで運動した後は逆に食べられなかったことを思い出す。果たして運動は食欲や食行動にどのように影響するのだろうか? 科学エビデンスはどのような采配を下しているのか検証してみましょう! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/14 18:44
第944回 体重の増減が体組成および体脂肪分布に及ぼす影響
上半身の皮下脂肪と内臓脂肪は脂肪細胞が肥大化することで蓄積される。故に、体重と比例して増減する。しかし、下半身の脂肪は然にあらず、脂肪細胞の数が増えることで蓄積される。故に、下半身の脂肪は短期的な食事制限では減少せず、而も、脂肪細胞の数は減量しても減少しないので、体重の増減を繰り返すと長期的には脂肪細胞の数が増えていき、体重の再増加リスクは大きくなる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/07 19:21
第943回 脂肪減少と筋量アップは同時に可能か?
カナダMcMaster大学のPhillips et al.は、体重1kg当り2.4gの高タンパク食と1.2gの低タンパク食の2種類の食事をエネルギー欠損40%で用意し、レジスタンストレーニングとHIITなど激しい運動を組み合わせて行わせ、脂肪減少と筋量維持(& 筋量アップ)が同時に可能であることを示しました。下表の通り、体重は両群にほとんど差はなく、LBMは高タンパク食群で増え、体脂肪は高タンパク食群で大きく減少しています。研究チームは、脂肪が予想を上回って減少したことに驚いていると... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/01 19:41
第942回 食事改善 vs 運動 Part 2
減量するには食事制限と運動のどちらを先に始めるべきでしょうか? やはり食事制限でしょうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/31 10:13
第941回 食事改善 vs 運動 Part 1
Weight management ウェイトマネジメントとは、『量的・質的に適正な食事』や『定期的な身体活動/運動』で、体重の維持、減量、および減量後の体重再増加の防止を管理することです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/30 11:48
第940回 2015−2020食事ガイドライン
飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、Added Sugar(加糖)、塩分は制限あり! Red Meat(赤肉)および加工肉は特にお咎めなし! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/26 18:33
第939回 牛丼を食べてりゃ医者いらず?
昨年末、WHOの専門機関である国際がん研究機関(IARC)が、「ソーセージなどの加工肉に発がん性がある」と発表したことに、国内外でおおきな反発が広がったことは記憶に新しい。そんな中で勢いに乗るかのごとく、牛丼チェーン大手の吉野家が「牛丼の具を3カ月間、毎日食べ続けても、生活習慣病の原因となるメタボリックシンドロームを引き起こすような体重、体脂肪率、血圧、中性脂肪、コレステロール類、血糖値などの変化はなかった」旨の調査結果を発表しました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/23 08:34
第938回 同じ距離ならランニングとウォーキングの消費カロリーは同じ?
走る時間が一定であれば、遅く走るより速く走る方が消費カロリーは高くなります。走る距離が一定であれば、速く走るとそれだけ時間が短縮されるので、消費カロリーは変わりません。しかし、歩く場合は、速度を高めると距離当たり/時間当たりいずれも消費量は高まります。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/01/20 19:46
お知らせ
只今メインテナンスを行っています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/15 20:57
第937回 2015年「世界で最も美しい顔100人」
コーヒーブレイク♪(^.^)  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/27 18:44
第936回 男性と女性の生理機能
筋肉が少なく頑固な脂肪で悩む若い男性がLyleに相談しています。色々と参考になると思うので紹介しておきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/25 20:43
第935回 低カロリー/低GI食は太った不妊女性に有益な効果をもたらす
ブラジルFederal University of Rio Grande do Sul、Food and Nutrition Research Center、Clinical Hospital of Porto Alegreによる研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/25 13:15
第934回 身体活動量はカロリー摂取の調節不全と体重増加に関連する
米国Iowa州立大学、West Virginia大学、South Carolina大学、Colorado大学、Pennington生物医学研究所、及び英国Leeds大学らによる研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/19 10:25
第933回 インスリン抵抗性は脂質の置き換え効果を左右する
飽和脂肪酸の多い食事から一価不飽和脂肪や多価不飽和脂肪酸を含む食事への置き換えは、生活習慣病リスク軽減と関連すると言われていますが、これにはインスリン抵抗性の程度が決定因子として影響することがスペインCórdoba大学/Carlos III衛生研究所/Málaga大学/アイルランドCollege Dublin大学/ノルウェーOslo大学/スウェーデンUppsala大学/英国Reading大学らによる国際研究チームから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/16 18:00
第932回 脂質は”量“よりも”質“が大事!
スペインRovira i Virgili大学/Carlos III衛生研究所/Navarra IDISNA大学/Valencia大学/Barcelona大学などで構成されたスペイン共同研究チームからの報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/15 18:23
第931回 減量中にダイエット飲料を水へ置き替えた場合の相乗効果
英国Nottingham大学/イランTehran大学医学部らによる研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/14 17:21
第930回 低カロリー甘味料はダイエットに有用?
米国パデュー大学のSusie Swithers教授から「ノーカロリー清涼飲料水は意外にも代謝障害を誘発すること」「ダイエットソーダは肥満→糖尿病→心臓病へと健康上の問題に関連する」との研究報告があり、これに対して米国飲料協会から反論の声が上がっていたことは御貴承の通りです・・・第506回 ノーカロリー清涼飲料水 vs 肥満 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/14 12:22
第929回 加糖飲料は総エネルギーの過剰摂取につながる
健康な成人がSugars(遊離糖)などを含む加糖飲料を飲むと、1日の総エネルギー摂取量にどのように影響するのか? フルクトース(果糖)、グルコース(ブドウ糖)、アスパルテーム、高果糖コーンシロップ(HFCS/異性化糖)入りの飲料を比較検討した論文が、米国Fred Hutchinson Cancer Research Center/Seattle Children’s Hospital/Washington大学から発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/14 11:12
第928回 炭水化物の質/量と2型糖尿病リスクとの関連性
妊娠糖尿病の既往歴がある女性の2型糖尿病リスクについては、 “第925回 糖質制限 vs 2型糖尿病リスク” で説明した通りです。今回は、研究スタート時点で心血管疾患、癌、および糖尿病を発症していない70,025名の女性を対象とした研究で、Dr Walter C Willett(ハーバード公衆衛生大学院)/Dr Frank B Hu(ハーバード医学部)が率いる研究チームによる報告では、「澱粉が多い」、「食物繊維が少ない」、或いは「穀類繊維に対する澱粉の割合が高い」食事は、女性の2型糖尿病のリ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/13 19:57
第927回 超耐久アスリート vs 糖質制限食
『“最大負荷運動時の最大脂肪燃焼率”および “VO2max64%で3時間の最大下運動時の脂肪燃焼率”は、高炭水化物食群(炭水化物486g/日)に比べて、平均20ヶ月かけてケト適応した低炭水化物食群(炭水化物82g/日)の方が2倍高かった。しかし、運動前の筋グリコーゲンレベル/運動中の筋グリコーゲン使用率/回復時の筋グリコーゲン合成率には群間差はなかった。亦、持久走中の消費カロリーにも有意な群間差はなかった。』ことが米国オハイオ州立大学の研究チームから報告ありました。チームリーダーのVolek... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/09 06:53
第926回 お水をたくさん飲んでダイエット??
Authority Nutrition October, 2015 How Drinking More Water Can Help You Lose Weight ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/06 07:05
第925回 糖質制限 vs 2型糖尿病リスク
糖質制限食にするとタンパク質/脂質の構成比が必然的に高くなりますが、それらが動物性由来の食品の場合には2型糖尿病の発症リスクが1.4倍に高まり、植物性由来の食品の場合には1.19倍になることが大規模な疫学研究で判りました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/03 20:06
第924回 炭水化物の摂取量と高低GI値が安静時代謝量と体組成に及ぼす影響
米国Tufts大学から、“炭水化物の摂取量を減らし、且つ、グリセミック指数(GI値)の低い食品を選択しても、体脂肪の減少/LBMの維持/代謝適応において特異的な違いは認められなかった“との研究報告がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/30 16:38
第923回 炭水化物を脂質に置き換えると死亡リスクと体重変化はどうなるの?
Clinical Nutrition 2015 Aug28 The association of substituting carbohydrates with total fat and different types of fatty acids with mortality and weight change among diabetes patients. ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/11/25 06:50
第922回 低脂肪食は女性の生活の質(QOL)を改善する
米国Emory大学医学部Dr Nanette Wengerらによる研究で、『低脂肪食は50歳以上の女性の健康関連QOL(生活の質)を有意に改善する』ことが分かりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/19 06:56
第921回 長期的な減量効果における低脂肪食の優位性??
68,128名を対象とした69件のランダム化比較試験(RCTs)のデータを解析した結果、“低脂肪食が、同じ強度の他の食事介入と比べて、長期的な減量効果において優れている”ことを裏付ける科学的エビデンスは存在しないことが、米国Brigham and Women's Hospital/Harvard Medical SchoolのDr Deirdre Tobiasらから報告された。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/11/17 06:46
第920回 インスリンの新たな役割・・・脳内ドーパミンを高める
インスリンが血糖値のコントロールや食後の満腹感をもたらすホルモンであることは御貴承の通りですが、『脳の報酬系と快楽中枢を制御する神経伝達物質であるドーパミン分泌にも、従来考えられていた以上に強く関っている』ことが、ニューヨーク大学 Langone 医療センターの新たな研究で明らかになりました。研究チームによると、脳内のインスリンレベルが高まると、ドーパミン再取り込みの引き金になるだけでなく、ドーパミン分泌が高まること(20〜55%)、更に、インスリンへの感受性は低カロリー食では通常食に比べて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/15 19:03
第919回 減食/過食に対する体の反応
Am J Clin Nutr October 2015 vol.102 no.4 807-819 Metabolic adaptation to caloric restriction and subsequent refeeding: the Minnesota Starvation Experiment revisited ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/11/11 06:57
第918回 ホエイサプリメントを余分にとっても筋肉減少の抑止に効果なし
老若男女を問わずプロテインサプリを飲みさえすれば筋肉が増えると誤解している人たちが大勢いますが、『筋量アップや身体機能の改善にタンパク質は重要ですが、通常の食事ですでに足りている人が余分にホエイプロテインを摂っても無意味である』というオーストラリアWestern Australia大学からの研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/06 18:21
第917回 運動後カーボ摂取のタイミング
European Journal of Applied Physiology October 2015, Volume 115, Issue 10, pp 2215-2222 Timing of post-exercise carbohydrate ingestion: influence on IL-6 and hepcidin responses ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/03 10:24
第916回 2型糖尿病 vs 死亡率
『一般の人たちと比較して、2型糖尿病患者の超過死亡リスクは全体では115%と低いが、年齢55歳未満でHbA1c 6.9%以下の糖尿病患者の全死因死亡リスクは192%と非常に高く、75歳以上の糖尿病患者では逆に0.05%減である』という研究結果が、スウェーデンGothenburg大学のDr. Mauro Tancrediらから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/31 09:59
第915回 2型糖尿病 vs 筋トレ・・・食前か食後か?
Medicine & Science in Sports & Exercise: Aug17, 2015 Impact of Exercise Timing on Appetite Regulation in Individuals with Type 2 Diabetes ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/27 10:36
第914回 夜遅い食事は血中リン濃度を高める
夕食のタイミングがリン代謝に及ぼす影響を調べた結果、夜遅く食事をすると翌朝の血清リン濃度は基準レベル(2.5〜4.5mg/dL)を超えて高リン血症をもたらすことが静岡大学の研究チームから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/22 08:59
第913回 糖質制限食vs 高炭水化物食(2型糖尿病)
American Journal of Clinical Nutrition First published July 29, 2015, Comparison of low- and high-carbohydrate diets for type 2 diabetes management: a randomized trial ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/10/19 10:38
第912回 持久力トレーニング vs VO2max(最大酸素摂取量)
心臓から運ばれていった酸素の量(心拍出量×動脈血中酸素)から、心臓へ還ってきた酸素の量(心拍出量×混合静脈血中酸素)を引いたものが、全身で消費された酸素の量である。これが Fick の原理で、式で表すと酸素摂取量(VO2)=心拍出量(Q)×動静脈酸素較差(a-VO2 diff)となります。 しかし、今般スイスZurich大学Montero et alから、『最大酸素摂取量は最大心拍出量とは正相関するが、動静脈血酸素較差とは関連しない』ことが報告されました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/17 06:19
第911回 ボディビルダーの筋肉は役立たず?
ボディビルダーの筋肉は実用性のない見せかけの筋肉だと云われています。 実のところはどうなんでしょうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/12 18:22
第910回 停滞期:筋肉は脂肪よりも重いからですか?
Q: 33歳の♀です。お米など主食を減らすダイエットを開始して、しばらくは順調に体重が落ちました。しかし、約一ヶ月が経った現在、カロリー制限と運動をしっかり続けているにも拘わらず、減少が止まってしまいました。 筋肉は脂肪よりも重いと云われていますが、体脂肪が落ちた分だけ筋肉が付いてしまったのでしょうか? 飢餓モード/停滞期に突入してしまったからでしょうか? ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2015/10/07 22:48
第909回 飢餓スイッチ
All Aboutなど著名なサイトを幾つか調べてみましたが、『ダイエットが進んでいくと飢餓モードのスイッチがONになり、生命を守るために栄養の吸収率を高めエネルギー消費を最小限に抑え、体重減少に歯止めがかかる。これが「ホメオスタシス機能」であり停滞期の始まりです』と異口同音に書かれています。実に誤解を生む表現です。吸収速度が速まることはあっても、吸収率が著しく高まってアンダーカロリーの状態で体脂肪が蓄積していくことなど有り得ませんし、「飢餓モード」という言葉そのものが極めて不適切であ... ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2015/10/05 08:12
第908回 小麦粉や白米はなぜ良くないのですか?
炭水化物のすべてが同じだというわけではありません。 炭水化物を豊富に含む多くのホールフーズはとても健康的で栄養価が高いです。 他方、精製された炭水化物や単純糖質は、加工工程で栄養素と繊維の殆どが取り除かれており、肥満/心臓病/2型糖尿病など多くの疾患リスクの増大に大いに関係しています。 殆どすべての栄養専門家が精製された炭水化物の制限に同意しています。 しかし、多くの国では今なお精製された炭水化物を炭水化物食の主要源としているのが実状です。 ここでは、精製された炭水化物とは... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/10/01 09:59
第907回 エネルギー収支バランスって何ですか?
日本人の食事摂取基準2015年版(厚生労働省)に明記されているように、エネルギー収支バランスの定義は、“摂取量−消費量”です。その結果がBMIと体重の変化であり、エネルギー摂取量がエネルギー消費量を上回る状態が続けば体重が増加し、逆に、エネルギー消費量がエネルギー摂取量を上回る状態では体重が減少します。 もっと詳しく説明しましょう。 私たちが1日に消費するエネルギーは次の4つに大別されます。 ・基礎代謝量(Basal Metabolic Rate:BMR) ・運動によ... ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/09/27 17:21
第906回 人気記事トップ30(2015年)
2015年作成のブログ記事(第809〜)の中からトップ30をリストアップしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/27 07:53
第905回 人気記事トップ30(2014年)
2014年作成のブログ記事(第591〜第808回)の中からトップ30をリストアップしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/27 07:49
第904回 人気記事トップ30(2013年)
2013年作成のブログ記事(第382回〜第590回)の中からトップ30をリストアップしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/27 07:45
第903回 人気記事トップ30(2012年)
2012年作成のブログ記事(第191回〜第381回)の中からトップ30をリストアップしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/27 07:43
第902回 人気記事トップ30(2011年)
2011年に始めた当ブログも記事数1000が見えてくるところまでに至りました。作成日の古い記事も都度アップデートするよう心掛けていますが、それにしても多数ある記事の中から興味ある記事を溯って見つけ出すのは大変でしょう。そこで各年単年の人気記事トップ30をリストアップしましたのでご利用ください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/27 07:40
第901回 朝ごはんを食べなければ太るって話は本当ですか?
ダイエット関連の分野では、myth(つくり話)と云われる情報が散乱しており、「朝ごはんを食べると痩せる」とか、「朝ごはんを抜くと太る」と云った類の話もその中のひとつです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/24 18:40
第900回 長時間運動中の高グルコース補給と血糖コントロール(1型糖尿病)
長時間の運動中の持久的パフォーマンスを最大化するため、健常な人たちには高炭水化物食が推奨されるが、1型糖尿病のケースではインスリンの必要条件に大きく影響する。そこで、長時間の運動中の高グルコース補給の安全性と血糖コントロールについての評価が行われた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/21 18:35
第899回 2型糖尿病患者が朝食を抜くと血糖スパイクの引き金となる
すい臓のβ細胞は休ませすぎると役割を忘れる! “お昼まで空腹の状態でいると、昼食/夕食後に血糖スパイクをもたらし、インスリン反応が損なわれる”ことが、イスラエル・テルアビブ大学/ヘブライ大学、ベネズエラ・セントラル大学、スウェーデン・ルンド大学による共同研究チームから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/09/18 05:30
第898回 ボルシチはロシア料理に非ず
ロシアよもやま話 (^.^)♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/16 17:27
第897回 中学生に運動を無理強いすると期待に反した結果となる
ミドルスクールの生徒たちの身体活動と自己決定理論との関連性について調べた結果、生徒たちは運動をするという選択が自発的なものでないと感じた時、或いは大人からもっと運動しなさいとプレッシャーを受けると、逆にやろうとしなくなる。しかし、運動が自己決定によるものだと感じている生徒は、自分自身を運動する人間だと認識し、その結果もっと運動するになることが、米国ジョージア大学の研究チームから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/13 05:49
第896回 糖尿病が“良くなる”とはどういうことなのか?
掲題の件について、小児および成人内分泌学、糖尿病教育、移植、代謝、肥満/併存疾患外科手術、血液腫瘍の専門家が参集し鋭意論議しています。そこでのコンセンサス事項が “How Do We Define Cure of Diabetes?” というタイトルでDiabetes Care Nov 2009 vol.32 no.11 2133-2135に掲載されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/09 06:21
第895回 殆どの病気は医者に行っても治らない?
クリニックの待合室 常連らしきお年寄りの会話が耳に入ってきた 最近○○さんお見えにならないわね〜 どこか具合が悪いのかしら? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/06 18:17
第894回 褐色脂肪のダイエット効果はウソかホントか?
褐色脂肪細胞は主に首回り、肩甲骨の間、心臓や腎臓などに存在し、その役割は体脂肪の蓄積ではなく熱産生であり、成人における脂肪燃焼に重要な影響を及ぼすとされ、洋の内外を問わず褐色脂肪に着目したダイエットが話題になりました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/31 14:21
第893回 体脂肪を減少させるには脂質と糖質どちらを制限するのが良いか?
米国NIH(国立衛生研究所)傘下のNIDDK(国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所)のDr Kevin D. Hallらによる研究で、“炭水化物を減らすより脂質を減らす方が体脂肪減少の効果が大きい”との結果が示された。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/08/22 23:48
第892回 糖質制限ダイエットにまつわる馬鹿げた神話
単に英語力の問題か、それとも金儲け優先の所為なのか理由は定かではないが、しっかりした科学的エビデンスに基づき糖質制限ダイエットを語れるアドバイザーが日本では稀有である。 低炭水化物ダイエットに対する都市伝説的な風評をズバッと解明した記事が、Authority Nutritionに掲載されているので紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/19 18:58
第891回 糖質制限すると背が伸びなくなる?
今回のColumbia大学による研究で示されたグルコースのもつ骨芽細胞への影響は、“ケトジェニックダイエット(糖質カット)が子供の縦成長に悪影響する”という先行研究を裏付ける説明になる。また、骨芽細胞へのグルコースの取り込みは骨芽細胞の分化、骨形成、グルコースの恒常性にとり必須であることが明らかにされ、骨と糖代謝とクロストークの重要性が示された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/25 06:52
第890回 ビジネス vs ダイエット
ダイエットの成功率を高めるにはどうしたら良いのでしょうか? Bizとダイエットを引っかけて思いつくが儘に書き綴ってみました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/20 13:26
第889回 筋トレが安静時代謝量に及ぼす影響
掲題の件について、米国Connecticut大学JC Aristizabal et alの研究論文がEuropean Journal of Clinical Nutritionに掲載されているので紹介します。 筋量アップと基礎代謝量/安静時代謝量について、これまで当ブログが ”第745回 筋肉と代謝量についての都市伝説” や “第2回 筋肉を付けて基礎代謝アップという話は間違い” で指摘してきたことが間違っていないことを裏付ける内容となっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/15 19:51
第888回 ロシアンティー
ロシアよもやま話 (^.^)♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/11 06:34
第887回 果物を食べると白色脂肪が褐色脂肪へ変わる
米国ワシントン州立大学から「フルーツに多く含まれるレスベラトロールが、体脂肪を貯める白色脂肪組織を、カロリーを燃焼する褐色様ベージュ脂肪組織に変換する」という報告がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/09 06:41
第886回 情報操作ダイエット
情報操作とは与える情報(証言、記事、写真、映像)を制限したり、虚偽または虚偽にならない範囲で改変することによって、その情報を受け取った者が受ける印象や判断結果に影響を与えようとする行為です・・・wikipedia ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/07/06 21:08
第885回 赤肉は本当に糖尿病リスクの元凶ですか?
ドイツのGerman Institute of Human Nutrition Potsdam-Rehbruecke/German Center for Diabetes Research/University of Tübingenらの研究によると、「年齢、性別、ライフスタイル、食事、BMIを調整すると、赤肉による糖尿病リスクが26%高まる」、しかし、「フェリチンやグリシンなど6つの血中代謝産物が、赤肉とは無関係に糖尿病リスクに関連しており、これらを調整すると赤肉の糖尿病リスクは... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/06 16:59
第884回 高強度インターバルトレーニングへの感情反応
Medicine & Science in Sports & Exercise: Published Ahead-of-Print Post Acceptance: June 24, 2015 Affective Responses to Repeated Sessions of High-Intensity Interval Training ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/04 19:37
第883回 低出力電気刺激と加圧トレーニングの組み合わせで筋量・筋力は増強する
低出力の電気刺激(NMES)と血流を制限して行う所謂BFR(Blood Flow Restriction)を組み合わせて神経筋を収縮させるトレーニング方法で、大腿四頭筋の筋肥大と筋力増大が引き起こされることが、順天堂大学/鹿屋体育大学の研究チームから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/04 19:16
第882回 運動強度が血管機能に与える急性効果
若い人達では、中強度の運動より高強度インターバルトレーニング(HIIT)の方が、血管に優れた利点をもたらす。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/04 18:56
第881回 運動の種類 vs 体組成の変化
従来の研究では、筋トレに比べ有酸素運動の方が脂肪減少に効果的とされています。 本研究は観察研究ではありますが、筋トレの方が脂肪減少にも効果大であることが報告されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/03 23:08
第880回 長距離ランニングでの疲労耐性は女性の方が優れている
今般、仏Université de Lyon/加University of Calgary/仏Université de Savoie/仏Université Jean-Monnet de Saint-Étienneら共同研究チームから、男女20名を対象にした110kmウルトラ耐久走レースで、中枢性疲労は性差がないが、末梢性疲労では女性の方が耐性であることが報告されました。 因みに、筋肉疲労や眼精疲労など脳以外の末梢に由来する疲労のこ... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/03 20:35
第879回 下半身/上半身HIITの代謝反応と炎症反応の相違
HIIT(high intensity interval training) 又はHIIE(high intensity intermittent exercise)は同じで、高強度インターバルトレーニングを意味します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/02 12:32
第878回 あなたのライフスタイルは?
昨年8月から販売の東芝製リストバンド型活動量計Actiband™について、利用者の活動量/睡眠/食事などの身体活動データを解析した生活習慣に関する調査結果が公開されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/02 06:41
第877回 犬肉食文化
雑談あれこれ (+_+) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/01 10:37
第876回 妊娠中の運動を恐れるな!
糖尿病の治療の基本は、生活習慣改善のための食事療法および運動療法、並びに薬物療法といわれています。今回は、妊娠糖尿病の予防と運動効果について、最新の研究論文を二つ紹介します。いずれも健康な妊婦での運動の有効性が示されています。推奨を確立するには更なる研究が必要ですが、これらの結果は妊娠中の運動に対する推奨事項に影響を与え得るだろうと見られています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/01 09:43
第875回 廃用性筋委縮は有酸素トレーニングで回復可能か?
論文タイトル:若者及び高齢の男性の脚を2週間動かぬように固定した後で、有酸素運動を6週間行っても、脚のLBMと有酸素能は回復するが筋力は完全に元の状態には戻らない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/30 09:40
第874回 さようなら低脂肪ダイエット!?
背景: 米国人のための2015年版食事ガイドラインの策定に向けて、米国食事ガイドライン諮問委員会(DGAC)は米国保健福祉省(HHS)と米国農務省(USDA)宛てに、策定の基礎データとなるレポートを今年2月に答申しました。両省はこのレポートを参照した上で最終案を策定し、今年後半に正式発表する予定となっています。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/06/27 11:18
第873回 年齢、食事、運動、体重、ウェストサイズの関係は?
ヒトは加齢に伴い太っていく。 学生時代に比べて食事の質は明らかに高めているのに・・・ 何故なの? 米国South Carolina大学の研究チームは、“歳を取るに伴い身体活動量が減っていくからだ”という結論を出しました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/25 13:45
第872回 耐久性アスリート vs 不整脈リスク
4年前の強靭な松田選手の急性心筋梗塞による突然死は、サッカー界のみならずスポーツ界全体に大きな衝撃を与えました。本研究は持久力が要求されるアスリートを対象にしたものですが、町の足自慢の諸兄も自分を過信しないで心臓検査は受けておいた方が良いのではないですか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/24 10:03
第871回 糖質制限ダイエットをめぐる都市伝説
低炭水化物(糖質制限)ダイエットは素晴らしい。 肥満、生活習慣病、糖尿病は世界的にも大きな健康問題となっているが、低炭水化物ダイエットを採り入れることで、これら通常疾患や重篤疾患が快方に転じ得ることが研究で明らかになっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/21 18:58
第870回 ストリートアート
コーヒーブレイク♪(^.^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/21 15:36
第869回 赤肉と乳製品がインスリン感受性に及ぼす影響
American Journal of Clinical Nutrition June 2015 vol. 101 no. 6 1173-1179 Red meat, dairy, and insulin sensitivity: a randomized crossover intervention study ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/21 14:39
第868回 トランス脂肪酸の全廃を決定(米国)
米食品医薬品局(FDA)は、トランス脂肪酸(IP-TFA)の主要なソースである水素添加油脂(PHOs)の安全性を否定する暫定的な決定を2013年に発表していましたが、その後の広範囲にわたる研究レビューと科学専門委員会の知見に基づいて、PHOs/IP-TFAは安全(generally recognized as safe:GRAS)ではないとの最終判断を下し、2015年6月16日付けで食品加工メーカーなどに3年の猶予期間以内に全廃するように指示したことを発表しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/19 06:50
第867回 高塩分摂取は高脂肪食による体重増加を抑える!?
食品業界では、依存性のあるsugars・塩分・脂質の組み合わせに工夫を重ねて、消費者がOver-eating(過食)やHyper-eating(大食)、つまり “もっともっと食べたくなるhyperpalatable foods(超美味の食品)”を製造販売することを大命題としているという非難の声が高まっている中で、米国アイオワ大学から「高塩分摂取で高脂肪食による体重増加が抑えられる可能性がある」ことが示唆されました。つまり、塩分が消化を抑制し脂質の吸収が抑えられることで、体重増加を防止すること... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/17 11:55
第866回 就寝前のプロテイン摂取による筋量筋力の増大効果
“Around Workout Nutrition”つまり運動前/運動中/運動後の栄養摂取が重要な栄養戦略であることは御貴承の通りです。就寝前にプロテインを摂取すると、睡眠中の筋肉の異化(分解)の抑止/同化(合成)の昂進が促されることは之までにも報告されていますが、今般オランダMaastricht大学の研究チームから、就寝前のプロテイン摂取がトレーニング中の筋量筋力アップを助長する効果があることが報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/15 19:45
第865回 運動後のビールは大ジョッキ一杯程度なら大丈夫?!
ジムや炎天下のゴルフで汗を流した後のビールは格別に美味い。これまでの研究では運動後の飲酒は身体に悪いことが示されていますが、スペインGranada大学/Cadiz大学の新研究によると、大ジョッキ1杯程度までなら大丈夫のようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/14 10:20
第864回 たった2週間の欧米スタイルの食事で大腸がんリスクが高まる
アフリカ系アメリカ人には“脂質と動物性タンパク質が多く食物繊維が少ない典型的な欧米食”から“高繊維/低脂肪の伝統的なアフリカ食”へ変更してもらい、アフリカ農村地域に住むアフリカ人にはその反対の食事パターンにしてもらったところ、2週間後には交互的に大腸癌の危険因子に劇的に影響を及ぼすことが、米国Pittsburgh大学/英国Imperial カレッジ/フィンランドHelsinki大学/米国Illinois at Urbana大学/南アKwaZulu-Natal大学/オランダ Wageninge... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/13 22:40
第863回 肥満 vs リーンのレジスタンスエクササイズへの内分泌反応
European Journal of Applied Physiology June 2015, Volume 115, Issue 6, pp 1359-1366 Endocrine response to acute resistance exercise in obese versus lean physically active men ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/13 10:48
第862回 朝食抜きが終日パフォーマンスと総摂取カロリーに及ぼす影響
朝食を抜くと1日の総エネルギー摂取量は減少するのか、それとも増えるのか? 朝食を摂らずに空腹で運動するとパフォーマンスが低下することは分かっているが、夕方5時の運動パフォーマンスには影響するのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/11 18:55
第861回 遅発性筋肉痛と筋肉の成長
“遅発性筋肉痛(DOMS)と筋肉の成長”は、多年に亘って巷間に広く流布している考え方のひとつで、あたかもDOMSが生じないトレーニングは不適切であるとか、或いは、実質的にDOMSを追い求めるといった投稿メールをFacebookで見かけます。 筋肉の成長/発達が最終ゴールなのに、“DOMS=筋肉の成長”と信じ込んでDOMSが最終ゴールになってしまっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/09 22:02
第860回 5km走タイムトライアルは筋トレで改善する
International Journal of Sports Physiology and Performance May6 2015 The Effects of a Sports Specific Maximal Strength and Conditioning Training on Critical Velocity, Anaerobic Running Distance and 5-km Race Performance ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/07 10:13
第859回 高齢者はウェイトトレーニングをやるべし
American Journal of Clinical Nutrition First published March 11, 2015, doi: 10.3945/ajcn.114.105270 By Wake Forest University Effects of resistance training with and without caloric restriction on physical function and mobility in overweight... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/07 09:59
第858回 筋肉増強サプリは精巣胚細胞性がんリスクを高める
“クレアチンやアンドロステンジオンなど筋肉増強サプリを使用すると、精巣胚細胞性癌の発症リスクが有意に高まる可能性がある”という米国Brown大学からの研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/06 07:42
第857回 カロリー制限+運動の組み合わせはインスリン感受性の改善にベスト
「同じく減量しても、カロリー制限と運動を組み合わせて行ったグループは、カロリー制限のみ、或いは運動のみのグループに比べてインスリン感受性は2倍向上した」ことを、米国セントルイス大学の研究グループが糖尿病の専門誌であるDiabetes Careに2015年4月15日付けで報告した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/04 19:15
第856回 トレッドミルデスクの減量効果???
座位時間の多いオフィスワークが健康に悪影響を及ぼすことが多数の研究で示される中で、トレッドミルデスクが注目されています。 米国ブリガムヤング大学の研究では、健康な成人75名を、トレッドミルデスク群(歩行速度0.67m/秒)と通常デスク群に割り付けて45分間の作業をやってもらった。その結果、トレッドミル・デスク群では、認知処理速度/注意力/一次記憶力が9%低下し、1分当たりのタイプ速度が13語低下した。 James D. LeCheminant教授は、「統計学的には有意差はあるが作... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/01 10:50
第855回 僅か5日間の高脂肪食で骨格筋の代謝は変わる
短期間なら脂っこいものを食べても大丈夫だろうと考えてはいませんか? 実は、僅か5日間の高脂肪食で筋肉代謝が変わることが、米国ヴァージニア工科大学のMatt Hulver准教授らの新研究で分かりました。 通常食の脂質比率は約30%ですが、この研究ではソーセージビスケット/マカロニ/チーズ及びバターをたっぷり入れて脂質比率を約55%に高めた高脂肪食を健康な大学生に割り当てました。期間は5日間で等カロリーです。その結果、体重の増加は認められなかったものの、筋肉のグルコース酸化能が阻害され、イン... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/30 09:25
第854回 筋トレ+有酸素運動後のプロテイン摂取は筋原線維タンパク合成を高める
筋トレ(1RMの80%で8reps x 5sets)に引き続いて有酸素運動(VO2mMax70%で30分)を行った後でプロテインを摂取すると、筋原繊維タンパク合成が高まり、筋肉の異化マーカーは低減する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/29 08:49
第853回 低強度 vs 高強度筋トレによる筋量アップ効果
“低負荷レジスタンストレーニングでも高負荷と同様の筋肉の成長が認められた”というSchoenfeld BJ et al.の研究論文に関してLyleが解説記事を書いています。皆さんにも大いに参考になると思うので紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/27 09:10
第852回 カロリー欠損 vs 筋肉カタボリズム
Q: ボディビルには筋量アップ(オフシーズン/増量期)と過剰に付いた脂肪を剥ぎ落す(減量期)という二つのフェーズがあることは御貴承の通りです。余分な脂肪を取り除くためにはカロリー欠損レベルをlow、medium、highにするやり方がありますが、今回の質問の主旨は「減量期に筋量を維持するのはどのやり方がベストなのか?」ということです。例えば、増量期に20%になった体脂肪を10%まで落とすに際して、欠損量を500kcal/日にしてゆっくり落とすか、或いは、もっと積極的に1000kca... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/21 13:43
第851回 疫学研究って何か知ってますか?
栄養素と過体重/肥満の関係について、「因果関係」と「相関関係」を混同して語る人が多いので、今回は疫学研究をテーマとしてこの問題に触れたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/27 06:48
第850回 何回にも分けて少量ずつ食べる方が太りにくい
1日の食事回数が4回未満に比べて、6回以上の方がBMI/総エネルギー摂取量/食事のエネルギー密度が低減し、食事の質は高くなることが英国インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者らから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/22 19:18
第849回 商業ベースのダイエットプログラムの有効性?
色々なダイエット法がまるで泡沫のように現れてはまた消えていく。臨床医が肥満患者へ減量アドバイスできる一助として、米国Johns Hopkins大学の研究チームが、糖質制限ダイエットの原型であるアトキンスを含む総ての人気ダイエットの有効性に関する4,200件の先行研究をレビューしましたが、長期的かつ信頼性の高い科学的エビデンスは殆ど無く、そんな中で奨めるとすれば「ウェイト・ウォッチャー」と「ジェニー・クレイグ」の二つだけだそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/19 05:08
第848回 高タンパク質食品とグリセミック負荷(GL)の組み合わせはダイエット効果を左右する
米国タフツ大学の研究者が率いる新たな研究によると、我々が食べている高タンパク質食品と高炭水化物食品の種類を少し変えると、長期的な体重増加を防止する上で大きな影響力があるようだ。本研究では、精製された炭水化物の摂取量を変えることで、特定の高タンパク食品が有する体重増加または体重減少の効果が、高まったりたり相殺されることが示唆されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/15 07:07
第847回 ロシアの姓と民族系
ロシアよもやま話♪(^.^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/07 21:00
第846回 ダイエットソーダでウエストサイズが増えちゃった!
トータル追跡期間9.4年間で、ダイエットソーダを飲まない人で約2.03cm、時々飲む人で約4.65cm、毎日飲む人では何と約8.03cmもウエストサイズが増えたそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/02 16:21
第845回 Sugarsの適正摂取量・・・Part2
WHOが言っているstrongな科学的エビデンスとはどういうものなのか気になるので調べてみました。Sugarsと肥満に関する研究論文は次の3件で、その内2件はハーバード大学公衆衛生大学院/ハーバード大学医学部および附属病院のBrigham and Women's Hospitalによるものです。もう1件は米国Yale 大学によるものです。 いずれも結論として、sugar入り飲料の多飲は体重増加や肥満と相関することが報告されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/31 08:22
第844回 Sugarの適正摂取量・・・Part1
世界保健機関(WHO)の新ガイドラインは、成人と子供の1日当たりのfree sugars(遊離糖)の摂取量を、総エネルギー摂取量の10%未満に減らすよう勧告しています。 亦、5%未満または約25g(ティースプーン6杯)にすると、虫歯の減少と云った更なる健康効果が得られると述べています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/29 10:02
第843回 中程度の減量では骨密度は減少しない
高齢者が減量すると特に女性の場合には骨密度に悪影響することが分かっている。しかし、肥満男性による中程度のカロリー制限による減量では、あらゆる解剖学的部位での骨密度の減少は生じないことが、米国ラトガース大学(州立総合研究大学)/米国Robert Wood Johnsonメディカルスクール/カナダMcMaster大学の研究チームから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/26 15:57
第842回 減量中の筋量減少を抑える(中高年)
オランダAmsterdam University of Applied Sciencesの研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/24 08:12
第841回 脳内の糖減少がアルツハイマー病を悪化させる
タンパク質GLUT1は血液脳関門を横切ってグルコースを脳へ運ぶ。循環血中のグルコースは脳にとっての主要なエネルギー源となるが、アルツハイマー病はグルコース輸送の初期減少が特徴で、これまでグルコース輸送体GLUT1と関連付けられていた。ところが、病気の進行へのGLUT1の影響については十分に理解されてはいなかった。Berislav Zlokovicおよび共同研究者は、グルコース輸送を妨害したアルツハイマー病モデルマウスを研究した。血管壁を構築する細胞でGLUT1を遺伝子操作し、Zlok... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/21 09:25
第840回 懸垂ギネス新記録
コーヒーブレイク♪(^.^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/21 07:24
第839回 高タンパク食がエネルギー消費に及ぼす影響
米国George Mason大学George A. Bray らによる研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/17 11:25
第838回 トレッドミル・パフォーマンスで死亡率を予測する
米国Johns Hopkins大学医学部から、「年齢/性別に加えて、運動時の最大心拍数とMETsから算出したフィットネスレベルから10年以内に死亡するリスクを推定する数式を開発した」との研究報告があった。スコアの範囲は−200から+200で、0を超える人は死亡率が低く、マイナス値の人は死亡率が最も高い。スコアが100以上の人は10年以内の死亡率は2%だが、スコアが0〜100であれば3%になる。スコアが−100〜0の人は10年以内に死亡するリスクは11%で、−100以下の人では38%になるそう... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/15 15:08
第837回 脂肪細胞はこうやって作られる
高脂肪食を摂ると24時間以内に脂肪細胞が形成される。いったん形成されるとダイエットで縮小はするがなくならない。これがダイエットに挫折する理由である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/13 12:00
第836回 年齢別運動強度と死亡リスク
低強度の運動 vs 強度の高い運動! どちらが長生きするのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/10 19:25
第835回 ペニスサイズ世界標準
世界の男性15,521名のペニスの大きさについての調査結果が英国の研究チームから報告あった。長さは平常時9.16cm勃起時13.12cm、太さ(girth)は平常時9.31cm勃起時11.66cmが世界の平均だ。因みに、勃起時の長さ10cm以下は100人中5名で、16cm以上も100人中5名だそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/07 22:41
第833回 ジョッギング vs 長期死亡率
デンマークFrederiksberg Hospitalらの研究によれば、『ジョギングと死亡率の間にはU字型の関連性が見られる。死亡リスクを低減し寿命を延ばすのが目的であれば、軽度/中程度のジョギングが有効で、過度のジョギングにはその効果は認められない』とのことです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/05 18:42
第832回 2型糖尿病で卵1日2個は問題なし
2型糖尿病を有する過体重/肥満者に卵を1日2個/週6日/3ヶ月食べてもらったが、HDL コレステロール、総コレステロール、中性脂肪、LDLコレステロール、血糖コントロールのいずれにも悪影響しなかったことがオーストラリアSydney大学 & Royal Prince Alfred Hospitalから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/02 21:09
第831回 インスリン製剤デテミルの摂食抑制/減量効果
インスリン製剤は作用時期および作用様式から、速効型インスリン製剤、中間型製剤(NPH)、及び中間型と速効型インスリンを様々な割合で組み合わせた混合型インスリン製剤、更に最近ではインスリンアナログとして超速効型インスリン(リスプロ、アスパルト、グルリジン)、超速効型インスリンの混合型化製剤(リスプロ混合製剤、二相性プロタミン結晶性インスリンアナログ水性懸濁製剤)、及び持効型溶解インスリン(グラルギン、デテミル、デグルデク)が使用されています。 本論文は、米国Cincinnati, Cinci... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/02 08:01
第830回 筋肉回復期における白血球IGF-1受容体の発現
はじめに: インスリン様成長因子1(IGF-1)システムは、アナボリックな細胞プロセスにおいて中心的な役割を果たしている。最近では、筋肉修復の免疫応答におけるIGF-1の調節的役割が示唆されているが、それがどのように炎症プロセスを調節しているかは殆ど分かっていない。 本研究では、IGF-1と白血球の相互作用の変化が筋肉修復におけるIGF-1の役割を介している可能性があるのかどうかを決定するために、レジスタンスエクササイズ後の回復期にIGF-1受容体(IGF-1R)が白血球に出現す... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/01 07:42
第829回 内臓脂肪は骨密度と筋量に悪影響を及ぼす
肥満者は重たい体を支えるためにより多くの筋肉と骨密度が必要です。故に、体脂肪の増加に伴い筋量と骨密度は増えるものと広く考えられてきましたが、米国ミシガン大学の研究者は従来の概念を否定し、BMIと皮下脂肪が増えれば骨や筋肉の密度が低減すること、そしてこの関係は内臓脂肪でいっそう顕著であること」を発表しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/24 18:44
第828回 グルコサミン+コンドロイチンで変形性膝関節症の痛みが6ヶ月で半減?
グルコサミン及びコンドロイチン単独での効果は科学的に立証されていませんが、両者を組み合わせることで6ヵ月後には膝関節炎の症状を半分に軽減できる可能性が示されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/23 15:32
第827回 焼菓子デザートの消費者購入が全米で24%減少
米国では、高カロリーで且つ飽和脂肪酸とsugarが大量に含まれているケーキ、クッキー、パイ、ドーナツ、ペストリーなど穀物ベースの焼菓子製品の消費者購入が2005年〜2012年の間に24%減少したことが、米国North Carolina大学の研究で分かりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/22 10:15
第826回 歯が抜けると過敏性腸症候群になり易い?
『歯が1本〜5本抜けると過敏性腸症候群リスクが33%〜35%高まる』ことがイランIsfahan University of Medical Sciencesの研究で分かりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/19 15:40
第825回 推奨睡眠時間
米国の国立睡眠財団(NSF)は、睡眠の専門家6名に加えて学際的な専門団体から12名のエクスパートを招集して、2004年〜2014年に発表された文献312件のシステマティックレビューを行い、適切な睡眠時間に関する新しい勧告を発表しました。 因みに、12の専門団体とは、米国解剖医協会(AAA)、米国小児科学会(AAP)、米国胸部医学会(ACCP)、米国老年医学会(AGS、米国神経学協会(ANA)、米国生理学会(APS)、米国精神医学会(APA)、米国胸部学会(ATS)、米国老年学会(G... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/15 08:39
第824回 もっと現実的な身体活動の目標が必要ではないか!?
現行の身体活動ガイドラインは、全人口に対して150分/週の中程度の活動目標を達成するよう奨励しているが、非アクティブな人たちにちょっとした身体活動を行なわせることに傾注すべきである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/11 13:33
第823回 運動をしても座位時間が長いと健康が悪化する
2014年8月までに発表された関連研究47件のシステマティックレビューとメタ解析を行った結果、座位時間が長いと糖尿病リスクは1.91倍、全死因死亡1.24倍、心血管疾患死1.143倍、がん死1.173倍になることが、カナダのトロント大学/Health Network大学などによる共同研究チームから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/11 13:24
第822回 運動不足による死亡リスクは肥満の2倍だそうだ!
英国 Cambridge大学をはじめとする国際チームからの研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/11 13:20
第821回 座位時間および運動量/強度についてフルレビュー
座位時間/座って行う行為と疾患や死亡リスクとの関連についての直近の研究報告は、次回の『第822回 運動不足による死亡リスクは肥満の2倍だそうだ!』と次々回の『第823回 運動をしても座位時間が長いと健康が悪化する』で紹介します。後者の研究は2014年8月までの47件の研究群のシステマティックレビュー/メタ解析です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/11 13:13
第820回 睡眠時のこむら返り
カナダAlberta大学医学部による研究で、夜間に起こる激痛を伴う脚のけいれんは、冬よりも夏に起こり易いことが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/08 08:31
第819回 全粒穀物を多く食べると死亡率が低くなる
「全粒穀物をたくさん食べると総死亡率と心血管疾患(CVD)による死亡率が低減する」ことが、米国ハーバード大学公衆衛生大学院から報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/05 16:43
第818回 肥満遺伝子は運命なの?
You are my destiny・・・君は俺にとって運命の人だ♡ でも、遺伝子は運命なんかじゃないよ! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/01/29 07:11
第817回 エンドレスの減塩論争
Am J Clin Nutr February 2015 Is complying with the recommendations of sodium intake beneficial for health in individuals at high cardiovascular risk? Findings from the PREDIMED study ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/24 14:08
第816回 医師が解説「カロリー制限にダイエット効果なし」の理由???
ブログ記事 “第808回 健康関連の研究についてのプレスリリースは誇張が多い” の中で、健康関連ニュースにおける誇張報道/センセーショナリズム/過大警告の問題は、メディアやジャーナリストだけでなく、大学や組織から発表されたプレスリリースにも大きな責任があることを説明しました。ロンドン大学公衆衛生学・熱帯医学大学院の主任研究員Dr Ben Goldacreは、付随論説のなかで「研究機関や大学はプレスリリースの誇張に責任を持つべきである」「元の研究論文と著者名を明らかにし、関連の投稿ジャ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/18 22:27
第815回 人気記事ベスト100
念頭に当たって皆さんがどういった記事に興味を持っているのかを再認識し、今後ブログを続けていく上での一助とするために、当ブログ記事の人気ランキングを2015年1月11日付けで整理してみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/12 09:19
第814回 肝臓での脂肪合成はインスリン作用に依存しない
米国Yale大学の研究チームが、トリグリセリド(TG=中性脂肪)が肝臓でインスリン作用とは無関係に産生されることを発見しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/10 10:31
第813回 「肥満でも健康」は一時的な状態にしか過ぎない!
肥満でも健康状態が良好な場合、それは一時的なものであることが多く、時を経るにつれて状態が低下する可能性が高いとした研究論文が、2015年1月5日付けの米国心臓病学会誌「Journal of the American College of Cardiology」に掲載された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/09 06:55
第812回 一部の肥満者は代謝異常なし
肥満はインスリン抵抗性、脂質異常症、高血圧、脂肪肝と関連し、糖尿病や心血管疾患のリスク因子です。しかし、一部の肥満者ではこれら代謝異常が生じないことが米国ワシントン大学医学部から報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/07 16:00
第811回 炭水化物は太るってホントなの?
この記事を精読すれば、あなたもきっと一端のダイエット通になれるでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/01/04 17:06
第810回 果糖はブドウ糖より摂食行動を高める
2014年12月10日アリゾナ州フェニックスで開催された米国神経精神薬理学会(ACNP)年次総会で、南カリフォルニア大学から「ブドウ糖と果糖への脳の反応は異なること」、「果糖は脳の報酬回路の応答を高め摂食行動を促進すること」が示唆された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/04 10:16
第809回 ブドウ糖リッチな食品への欲求を駆り立てる脳内メカニズム
「視床下部弓状核で酵素グルコキナーゼが活性化すると、ブドウ糖を多く含む食品をもっと食べたくなり、不活性化するとブドウ糖リッチな食品の摂取量は減少する」ことが、英国Imperial College Londonの研究チームから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/04 09:21
第808回 健康関連の研究についてのプレスリリースは誇張が多い
健康関連ニュースにおける誇張報道/センセーショナリズム/過大警告の問題は、メディアやジャーナリストだけでなく、大学や組織から発表されたプレスリリースにも大きな責任があるようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/30 23:04
第807回 運動強度が食欲に及ぼす影響
低中強度の運動をすると血糖値が低下し、食欲が亢進すると云うのが通説ですが、『標準体重/過体重/肥満者のどなたでも、運動消費カロリーが同じであれば、運動強度が異なっても食欲反応は同じである』ことが、ノルウェーNorwegian University of Science and Technology/St.Olavs Hospital-Trondheim大学病院/英国Leeds大学/コペンハーゲン大学/英国Surrey大学/オーストラリアQueensland University of Tec... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/28 19:05
第806回 2014年『世界で最も美しい顔100人』
コーヒーブレイク♪(^.^)  ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2014/12/28 08:18
第805回 GLP-1/GIP/グルカゴンのTriple Agonistは肥満および糖尿病を改善する
米インディアナ大学、独ヘルムホルツ協会・ミュンヘン研究所、米シンシナティ・カレッジ・オブ・メディスン大学らによる齧歯動物を使った共同研究で、新たに開発した3つの消化管ホルモン(GLP-1、GIP、グルカゴン)合成分子を投与すると、グルコース感受性の改善/食欲の抑制/カロリー消費の向上が認められ、成人発症性の糖尿病、肥満、或いは脂質異常が改善したことが報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/27 13:43
第804回 ウエストラインに最も有効なのは筋トレ?
Obesity 19 DEC 2014 Weight training, aerobic physical activities, and long-term waist circumference change in men ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/12/25 15:13
第803回 n-3系αリノレン酸は心血管疾患リスクを低減させる
植物性ω-3脂肪酸(αリノレン酸)は海洋性ω-3脂肪酸(EPA+DHA)と同等に心血管疾患リスクを低下させることが米国Pennsylvania州立大学の研究で分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/25 14:20
第802回 多価不飽和脂肪酸n-3系EPA/DHAの血管作用
EPA/DHAリッチな高脂肪食が食後の脂肪血と酸化ストレスマーカー血漿中8-isoのレベルに及ぼす効果について、King's College Londonから試験結果の報告がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/22 05:28
第801回 トランス脂肪酸は記憶力を悪化させる
米国心臓学会が主催する Scientific Sessions 2014で、「トランス脂肪酸は生産年齢の成人でも記憶力が悪化する」ことが、米国California大学San Diego校の研究者から報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/21 11:21
第800回 低GI値の食事をしてもインスリン感受性/コレステロール/血圧は改善しない
高グラセミック指数の炭水化物食に比較して低グラセミック指数レベルの炭水化物食を続けても、インスリンリン感受性/脂質レベル/収縮期血圧は改善しなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/19 18:44
第799回 減量すると体脂肪は何処に行くの?
肥満率が世界的に右肩上がりに増加し、健康やダイエットへの関心が高まっている中で、一般市民のみならず一般開業医/栄養士/パーソナルトレーナーの間においても、減量の代謝プロセスについての無知や誤解が広がっているのは驚くべきことである。 . 大半の人が脂肪はエネルギー又は熱に変換されると信じている。これは質量保存の法則に違背します。このような誤解はエネルギーのイン&アウトを信条とし、エネルギー産生に焦点を当てた大学の生化学講座が原因になっていると思われる。その他の誤解として、脂肪の代謝... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/18 20:28
第798回 Sugarは塩分より高血圧や心臓病への影響が大きい
Added sugar(添加sugar)=Added rsk ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/17 07:17
第797回 人工すい臓は従来型インスリンポンプより血糖コントロールに優れている?
1型糖尿病患者用の人工すい臓には、“グルコースレベルに合わせて自動的にインスリンを送り込むシングルホルモン人工すい臓”と“インスリンとグルカゴンの両方を自動的に送り込むデュアルホルモン人工すい臓”の2種類があるが、いずれも従来型のインスリンポンプ療法よりも血糖コントロールに優れていることがカナダMontréal大学IRCMの研究チームから発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/14 06:07
第796回 食後脂質異常症は膵α細胞不全をもたらす
本論文はオーストリアMedical University of Innsbruck/Hospital of Barmherzige Brüderによる研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/13 12:29
第795回 座位時間が各部位の体脂肪蓄積に及ぼす影響
2型糖尿病リスクが高い人達では、座位姿勢での行為は心臓、肝臓および内臓脂肪と相関するそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/11 19:16
第794回 低強度身体活動は思春期女子の脂質過多症と相関する
長時間のTV視聴や座位時間など、ごく低強度の活動の持続が寿命や脂質・糖代謝異常と云ったヒトの健康事象に影響を及ぼすことが、近年になって相次いで報告されてきた。主に座位姿勢、あるいは横たわった姿勢で行われる活動として特徴づけられる様々な行動はSedentary behavior (SB)と呼ばれ、運動疫学・身体運動科学の注目を浴びる事象となっている。近年新たに提案されたSBの定義に従って、一定の活動強度を下回る活動をSBと見做すことで、加速度計を用いた客観的な測定が疫学的研究に於いて推... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/09 13:34
第793回 有酸素運動 vs 生活活動
有酸素運動を励行しても、生活活動が不活発になったり、座りがちになったりはなどしないことが、米国Duke大学メディカルセンター/Florida大学Virginia大学/Tufts大学ら共同研究チームから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/07 13:45
第792回 運動時の摂取水の温度が代謝性熱産生に及ぼす影響
カナダOttawa大学から、中程度強度運動中に冷水の代りに温水を飲んでも、体温調整の優位性はないことが報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/05 18:46
第791回 運動強度/運動時間 vs 免疫反応
運動は免疫力を高めますが、やり過ぎは逆効果と言われています。 免疫反応の低下は運動強度 or 運動時間どちらに影響されるのだろうか? 試験管や動物による先行研究は山ほどありますが、今回の論文はin vitro(ヒトの生体)での初めての研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/03 11:12
第790回 筋収縮モーターユニットの活性化(低強度 vs 高強度)
レジスタンストレーニング歴が十分な男性の低強度負荷 vs 高強度負荷トレーニングによる筋肉の活性化を比較した研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/01 06:48
第789回 コンプレッションウェアは筋トレ後の筋力回復を促す
研究目的: レジスタンスエクササイズ後のコンプレッションウェア(CG)24時間着用が筋力と血液パラメータ及ぼす影響について調査することである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/30 18:24
第788回 筋疲労の回復にはストレッチ or アイシングどちらが効果的?
研究目的: 特に高強度活動中の合間のインターバル休憩で、筋疲労を効果的に回復させることはその後のパフォーマンス低下を来たさぬようにするために重要であり、その方法としてはストレッチとアイシングが挙げられます。しかし、エビデンスが不十分で、且つ、先行研究の結果にもバラツキがあるのが実状で、依然として有効性は明らかになっていません。そこで、ストレッチとアイシングが筋収縮と休憩を繰り返す被験者の筋疲労に及ぼす影響を明らかにするために本研究を行いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/29 17:32
第787回 運動後の冷水浴による回復効果はプラセボ?
オーストラリアVictoria大学からの研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/26 20:20
第786回 米国糖尿病学会が推奨する栄養療法(脂質)
“米国糖尿病学会が推奨する栄養療法” について、『脂質の項目に関する補足説明』の部分を和訳します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/26 15:57
第785回 カロリー表示義務が全米に拡大
オバマ政権は25日、20以上の店舗を持つレストランはメニューに商品のカロリーを表示しなければならないとする最終表示規則を発表した。2010年の医療費負担適正化法(ACA)の一環であるこの変更で、ニューヨーク市とシアトル市でのカロリー表示義務が全米に拡大することになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/26 15:46
第784回 加糖飲料は青少年の代謝に悪影響を及ぼさない?
米国ミズーリ大学の研究チームから、適量の高果糖や高ブドウ糖入りの飲料を短期間(2週間)飲んでも、体重が安定しアクティブな青少年(15歳〜20歳)の代謝健康に特異的な影響を殆ど及ぼさなかったという報告がありました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/11/26 12:19
第783回 加糖は子供たちの血圧と中性脂肪に悪影響する
sugar freeは“sugar含まず”の意ですが、free sugarと書くと“遊離糖”を指します。 この論文で対象となっているadded sugarsとは、砂糖(table sugar)ではなく食品に添加される全ての単糖類と二糖類を指し、食品に天然に含まれるsugarは対象外となっています。ここではadded sugarsは“加糖”と訳しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/26 12:13
第782回 適量の飲酒による健康効果は一部の人だけ?
『適量の飲酒は冠動脈性心疾患リスクを減少させるが、特異遺伝子型を持つ僅か15%の人たちのみである』ことがスウェーデンGothenburg大学から報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/25 07:22
第781回 米国糖尿病学会が推奨する栄養療法(飲酒)
“米国糖尿病学会が推奨する栄養療法” について、『アルコールの項目に関する補足説明』の部分を和訳します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/23 21:57
第780回 人気ダイエットの減量効果は五十歩百歩!
今般、カナダMcGill大学がAtkins(低炭水化物)、South Beach、Weight Watchers、Zoneの4つの人気ダイエットを比較検討しましたが、減量効果について特定のダイエットが他より優れていること同定するには、現在のデータでは不十分であることが示されました。。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/11/18 19:31
第779回 赤肉はなぜ心血管疾患リスクを高めるのか?
赤肉に含まれるL-カルニチンを、腸内細菌が心臓病の発症リスクを高める代謝物にどのように変えるかについての詳細が新研究で示された。この研究は2014年11月4日付けでCell Metabolismに掲載された。この研究結果は、心血管の健康を守るための新たな戦略につながる可能性がある。  ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/11/17 06:59
第778回 心血管疾患予防のための脂質摂取ガイドライン(飽和脂肪酸)
飽和脂肪酸と心血管疾患リスクとの関係は栄養分野で注目の話題になっていますが、カナダでは心血管疾患予防についての統一された食事ガイドラインがありません。 そんな中で、カナダLaval大学の研究者が、飽和脂肪酸についての食事勧告をレビューするよう要請しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/15 10:03
第778回 乳がんの予後治療に運動および鍼治療が有効
米国AbramsonがんセンターとPennsylvania大学による二つの新研究は、がん関連の痛みや腫れに苦しむ乳がん生存者に希望を与えるものであり、予後治療として筋力やボディイメージを高める方法を示している。 この研究は、癌患者の最大利益に意を注ぎ様々な治療を組み合わせた統合腫瘍学に焦点を当てるJNCI Monographs誌に発表された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/14 12:50
第776回 身体活動が増えると抑うつ症状が減少
抑うつ症状と身体活動の間には、身体活動レベルが高まるとうつ症状が減り、逆にうつ症状が増えると身体活動レベルが減るという双方向性の関係があることが英国のバースコホートを50歳まで追跡した前向きコホート研究の結果として示された。英London大学のSnehal M. Pinto Pereira氏らが、JAMA Psychiatry誌電子版に2014年10月15日に報告した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/11 12:54
第775回 腎機能の維持/向上には生活習慣の見直しが必要!?
我が国の人工透析患者数は2012年末で30万人を超え、なお増加の一途をたどっています。人工透析導入の原因疾患は糖尿病性腎症、慢性腎炎、腎硬化症をはじめとする慢性腎臓病(CKD)が存在しています。新規透析導入患者を減少させるためにはCKDのリスクをできるだけ早期に軽減することが重要であり、そのためには早期発見と生活習慣への早期介入が重要となります。しかし、CKDの発症・進展に生活習慣がどのように関わっているのか、生活習慣の是正により腎機能の改善や進行予防が可能であるのか否かについては不... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/11 12:47
第774回 高脂肪/低炭水化物食は成人の難治性てんかんにも効果がある
米国Mid-Atlantic Epilepsy and Sleep Centerのレビューで、ケトン産生食や修正アトキンス食のような高脂肪/低炭水化物食が、成人の難治性てんかん患者の発作を減じる可能性があることが示され、American Academy of Neurology発行の医学誌Neurology(2014年10月29日オンライン版)で発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/11 06:37
第773回 どんな食事でも摂取量<消費量にしなければ痩せない!
タンパク質食は満腹感をもたらし、且つ、熱産生へ好影響するという理由から、減量には高タンパク質食がポピュラーとなっている。そこで、本研究では、タンパク質を過食すると食餌誘発性熱産生(DIT)にどのように影響するか調査が行われた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/08 23:39
第772回 Dietの基本はカロリー制限
高GI値のジャガイモは減量には不向きとされているが、米国カリフォルニア大学デービス校とイリノイ工科大学による共同研究で、ジャガイモを食しても減量出来ることが報告され、“減量には特定の食品を排除することではなく、カロリーを低減することが重要である”ことが再確認された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/08 15:43
第771回 急激に減量すると体重は直ぐに元に戻るというのは都市伝説
現行の食事ガイドラインでは、急速に減量すると直ぐに元の体重に戻るという理由で、時間をかけて地道に減量することが奨められているが、豪メルボルン大学のJoseph Proietto教授が率いる研究チームから、これに待ったをかける研究結果が報告された。 昨年1月にも米医学誌New England Journal of Medicineに、『短期間で一気に減量するのは、ゆっくり時間をかけて地道に痩せるよりも効果が薄いと言うのは神話である』『確かに食事制限の減量効果は大きいが、一般人がダイエットを行... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/04 15:39
第770回 セリアック病 vs 骨折リスク
フィンランドTampere 大学、Seinäjoki中央病院、英国Nottingham大学の研究者は、セリアック病/非セリアック病の人たちの骨折発生率を比較した16研究を解析し、セリアック病と骨折が関連していることを報告した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/02 09:03
第769回 牛乳をたくさん飲むと骨折/死亡リスクが高まる?
スェーデンUppsala大学およびKarolinska研究所の共同研究で、牛乳の高摂取は男女の死亡リスク増と関連し、女性では骨折リスク増と関連性があることが報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/30 17:12
第768回 Look AHEAD追跡調査(骨量減少)
本論文はNew England Journal of Medicine(2013; 369: 145-154)で発表されたLook AHEADリサーチのサブ解析です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/26 10:28
第767回 栄養療法
『健康的な食生活』、『定期的な身体活動』、および『薬物療法』が糖尿病管理の三大要件とされています。その中で栄養療法について、世界最大の糖尿病の研究所と言われる米ジョスリン糖尿病センター/肥満臨床プログラム/糖尿病入院患者管理部門の医長で、ハーバード医科大学の助教授を兼任し、更に、減量を通じて糖尿病管理の改善を図る “Why WAIT program” にダイレクターとして関っているDr Osama Hamdyの所見を紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/23 11:57
第766回 人工甘味料は腸内細菌を変容させ耐糖能異常を起こす
イスラエルWeizmann Institute of Scienceの免疫学学部Dr Eran Elinav及びコンピュータサイエンス & 応用数学学部のEran Segal教授の研究室による共同研究で、市販の人工甘味料Sucrazit(サッカリン5%含有)、Sucralite(スクラロース5%)、Sweet’n Low Gold(アスパルテーム4%)を米国食品医薬局が認める使用量を水に混ぜてマウスに投与し、水のみ/水+グルコース/水+ショ糖を与えたマウスと比較したところ、人工甘味料... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/19 18:14
第765回 砂糖代替品イソマルツロースが糖代謝に及ぼす影響
三井製糖の商品名パラチノースで知られるイソマルツロースは、ショ糖に転移酵素を作用させて結合の仕方を変えたものです。本研究はイソマルツロースvsショ糖がグルコース代謝に及ぼす影響を比較評価したものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/19 18:07
第764回 揚げ物を頻繁に食べると妊娠糖尿病リスクが高まる
揚げ物を週7回以上食べる女性は、週1回未満の女性に比べて妊娠発症リスクは約2倍だそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/19 17:58
第763回 循環血漿量 vs ナトリウム含有量
循環血漿量とは血管内の水分量のことです。下痢を起こさず循環血漿量を増やすドリンクに含まれるナトリウム量について、筑波大学の研究報告がEuropean Journal of Applied Physiologyに掲載されたので紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/18 10:00
第762回 ADVANCE試験:血圧降下および血糖値コントロール追跡評価
2型糖尿病患者の血圧と血糖値の厳格な管理が血管合併症に及ぼす影響を評価するために実施されたADVANCE試験では、心血管リスクが高い2型糖尿病患者の死亡率が血糖値の強化療法で高まったACCORD試験とは異なり、心血管死亡率および全死因死亡率の増加は認められなかったことは既に報告されている通りです。今回の研究はADVANCE試験後6年間の追跡評価についての結果報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/13 07:31
第761回 高強度インターバルトレーニング vs 心臓自律神経機能
高強度インターバルトレーニング及び有酸素運動が中年男性の心臓自律神経機能に及ぼす効果について、英国London South Bank/フィンランドTurku大学etcによる共同研究チームからの報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/10 07:00
第760回 脂質は血糖値を高める
世界最大の糖尿病の研究所である米国Joslin Diabetes Centerのブログに、 “Why Does Fat Increase Blood Glucose?・・・どうして脂質が血糖値を高めるのだろうか” という記事が掲載されているので紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/03 07:09
第759回 中強度ランニング vs 低強度ウォーキング
運動強度が食後高脂血症に及ぼす影響について試験した結果、断続的な低強度ウォーキングより中強度ランニングの方が効果的であることが報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/29 05:03
第758回 加工肉を食べると死亡リスクが増大する
ポーランドWarsaw University of Life Sciencesの研究論文によると、ビーフ、ポーク、ヴィールなどフレッシュな赤肉は大丈夫だが、ソーセージ、ホットドッグ、コールドカット、ハム、レバーパテなど加工肉を食べると短命化につながるそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/26 11:01
第757回 運動後に筋肉を局所冷却するとPGC-1α遺伝子発現が高まる
運動は哺乳動物の器官系に多くの利点をもたらし、その中でも筋肉への影響は、転写co-activatorであるPPAR-γ co-activator-1 α (PGC1-α)に媒介されることが知られています。今回の論文は、運動後の筋肉冷却とPGC-1α遺伝子発現に関する報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/25 07:31
第756回 糖質制限+高脂肪(飽和脂肪酸)ダイエットは死亡リスクを高める
低炭水化物食で炭水化物を脂質に置き換える場合、脂肪酸の種類によって全死因死亡率や心血管疾患(CVD)死亡リスクが異なることが示された。オランダUniversity Medical Center UtrechtのMarjo Campmans氏が、第50回欧州糖尿病学会(EASD2014、9月16〜19日、ウィーン開催)で発表した。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/09/23 14:16
第755回 筋トレ vs 有酸素運動による成長ホルモン分泌
「筋トレをすると成長ホルモンが分泌され脂肪分解が昂進するので、筋トレをしてから直ぐに有酸素運動を行うと脂肪が燃焼しやすい」という話はウソです。 米国陸軍省環境医学研究所によれば、有酸素運動1-2時間、筋トレ1-2時間、運動なし(対照群)の5つのグループに分けて成長ホルモン分泌を調べた結果、成長ホルモンは有酸素運動2時間のみで高まり、筋トレ群は運動なし群と違いがなかったそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/22 11:49
第754回 インスリン感受性の改善には有酸素運動よりHIITがお奨め!
ウィーンで開催の欧州糖尿病学会2014(2014年9月16日〜20日)で、高強度インターバルトレーニングは、有酸素運動よりもインスリン感受性を改善することが報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/21 06:31
第753回 超低炭水化物食が運動能力と耐性に及ぼす影響
30%カロリー制限した超低炭水化物食が肥満成人の運動能力と運動耐性に及ぼす長期効果について、University of South Australia大学のThomas P. Wycherley博士らから報告がありました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/09/19 07:33
第752回 寄る年波には勝てぬ!?
百練トライアスリートの加齢とサイクリング効率/スプリント出力との関連性についての研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/17 06:52
第751回 高タンパク質食は高血圧リスクを下げる
「タンパク質を多く摂取すると収縮期血圧および拡張期血圧が下がる」、「1日当たり100g摂取すると高血圧リスクは40%低下する」ことが、Boston 大学メディカルセンターのLynn Moore博士らの研究で分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/16 06:54
第750回 RCTを再分析したら違う結論が出た!
『先行RCT(ランダム化比較試験)を再分析したところ、35%の研究が治療されるべき患者数やタイプに関しオリジナルの論文とは異なる結論に変わった』ことが米国スタンフォード大学から報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/15 08:51
第749回 人気ダイエットの減量効果を比較した
どのダイエット法も減量効果に大した違いはない! ダイエットで大事なことは継続であり、各人が続けられそうなものを選べば良い! 行動支援や運動はダイエット効果を加速させる! これはカナダMcMaster大学の Bradley C. Johnston博士らからの研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/09/12 13:49
第748回 ハーブ/サプリは肝臓損傷をもたらす
ダイエット食品業者は、「ハーブを主成分としたサプリメントは、減量期のボディビルダーやアスリート或いは一般女性でも、安全で効果的に脂肪を燃焼させることが出来る」とPRしていますが、ハーブやサプリメントによる肝臓損傷が此処10年で7%から20%に増えていることが、米国アインシュタイン医療センターのDr Victor Navarroらの調査で分かりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/10 06:47
第747回 バイアグラ vs 悪性皮膚がんリスク
“バイアグラを使うと悪性黒色腫メラノーマの発症リスクが84%高まる”ことが、ハーバード大学医学大学院/ハーバード大学公衆衛生大学院(栄養学科)/Indiana大学ら共同研究チームから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/08 06:41
第746回 パイプカットは前立腺がんリスクを高める
ハーバード公衆衛生大学院から、全ての前立腺がんのリスクは、精管切除(パイプカット)によって10%高まることが示された。その内訳としては、悪性度の低いがんでは有意なリスク増は認められなかったが、進行性がんでは20%、致死性がんでは19%高まった。PSA検査を受診していた男性では、致死性前立腺がんリスクは56%高まった。若い年代での精管切除による影響がより大きい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/07 05:35
第745回 筋肉と代謝量についての都市伝説
筋肉が1ポンド増える毎に、代謝量は1日当たり50〜100kcal増幅する!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/03 18:07
第744回 糖質制限ダイエットに朗報
“低炭水化物食は低脂肪食に比べて、一年後の体重および心血管リスク因子が低減した”ことが、米国チューレーン大学医療センター公衆衛生熱帯医学大学院のLydia A Bazzano博士らから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/02 14:45
第743回 ロシア美人考
ロシアよもやま話 ♪(^.^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/01 06:03
第742回 .乳製品の降圧効果
“乳製品を1日3サービング食べると男性には降圧効果がある”ことがカナダLaval大学の研究チームから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/01 05:41
第741回 メタ解析の落とし穴
メタアナリシスは分析戦略の違いによって結論が大きく変わることがフランス国立研究所から報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/31 12:57
第740回 研究論文についての豆知識・・・正しく読むコツ
Endpoint: 治療行為の有効性を示すための評価項目のこと。臨床試験(治験)でのエンドポイントは、治療の目的に合っており、なおかつ、客観的に評価できる項目が望ましいとされている。臨床試験における治療行為で本来求めたいアウトカムは、死亡率の低下、疾患の発症率の低下、QOLの向上、副作用の低減などであり、これらの評価項目は、真のエンドポイント(true endpoint)と呼ばれる。しかし、それらを治験の期間内で評価することは難しいため、一般には、血糖値、血清脂質値、腫瘍サイズ、血... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/31 12:47
第739回 トランス脂肪酸
基礎知識 不飽和脂肪酸の割合が高い油脂は常温で液体の油になり、逆に飽和脂肪酸の割合が高い油脂は常温で固体の脂肪になることが知られています。そこで、不飽和脂肪酸の割合が高い植物油や魚油を原料として常温で固体の油脂製品を製造する場合には、不飽和脂肪酸にある炭素−炭素二重結合の一部に水素を付加(部分水素添加)することで二重結合の数を減らし、飽和脂肪酸の割合を増やすことによって脂肪酸の融点を上げて、固体又は半固体状の油脂にする方法があります。これを「硬化処理」といい、この方法で製造された油... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/31 10:38
第738回 お腹いっぱいになり1日の摂取カロリーが減る新ダイエット食品
食物繊維は水溶性と不溶性に二大別され、Viscosity(粘性)/fermentability(発酵性)/fecal-bulking(糞量膨化性)/water-binding(水結合性)の特質を持っている。 今般、粘性繊維と全粒高アミロースとうもろこし粉で作られた食品を朝食で食べることで、“満腹感を高めて当日のトータル摂取カロリーが減る”ことが、英国Liverpool大学から発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/30 06:55
第737回 トマトは前立腺がんリスクを低減させる?
トマト製品を週に10人前以上食べる男性は、前立腺がんを発症するリスクが18%低いという研究結果が、英国のBristol大学/Cambridge大学/Oxford大学による研究チームから報告された。前立腺がんは、世界の男性に二番目に多いタイプのがんで、英国では毎年35,000件の新たな症例と約1万人の死亡が報告されている。前立腺がんは先進国でその率が高く、一部の専門家は西洋風の食生活やライフスタイルに関連があると見ている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/30 06:42
第736回 新陳代謝の意味を誤解していませんか?
あなたは新陳代謝を正しく理解していますか? 健康や美容の分野では、単純に古いものが新しいものに入れ替わることを新陳代謝と表現していますが、実は、新陳代謝=Metabolism=代謝なのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/29 14:16
第735回 腹部脂肪と太腿脂肪が膝関節に及ぼす影響
大腿部の脂肪は量的に僅かではあるが、腹部脂肪と同様に膝関節力と有意な関連性があることが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/29 10:34
第734回 ブドウ糖+果糖入りのブレンド飲料はパフォーマンスを高めるか?
ブドウ糖+果糖入り飲料がタイムトライアルと胃腸障害発症に及ぼす影響について、男性サイクリストを被験者として調べた研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/29 06:08
第733回 世界で最も酒飲みの国は?
コーヒーブレイク♪(^.^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/28 12:33
第732回 ビタミンD欠乏 vs 認知症リスク
英国Exeter大学医学部Dr David Llewellynらによる65歳以上の高齢者を対象とする研究結果によると、中程度のビタミンD欠乏では、すべての種類の認知症発症リスクは53%増加したが、深刻なビタミンD欠乏では125%も増加することが判った。この傾向はアルツハイマー病についても同様に見られ、ビタミンDの中等度欠乏では69%の増加に対し、深刻な欠乏では122%と顕著であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/28 05:35
第731回 インスリン vs 肥満プロセス
肥満、インスリン抵抗性、2型糖尿病マウスにおいてグルカゴンを抑制すると、血糖値は通常のレベルに減少する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/27 12:28
第730回 プロテイン-ロイシンが持久性運動後の筋タンパク合成に及ぼす線量効果
激しい持久性運動後のプロテイン-ロイシン摂取は筋肉タンパク質合成を高め、筋肉パフォーマンスの回復を改善することが分かっているが、少量摂取では効果はあるのだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/27 08:31
第729回 インターバルウォーキング vs 血糖値コントロール
2型糖尿病患者の血糖値コントロールに対する運動効果は知られているが、最適な運動の種類/強度については明らかではなかった。 従来、高強度運動は、2型糖尿病患者には怪我や継続性の観点から推奨されなかったが、高強度運動が血糖値のコントロールに低強度運動よりも効果があることも事実だった。 今般、デンマークのコペンハーゲン大学Dr Thomas Solomonから、『2型糖尿病患者の血糖値のコントロールには、強度(速度)を変えながらのインターバルウォーキングの方が、エネルギー消費量が同等の一定の速... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/26 15:15
第728回 減量で2型糖尿病患者の医療費は年間500ドル節減できる
「過体重の2型糖尿病患者が食事や身体活動によって減量すると、年間平均US$500以上の医療費を節減できる」と言うWake Forest Baptist医療センターによる研究報告が、2014年8月21日付けDiabetes Careで発表された ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/26 15:06
第727回 ハードトレーニングによる感染症リスク
運動をやり過ぎると感染症リスクが高まることは御貴承の通りですが、その予防法が生薬学の専門ジャーナルPhytotherapy Researchに掲載されたので紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/26 09:53
第726回 肉と魚どちらを先に食べたら良い?
肉と魚、先に食べる食品の種類でインクレチン分泌の反応は異なる! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/25 10:41
第725回 減量するには1日に何口分食べるのが最適?
減量したいという際限なき人々の欲求がなくならない中で、研究者らはどのくらいの量をどのくらいのペースで食べているかを測定する道具を開発している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/25 10:28
第724回 インスタント麺は女性の生活習慣病リスクを高める
“ラーメンなどのインスタント麺を週に2回以上食べる女性は、生活習慣病リスクが68%高くなる”というハーバード大学公衆衛生大学院/ハーバード大学医学大学院/ベイラー大学メディカルセンターら研究チームによる研究論文が、2014年8月21日付け栄養学ジャーナル“Journal of Nutrition”に掲載された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/25 06:24
第723回 褐色脂肪の新たなカロリー燃焼スイッチGADD45γを発見
米国スクリップス研究所の生物学者によって、褐色脂肪組織における強力なカロリー燃焼プロセスをスイッチオンするシグナリング経路が同定された。 この研究は “褐色脂肪熱産生”として知られるプロセスを明らかにするものであり、医学研究者は大いなる関心を寄せている。その理由は、褐色脂肪熱産生が自然に体重減少を昂進させるだけでなく、糖尿病を予防すると考えられるからである。 “この知見は褐色脂肪熱産生の治療的活性化に新たな可能性を提供する”とチームリーダーのAnastasia Kralli准教授は語っ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/24 18:31
第722回 レプチンの抗糖尿病効果
1型糖尿病性ケトアシドーシスでは、インスリン欠乏のみならずレプチン低下が起こり、脂肪分解が昂進する。脂肪はグリセロールと遊離脂肪酸に分解され、肝臓での糖新生の基質となる。1型糖尿病ラットモデルにレプチンを補充すると、ケトアシドーシスが改善し、糖新生が抑制されることで血糖値が正常化した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/24 15:40
第721回 過負荷トレーニング vs 超回復
オーバーロードトレーニングによるオーバーリーチング後のテーパリングで、パフォーマンスと最大酸素摂取量の超回復は最大化されるのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/24 12:26
第720回 運動のやり過ぎは心血管疾患死亡率を高める!?
心血管疾患患者の健康管理やリハビリ、或いは高血圧/脳卒中/2型糖尿病などによる死亡リスクを低減するために、ウォーキングやジョッギングなど定期的な身体活動の重要性を示すしっかりした疫学的エビデンスが存在する。米国政府は“身体活動に関するガイドライン”で、週150分の中程度強度の運動若しくは75分の強度の高い運動を提唱している。 しかし、心臓発作の生存者では運動をやり過ぎは心血管疾患による死亡率を高めることが、米国ローレンスバークレー国立研究所Paul T. Williams准教授やハートフォ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/23 05:22
第719回 運動 vs 食事,善玉コレステロールの増加にはどちらが重要!?
Journal of Metabolic Syndrome June28, 2014 Effects of Lifestyle Modifications on Improvement in the Blood Lipid Profiles in Patients with Dyslipidemia ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/22 12:34
第718回 超低炭水化物食 vs 低脂肪食
低カロリーの超低炭水化物・高不飽和脂肪酸・低飽和脂肪酸食(炭水化物14%/1日50g未満、タンパク質28%、脂肪58%/飽和脂肪酸10%未満)と等カロリーの未精製高炭水化物・低脂肪食(炭水化物53%、タンパク質17%、脂肪30%/飽和脂肪酸10%未満)について、2型糖尿病患者を対象として比較した。血糖コントロールやCVDリスクマーカーは両群で改善したが軍配は超低炭水化物に上がった。体重減少では両群で有意な差異はなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/21 16:29
第717回 減塩論争が激しく炎上
米国農務省(USDA)、アメリカ保健社会福祉省(HHS)、及び米国心臓協会(AHA)はナトリウム摂取量を1日当たり1500mg(食塩3.81g)〜2300mg(食塩5.84g)とするよう推奨しています。他方、米国医学研究所(IOM)は2300mg以下にすることに反対の意を表明しています・・・第535回 果てしなき減塩論争 このような状況下で、医学誌NEJMで発表された新研究では、死亡率と心血管イベントのリスクは基準値4000mg〜5990mg(3.1%)、3000mg未満(4.3%)、30... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/21 12:34
第716回 パルスダイエット
「1日に1サービング(1皿分)のインゲン豆・エンドウ豆・ひよこ豆・レンズ豆などを食べると、満腹感が高まりウェイトマネジメントに良い結果をもたらすかも知れない」と云うカナダの聖ミカエル病院による新研究です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/21 04:17
第715回 フィットネスは座り過ぎによる健康への悪影響を和らげる
米国がん協会、Cooper研究所、及びTexas大学の研究者らによると、身体的フィットネスは、座り過ぎによる健康への悪影響を緩和するようである。 座り過ぎ、肥満、心臓病マーカーの関連性は、フィットネスを考慮に入れると顕著に弱まることが新研究で分かり、2014年7月14日付けJournal Mayo Clinic Proceedingsに掲載された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/20 15:39
第714回 頭の体操です! 
コーヒーブレイク♪(^.^)  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/20 13:44
713回 空腹時vs非空腹時LDL-C(悪玉コレステロール)の予後値
現行の各種ガイドラインは、心血管リスク評価を目的としたLDL-Cの評価を、8〜12時間の絶食による空腹時に行うことを推奨している 今般、米New York University School of MedicineのBethany Doran氏らは、長時間の絶食を伴わない非空腹時LDL-Cの全死亡および心血管疾患死のリスク予後値は、空腹時LDL-Cと同等であったとの研究結果を報告し、現行のガイドラインで推奨されている脂質プロファイル検査前の絶食は見直されるきだと提言している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/20 07:24
第712回 低炭水化物+地中海食の有効性(糖尿病)
イタリアUniversity Hospital at the Second University of Naplesから、低炭水化物・地中海食が血糖コントロール/糖尿病治療薬の必要性/2型糖尿病の寛解に及ぼす長期的な影響についての研究結果が報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/19 13:18
第711回 2型糖尿病患者の塩分摂取量 vs 心血管疾患リスク
2型糖尿病患者が塩分を取り過ぎると、心血管疾患リスクが2倍になることが、新潟県立大学人間生活学部の堀川千嘉氏から報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/19 05:33
第710回 運動不足より座り過ぎが循環器系疾患のリスク要因!
米国University of Texas Southwestern Medical CenterのDr Jarett Berryらの研究報告によると、セデンタリー(座りがち)な生活が心血管フィットネスの低下をもたらすようである。座って行う行為を2時間続けると、20分の運動効果を帳消しにしてしまうことが、2014年7月7日付けMayo Clinic Proceedingsで公表された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/18 14:46
第709回 SIRT7は肝臓における脂質の蓄積を制御する
SIRT7はユビキチン-プロテアソーム経路の制御を介して肝臓における脂質代謝を制御する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/18 11:17
第708回 代謝的に健康な肥満は存在する!?
米国医師会は、2013年6月18日に開催された年次総会で、肥満を疾患と認める決定をくだしていますが、ドイツのPhillips University Marburg及びオーストリアのMedical University of Viennaから、これに異論を唱える研究論文が発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/17 07:01
第707回 経口グルコース負荷および静脈注入に対するグルカゴン反応
2型糖尿病患者では、経口グルコース負荷を増やすとグルカゴンの過分泌が認められたが、グルコース静脈注入ではグルカゴン分泌は有意に抑制された。健常者に於いても、経口グルコース負荷を増加するとグルカゴン値は高まった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/16 16:14
706回 ダイエット vs インスリン抵抗性
食欲中枢と快楽中枢 空腹感は摂食行動を促進するアクセル(摂食中枢)であり、満腹感は摂食行動を抑制するブレーキ(満腹中枢)であり、これらの食欲中枢が拮抗的に働くように調整を司っているのが視床下部(間脳)です。つまり、「空腹」とは胃が空っぽの状態のことですが、「空腹感」は空腹でなくても脳によって作られます。逆も真なりで満腹感も同じです。 これら食欲中枢に直接的または交絡的に影響する要因としては、消化管の収縮伸長、血糖値・遊離脂肪酸・各種ホルモンなどによる生理作用、味覚・視覚など五感、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/13 13:12
第705回 白系ロシア人
雑談あれこれ♪(^.^) ロシア通のMGさんより御投稿いただきましたのでご紹介します。 第155回のロシア女性のネーミング(アクセス数3802回)に続く第2作目です。 尚、「ダイエットvsインスリン抵抗性(by Lyle McDonald)」は、予定を繰り下げて次回掲載します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/11 05:39
第704回 ダイエット vs インスリン感受性
既に説明した通りインスリンには諸作用あり、その中の一作用としてストレージホルモンと呼ばれているように、肝臓・筋肉・脂肪細胞での栄養素の貯蔵(ストレージ)への影響に与しているのは間違いありません。従って、定性的に筋量アップに理想的なのは、骨格筋ではインスリン感受性が高く、脂肪細胞ではインスリン感受性が低いことです。つまり、筋肉へのカロリー取り込みが多く、脂肪細胞に体脂肪として蓄積されにくいからです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/31 07:01
第703回 水中歩行運動 vs 消費カロリー
縦一列の水中歩行運動で消費するカロリーが少なくなっていませんか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/26 12:32
第702回 メタボ vs 有酸素運動/筋トレの効果
メタボリックシンドローム/2型糖尿病患者で、メタボリックシンドローム・スコアが有酸素運動+筋トレで79%減、有酸素運動で59%減、筋トレで13%減、対照群では26%増となったことが、Bath 大学/Louisiana State大学 /East Carolina大学 /Duke大学など英米の共同研究チームから発表された。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/07/22 17:34
第701回 イイ女
コーヒーブレイク♪(^.^)  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/18 20:21
第700回 有酸素運動+筋トレ両方やるべき?
オーストリアVienna大学から、「2型糖尿病患者は、有酸素運動や筋トレを単独でおこなうよも、有酸素運動+筋トレの組み合わせで行う方が、血糖値コントロールや血中脂質プロファイルが改善する」ことが報告された。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/07/16 16:53
第699回 BMI/腹囲はカロリー摂取量ではなく身体活動レベルに相関する
スタンフォード医科大学院の研究チームからの報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/16 14:12
第698回 イスラエル軍 vs ハマス
アップデート 2014年7月16日 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/13 19:14
第697回 カロリーはカロリーですか?
「タンパク質の論争」、「炭水化物(糖質)と脂肪についての論争」、更に 「カロリーはカロリー?」についてのエンドレス論議が続いています。 これらの問題点を集約すると、 問題は摂取(in)/消費(out)のカロリーバランスに尽きるのか? それとも、 カロリー源なのか? 手短に答えると勿論“ノー”と言う答えになりますが、もっと詳しく述べると、「論争の主因は、各自が玉石混淆の研究群を引用して議論するからである」と云っても過言ではないでしょう。それでは詳しくお話しましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/13 13:00
第696回 Sugarは体重増加に関係なく心血管疾患に関与する
Sugarとは何か誤解している人たちが多いです! しっかり読んでください! ニュージーランド大学の人間栄養学部Jim Mann教授とDr Lisa Te Morengaが率いる研究チームは、sugarが心臓病のリスク因子に直接的な影響を及ぼし、体重増加に関係なく血圧に影響することを発見しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/07 12:26
第695回 マーガリンが後退しバターが復活
“第555回 トランス脂肪酸の使用を全面禁止へ(米国)” 及び “第24回 マーガリン” で説明したように、欧米ではトランス型脂肪酸が毒物として同定されていることは御貴承の通りです。こんな中で、バターが米国の食品史上最大の復活を遂げています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/05 13:12
第694回 適量なら酒は百薬の長!?
アップデート 2014/7/15 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/02 11:06
第693回 ダイナミックストレッチの効果??
ダイナミックストレッチがハムストリング筋力及びハムストリング/大腿四頭筋のバランスに悪影響を及ぼすことが、カリフォルニア大学サンフランシスコ校Memory and Aging CenterのDr. Kramerら研究チームから発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/01 08:21
第692回 赤肉 vs 心不全リスク
赤肉の加工品を1日75g以上食べる男性は、25g未満の男性に比べて心不全の発症リスクは28%高く、死亡率は2倍以上になることが、スウェーデン・カロリンスカ大学から報告されました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/06/29 08:27
第691回 肥満 vs 肝がん発症リスク
肥満に伴い増加する腸内細菌の代謝産物が、細胞老化関連分泌現象を介し、肝がんの発症を促進する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/28 15:57
第690回 仕事中30分毎に立ったり座ったりすると血糖値が下がる
座りがちだと運動の有無に関らず死亡リスクが高まることが最近の研究で報告されている。 オーストラリアQueensland大学/Monash大学/Western Australia大学/ Deakin 大学/Melbourne大学による共同研究で、30分毎に座位と立位の体位変換することで、血糖値が下がることが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/25 09:25
第689回 ながら族
立ったまま会議をすると、集団の創造的なプロセスを高め、自分の領分に引きこもる傾向を抑制できるようだ。故に、オフィスは、立ったままで仕事をやりやすいデザインにするべきではないかという米国ワシントン大学からの研究報告が発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/24 17:22
第688回 暑い時は熱い飲み物でクーリング
「発汗量は冷たい飲み物と温かい飲み物によって一過性的に変化すること、そしてその変化は体幹温度や皮膚温度に関係なく、而も口内ではなく腹部内の温度受容器によって独立的に調整されるものである」ことが、カナダOttawa大学の研究チームから発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/19 13:10
第687回 朝食を抜くと太る?
American Journal of Clinical Nutrition August 2014 ajcn.089573 The effectiveness of breakfast recommendations on weight loss: a randomized controlled trial By University of Alabama at Birmingham(米国) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/16 17:47
第686回 朝食習慣がエネルギーバランスと健康に及ぼす影響
“朝食あり” or “朝食抜き”と肥満との関連について2つの研究論文を紹介します。 今回は、リーンな成人を被験者として、朝食がエネルギーバランスと健康に及ぼす因果的役割を調べた英国Bath大学による研究報告です。 次回は、過体重および肥満成人を被験者として、朝食が減量に及ぼす影響を調べた米国Alabama大学による研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/14 14:38
第685回 ダイエット vs 科学的根拠(統計学)
社内会議など議論で意思決定を大きくリードするのは、「論理的思考」や「弁舌の才」と言っても過言ではないでしょう。 医療の世界に於いては、かつては弁の達者な医学会の権威者の主張や生物学的ロジックに対して反論の余地がありませんでしたが、現代の医療はEBM(Evidence Based Medicine)と呼ばれ、エビデンスに基づいた医療が最重要視されています。エビデンスとは科学的根拠のことであり、統計学的な実証研究が最も大きな比重を占めています。 ダイエット&フィットネスの分野では、エビデンス... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/05 06:35
第683回 Eco-Atkinsダイエット(ヴィーガン低炭水化物)
“ラクトオボ・ベジタリアン高炭水化物ダイエット” vs “Eco-Atkinsダイエット” 体重減少、中性脂肪、悪玉コレステロールの改善にはどちらが良いか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/03 05:15
第682回 アトキンスダイエット(低炭水化物)をレビューしてみました
アトキンスダイエット アトキンスダイエットとは、炭水化物の摂取量を20〜40gと非常に少なくし、エネルギーとして糖分の代わりに脂肪が使われる状態に誘導するダイエット法で、アメリカ人医師・循環器学者のロバート・アトキンスが考案しました。エコアトキンスダイエットという修正アトキンスダイエットも考案され、これは蛋白質を動物性ではなく植物性で代用したもので、体重減少のみならずアトキンスダイエットではできなかった悪玉コレステロール低減の効果もあるとされています。 これらアトキ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/02 06:43
第681回 インスリン抵抗性における血糖コントロール(新戦略HIITウォーキング)
『1日当たり30分まとめて運動しなくても、Bite-sized(一口サイズ)ならぬsnack-sized(スナックサイズ)の細切れにして、1日3回食事前に高強度で集中的に行うことで、インスリン抵抗性の人でも血糖コントロールを改善し得る』ことが、ニュージーランドのオタゴ大学の研究者から報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/29 13:21
第680回 乳製品の効能
ミルクおよびチーズともに総コレステロールと悪玉コレステロールを下げた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/26 18:39
第679回 高頻度の運動は心血管疾患死リスクを高める
過度の運動と心疾患リスクに関し、前回はスウェーデンの研究論文(心房細動リスク)をご紹介しました。今回ご紹介するのはドイツの研究で、安定冠動脈性心疾患(CHD)患者の予後と身体活動との関係を調べた結果、『余暇の身体活動が週2〜4回のグループに比べて、身体活動を殆どしない or 全くしないグループの予後が最も悪いだけでなく、最も頻度が高い(毎日)グループの心血管疾患(心臓マヒや脳卒中)による死亡リスクが236%(相対リスク2.36, 95%信頼区間1.05〜5.34)だったことが、ドイツがん研究... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/22 08:39
第678回 心房細動リスク vs 年代別身体活動レベル
米国心臓協会(AHA)及び米国心臓病学会(ACC)は、“心血管リスク減少のための生活習慣ガイドライン”で、強度/頻度/時間を増やすように奨励していることは御貴承の通りです。 しかし、過ぎたるは及ばざるがごとしの諺の通り、今般、スウェーデンのカロリンスカ大学病院(Karolinska University Hospital)/Karolinska Institute(カロリンスカ研究所)から、『若い時に高強度の運動習慣があった男性は、高齢になってから心房細動発症リスクが高まる』ことが報告され... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/22 06:50
第677回 男性不妊は死亡率に関連する
正常精液の基準値を纏めると下表の通りとなりますが、精液異常に因る不妊男性は正常男性に比べて早死リスクが高く、精液に2つ以上の異常が認められる不妊男性は、死亡リスクが2.3倍(95%信頼区間1.12–4.65)であることが、米国Stanford 大学メディカルセンターから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/19 05:50
第676回 ネコの咬傷による感染症
飼い猫に噛まれると深刻な感染症にも・・・あまり知られていないリスク! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/19 05:42
第675回 お金持ちほど長生き
平均寿命は所得に比例! お金で愛は買えないかもしれないが時間は買えるようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/18 07:56
第674回 電子タバコ18歳未満に販売禁止
米食品医薬品局(FDA)は、人気の高まっている電子たばこについて、18歳未満への販売を禁止し、FDAからの承認取得をメーカーに義務付けるなど、連邦当局として初の規制案を発表した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/18 06:53
第673回 肥満 vs ウェイトマネジメント
“Weight Management(ウェイトマネジメント)とは、主として食事制限や身体活動によって、肥満防止・減量・減量後の再肥満防止をする”ことです。今回ご紹介する論文は減量後の体重維持についての研究で、肥満外科手術は除外していますが、抗肥満薬は取り組み方の一つとして比較検討しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/17 18:32
第672回 .抗炎症性PDX新発見 vs インスリン抵抗性及び2型糖尿病治療
omega-6系のアラキドン酸代謝物には抗炎症作用を示すものがあり、更にomega-3系のEPAとDHAに由来する脂質代謝産物(リゾルビン、プロテクチンなど)も炎症収束の役割を担うことが最近わかってきた。 今般、カナダ Laval大学医学部、ケベック心肺研究センター、栄養/機能性食品研究所の研究チームは、インスリン抵抗性と2型糖尿病の治療に使用され得る天然分子PDXを発見した。オメガ-3脂肪酸の誘導体である抗炎症性PDXは、運動が血糖調節に及ぼす効果(プロトタイプのマイオカインIL-6作用... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/17 11:28
第671回 疲労の科学
スクワットやデッドリフトで腕はデッカクなるのか?? 正解はご存知ですよね! それでは、 膝屈伸トレで腕は疲れるのか? アームクランクの後ではレッグパワーは落ちるのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/15 05:02
第667回 低炭水化物ダイエット vs 低脂肪ダイエット
“炎症は2型糖尿病や合併症に重要な影響を及ぼすこと”、更に、“炎症性サイトカインTNF-α/IL-6やC-reactive Protein(CRP)はインスリン抵抗性に関与すること”は之までに報告されています。 今般、スウェーデンLinköping大学の研究チームから、『炎症の改善は低炭水化物による食事療法で認められた。しかし、減量効果は低炭水化物食および低脂肪食のいずれも同じだった』ことが報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/10 18:38
第665回 フットストライクは傷害率に影響しない:U.S.Army大研究
膝を痛めたランナーが裸足で50マイルレースを完走するという内容の著書「Born to Run」がフォアフット論争の火付け役になり、ベアフット/ミニマリストの提唱者は、フットストライクと傷害には相関性があり、フォアフット及びミッドフットは、かかと着地に比べて傷害が少ないと主張します。 一般市民ランナーの大半はかかと着地ですが男女別のデータは限られており、而も、かかと着地とミッドフットの傷害の違いについての大規模の研究はありません。その理由は、ランニング傷害の実験に応じてくれる被験者が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/07 16:39
第664回 穀物を食べると心筋梗塞患者の死亡リスク低減
食物繊維をたくさん摂取すると、血糖反応およびインスリン感受性が改善し、短鎖脂肪酸の産生を促し、更に満腹感が高まること、延いては、脂質異常症、高血圧、肥満、糖尿病、末梢血管疾患、冠動脈性心疾患、および脳卒中のリスクが軽減することが、健康人において示されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/07 16:23
第663回 糖尿病患者のエクササイズ vs 死亡率
米国政府が推奨する国民の健康促進のためのエクササイズ指標は、moderate exercise(例えばウォーキング)1日30分 x 週5回、少なくとも週150分、断続的に10分x3回でも可、又はvigorous exercise (例えばランニング)なら週75分以上とされていますが、これでは不十分ではないかとの声が高まっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/06 06:52
第662回 健康なデブは存在せず!
論文を読んでいると“Metabolically healthy obesity”という言葉が散見されます。これを和訳すると“代謝的に健康な肥満”の意になりますが、米国医師会は肥満を疾患と認める決定を下しているので、健康な肥満って有りえない筈です。 御貴承の通り、心血管疾患はメタボリックシンドロームの主たる臨床的帰結(clinical outcome)とされていますが、韓国の成均館大学校の研究者Dr Yoosoo Chang et al.は、心血管疾患を患っていない健康な韓国人を対象として、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/04 08:50
第661回 炭水化物が食欲を抑えるのは何故?
腸内細菌によって発酵する炭水化物の摂取量を増やすと減量効果があると言われていますが、その理由は積年の謎でした。Imperial College London及びMRC臨床科学センターによるマウスを使った共同研究で、その謎を解明する大きな手掛かりが見つかりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/02 05:51
第660回 エルニーニョでもアジアには十分な食料在庫!
. 今年はエルニーニョ現象が再び現れると予想されるが、アジア各国では態勢はこれまでより整っており、食料価格や供給に見られた過去の混乱の再来という懸念は後退している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/01 14:07
第659回 コーヒー vs 2型糖尿病リスク
ハーバード大学公衆衛生大学院 Dr Shilpa et al. による研究で、“コーヒー摂取量を4年間1日当たり1杯以上増やしたら、その後4年間で2型糖尿病リスクは11%減少した”ことが分かり、欧州糖尿病学会(EASD)の学会誌Diabetologiaに掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/29 17:20
第658回 世界は2050年に深刻な食糧危機に直面する!?
米国国際開発庁(USAID)の首席サイエンティストによると、世界はあと40年足らずで国民や政府に深刻な影響を与える食料不足に直面する可能性が高いそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/28 15:01
第657回 カロリー摂取量とスタチン使用の経時的傾向(米国)
スタチンとは、コレステロールの合成速度を制御する薬剤で、高コレステロール血症の治療薬として世界中で広く使用され、動脈硬化のペニシリンとも呼ばれます。 スタチンを飲んでいると云う安心感から、ついつい食べ過ぎてしまうという逆効果の傾向がみられることが、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究で分かりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/26 06:34
第656回 赤肉の鉄分 vs 心血管疾患リスク
解説: 赤肉を頻繁に食べると心血管疾患リスクが増大することが示されています。 “第448回 カルニチンは動脈硬化を促進させる” で説明したように、米国クリーブランドクリニックのStanley Hazen博士らの研究では、赤肉やエナジードリンクに含まれるカルニチンが、コレステロールの代謝を阻害しアテローム性動脈硬化を促進するトリメチルアミン-N-オキシド(TMAO)の血中濃度を高めることが示されました。 今般の米国インディアナ大学ブルーミントン校によるメタ解析では、肉にのみ含まれるヘム鉄... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/04/25 12:55
第655回 肥満 vs 胎児死亡、死産、および乳児死亡のリスク
母体のBMIが増えると、胎児死亡、死産、周産期死亡、新生児死亡、幼児死亡のリスクが高まる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/25 07:44
第653回 トランスパルミトオレイン酸は体内でも作られる
“トランスパルミトオレイン酸は食事性バクセン酸から体内で生成される”ことがドイツのフリードリヒ・シラー大学イェーナから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/24 05:03
第652回 小児肥満 vs タンパク質
解説 オーストラリアAdelaide大学などによる研究で、生後1ヶ月で体重が40%以上増えた子供は、15%しか増えなかった子供に比べて、6歳児でのIQが平均して1.5ポイント高いことが報告されています。他方、乳児期の急速な体重増加が、その後の肥満リスクを増大させるというネガティブな研究報告も多々あります。例えば、ドイツDr. von Hauner Children's Hospitalからは、「母乳で育てると粉ミルクに比べて肥満リスクは20%減少すること」、「生後1年間に低タンパクの粉ミル... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/23 20:36
第651回 アミラーゼと肥満の関連性
消化酵素アミラーゼの遺伝子コピーが少ない人は肥満リスクが高い! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/22 17:44
第650回 糖尿病合併症の発症率
米国では、糖尿病合併症は減少しているが、糖尿病の有病率が増加している。 日本では、糖尿病予備軍は減少しているが、糖尿病の有病率が増加している ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/20 20:40
第649回 野菜と果物を多く食べると死亡リスクが減少する
年齢に関係なく野菜と果物を沢山食べると死亡リスクが低減する! 1日に7人分以上食べると、がん及び心臓病に因る死亡リスクは、それぞれ25%/31%減少する! 果物より野菜の方が有益である! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/20 08:22
第648回 褐色脂肪細胞が白色脂肪細胞化するメカニズム
過食すると、白色脂肪組織に中性脂肪として蓄積されるだけでなく、『褐色脂肪細胞を取り巻く毛細血管が損なわれる→ミトコンドリアが低酸素状態となる→ミトコンドリアが機能不全となる→脂肪酸を燃焼して熱を産生出来なくなる→褐色脂肪細胞の衰えが全身の代謝疾患をもたらす』ことが、米ボストン大学医学部より報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/18 12:41
第647回 糖質制限すると攻撃的な性格になる
配偶者に怒りを覚えていませんか? 血糖値を調べてください! 血糖値が低くなると配偶者に対する怒りが増幅するようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/16 10:55
第646回 食事性硝酸塩は安静時代謝率を下げる
食物の無機硝酸塩は、健康と病気における代謝機能の調節に影響を与える可能性がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/14 13:58
第643回 高脂肪で飽和脂肪酸の多い食事は乳がんリスクを高める
The Journal of National Cancer Institute Apr9 2014 Dietary Fat Intake and Development of Specific Breast Cancer Subtypes ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/12 11:34
第642回 タンパク質の適正摂取について
米国事情についてハーバード大学公衆衛生大学院の所見を要訳して紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/09 19:41
第641回 タンパク質はバルジの戦いの重要兵器
バルジの戦いとは、第二次世界大戦の西部戦線におけるドイツ軍の最後の大反撃です。バルジ(Bulge)とは「出っ張り」を指す英語で、ドイツ軍の進撃により戦線の一部が突出したことからアメリカ軍が名付けました。ダイエット分野では『肥満との戦い』と言う意味で使われています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/08 16:12
第640回 ダイエット飲料が寿命縮める可能性も・・・
2014年3月30日に開かれた米国心臓病学会(ACC)の年次学術集会で、ダイエット炭酸飲料を1日に2本以上飲む高齢の女性は、ほとんど飲まない女性より心血管疾患になる確率が30%、関連疾患で死亡する確率が50%それぞれ高いという調査結果が発表された。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/04/08 15:40
第639回 カロリー制限 vs 老化/死亡率
『カロリー制限は死亡率と加齢に伴う疾患リスクを抑える』ことが、米国ウィスコンシン大学マディソン校による25年間の長期研究の結果として示されました。 写真左はカロリー制限している27歳のCantoで、右はカロリー制限せず好きなだけ食べている29歳のOwenです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/06 08:26
第638回 BMIと全死因死亡率
死亡リスクはBMI<23で高まる。 故に、過体重よりも寧ろ体重減少に注意を払うべきである。 BMI<18.5だと死亡リスクは1.8倍! BMIが30〜34.9の肥満では1.2倍! BMI≧35以上の重度肥満では1.3倍! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/04 13:38
第637回 肥満パラドックス in Japan
日本循環器学会で、日本人の心不全患者においても「肥満パラドックス」が当てはまることを示唆する研究結果が報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/04 12:28
第636回 ウォーキング vs スロージョギング
同じ時間運動するなら、 ウォーキング? それともスロージョギング? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/04/02 11:24
第635回 脂肪酸 vs 冠動脈疾患リスク
多価不飽和脂肪酸を積極的に摂取し、飽和脂肪酸は抑えるよう推奨している現行のガイドラインに待ったをかける研究報告が発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/01 07:33
第634回 高脂肪食の回数を増やすと代謝性疾患リスクを高める
<解説> 食事を小分けにして回数を増やすと、『青少年のダイエットに有益であること・・・第438回の食事回数 vs 肥満』、『糖尿病に関する研究で減量効果があること』、更に『DIT(食事誘導性熱産生)/総消費量/安静時代謝量は変わらないが、血漿LDLコレステロール、総コレステロール、インスリン濃度と正相関する。又、空腹感を和らげる・・・第138回の食事回数を増やすと肥満解消できる? 』と云ったメリットがあることが示されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/29 15:46
第633回 4日間の過酷なダイエットで体脂肪2.1kg減少
「過酷な運動と食事制限を組み合わせて、4日間で体脂肪が2.1kg減少し、LBMは2.8kg減少した」ことが、スペインLas Palmas de Gran Canaria大学の研究チームから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/28 09:24
第632回 睡眠時間と慢性疾患の関連性
米国保健福祉省傘下のアメリカ疾病管理予防センターCDCによる、“睡眠時間と冠動脈性心疾患(CHD)/脳卒中/糖尿病との関連性”、ならびに“肥満と精神的苦痛が及ぼす影響“についての研究結果が、ジャーナルSleepに掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/28 08:58
第629回 脂肪肝と内臓脂肪に影響を及ぼす食事の決定的要因
脂質と揚げ物を沢山食べると“脂肪肝”リスクが増大する! Sugarを増やし食物繊維を減らすと“内臓脂肪”が増える! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/23 09:35
第628回 生活改善+肥満治療薬の併用で減量効果アップ
生活改善に加えて肥満治療薬を併用するとより大きな体重減少をもたらされ、1年後には臨床的に意義のある減量を達成できる可能性が高まること、更に12週の経過時点で5%以上の減量を達成できなかった場合、長期的な投与を中止することで患者の肥満治療薬リスクと費用負担を減じ得ることが示された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/22 21:14
第626回 体組成値が安静時エネルギー消費量とインスリン抵抗性に及ぼす影響
減量および増量中の体組成が安静時エネルギー消費量とHOMA-R指数(インスリン抵抗性)に及ぼす影響について、ドイツChristian-Albrechts大学/Hohenheim大学の研究報告を紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/21 11:29
第625回 ピーナツアレルギー
カナダでピーナツアレルギーの15歳の少女が、おやつにピーナツバターのスナックを食べた彼氏とキスし死亡したこと、亦、同じくピーナツアレルギー18歳のマンチェスター大学生が、宅配のインドカレー(メニューにナッツオイル使用の表記がなかった)を一口食べただけで発作を起こし、意識不明のまま死に至ったことがニュースで報じられましたが、『ピーナツアレルギーの子供に経口免疫療法が効果的である』『妊娠中にピーナツやツリーナッツ類を摂取すると子供のアレルギー予防に役立つ』という二つの研究を紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/21 08:04
第624回 地中海食には2型糖尿病発症の予防効果がある
健康に良いといわれる地中海食にオリーブオイルをたっぷり加えた食事を4年以上継続摂取すると、2型糖尿病の発症リスクが約4割低下することが、多施設ランダム化比較試験(RCT)PREDIMEDのサブグループ解析の結果として示された。スペインカルロス三世保健研究所のJordi Salas-Salvado氏らが、Annals of Internal Medicine誌2014年1月7日号に報告した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/20 07:35
第623回 高タンパク質 vs 死亡リスク
『高タンパク質の食事は、50〜65歳の人では総死亡率が高まるが、逆に65歳を超える人では長寿につながる』ことが、南カリフォルニア大学の研究チームから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/17 14:24
第622回 高齢者は動物性たんぱく質多めが良い?
『高タンパク質、特に動物性たんぱく質の多い食事にすると、男性高齢者の身体的・心理的・社会的機能を高いレベルで維持する一助となる』という研究結果が、国立健康・栄養研究所/東北大学/帝京大学らから報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/17 13:55
第621回 マルチビタミンサプリはお金の無駄遣い
Enough is enough! 栄養不足でない人がビタミン+ミネラルのサプリを摂取しても効用はありません! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/14 15:21
第620回 カルシウム+ビタミンDサプリは脂質プロファイルを改善する
米国心臓、肺、血液研究所(NHLBI)による Women's Health Initiative研究で、“1日当たりカルシウム1000mg+ビタミンD 400IU” のカルシウム・ビタミンDサプリメントを長期に摂取すると、閉経女性では血漿25OHD3濃度が高まり、悪玉コレステロール、善玉コレステロール、中性脂肪が改善することが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/14 15:11
第619回 ウォーキングの歩数とストライド vs 体組成値
Journal of Physical Activity & Heath JPAH Volume 11, Issue 1, January Steps That Count: The Association Between the Number and Intensity of Steps Accumulated and Fitness and Health Measures ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/06 10:53
第616回 肥満の遺伝的リスクと満腹感メカニズム
多遺伝子リスクスコア(肥満リスクの遺伝的変異体)が多い子供はBMIとウェスト周りが大きく、更に重要なこととして、この子供たちは満腹感(充足度)が低いことが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/20 15:27
第614回 アイリスインは生物学的年齢を予見する
血漿アイリスイン濃度は健常な成人のテロメアの長さを予見することが、英国Aston大学から報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/19 18:21
第613回 有酸素性トレーニングは疼痛耐性を高める
“中程度の強さの有酸素性トレーニングを6週間することで、健康促進および疼痛耐性が高まる”という研究結果が、Exercise & Sports Science Australiaの Dr Ben Barryらから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/18 20:24
第611回 水中運動 vs 陸上運動
水中運動と陸上運動では身体の反応は違うのか? エネルギー消費量に明らかな差はないが、水中運動は陸上運動に比べて運動中の心拍数が低く、主観的なきつさが高い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/16 11:10
第610回 ダイエット中の高タンパク質の食事 vs Ca恒常性/骨代謝
健康な青少年に於いて、エネルギー収支が欠損(摂取量<消費量)しているとき、高タンパク質食がカルシウム恒常性と骨代謝にどのように影響するのかについて調べたRCA研究論文です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/15 20:05
第609回 ニュー・ノルディック・ダイエット(北欧食)
お腹が出っ張った20〜66歳の男女を被験者とした26週間のNew Nordic Diet(北欧食)の減量効果が発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/15 07:11
第608回 朝食と身体活動の関係
American Journal of Clinical Nutrition February 2014 vol.99 no.2 361-368 “Breakfast consumption and physical activity in adolescents: daily associations and hourly patterns1” ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/15 07:02
第607回 乳製品 vs インスリン抵抗性
全脂肪乳製品に含まれる特定の血漿脂質クラス(リゾホスファチジルコリン及びリゾ血小板活性化因子)とリン脂質脂肪酸は、インスリン感受性と相関し、インスリン抵抗性とは逆相関することが、オーストラリアのBaker IDI心臓及び糖尿病研究所およびMelbourne大学から報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/15 06:54
第605回 卵は1日1個?
中程度60gのたまご1個のコレステロールは252mgですから、卵1個で1日の推奨量の84%になってしまいます。このため卵は長い間 “悪者” 扱いされてきました。 最近ではトランスワールドジャパン出版の単行本“なるほど!食の新常識”、或いは、全国鶏卵消費促進協議会/日本卵業協会/那須ファームなどのブログ記事で、“1日に2〜3個食べた方が良い”と奨められています。 しかし、そこでは“最近の研究によると”と云うだけで、推奨を裏付ける研究論文名が明らかにされていません。 扨て、どちらが正しいの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/14 10:44
第604回 赤肉が炎症と糖代謝に及ぼす影響
赤肉と総死亡率/糖尿病/がん/心血管疾患などのリスクが相関することは多くの研究で示されている通りです。今般、米国ハーバード公衆衛生大学院&メディカルスクール、シンガポール国立大学らによる共同研究で、“女性の赤肉摂取と炎症及び糖代謝のバイオマーカー”の関係が明らかになりました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/02/14 08:06
第602回 寒冷による震えが脂肪を燃焼させる
寒さによる震えと適度な運動は同じように、“白色脂肪(蓄積)を褐色脂肪(燃焼)に変換させる”という研究報告が、National Institutes of Health(NIH:アメリカ国立衛生研究所)より発表された。寒さに身をさらすと、筋肉からアイリスイン、褐色脂肪からFGF21と呼ばれるホルモンが分泌され、これらのホルモンが脂肪細胞を刺激し、体脂肪を燃やす作用のある褐色脂肪を作り出すことが、6日間の実験でわかったそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/09 18:43
第601回 減量効果における糖質制限ダイエットの優位性??
等カロリー摂取での糖質制限の減量効果の優位性を示すために、イスラエルの DIRECT研究(2年間の食事介入試験+4年間の追跡調査)が頻繁に引用されますが、この機会におさらいの意味で内容をレビューしてみましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/04 15:30
第599回 エクササイズ vs 食品イメージに対する中枢反応
英国Birmingham 大学/Aberdeen大学/Imperial College London/Johns Hopkins大学ら共同研究で、「Vo2max70%の強度の高い有酸素運動をすると食欲は抑えられ、且つ、脳の報酬系領域は高カロリー食品に対しては非活性化し、低カロリー食品に対しては活性化する」ことが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/30 10:12
第597回 ビタミンD剤は疾患予防の効果なし
ニュージーランドAuckland大学のDr Mark Bollandらは、『40件のRCT解析の結果、ビタミンDサプリには、健康な一般住民の心疾患、脳卒中、癌、骨折など健康障害のリスクを有意に低減させる利点は無い』との研究結果を、英医学専門誌The Lancet(2014年1月24日付け)に発表しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/27 11:23
第596回 減量後の体重維持
減量維持には "one size fits all strategy" はありません。 万能で画期的な特定戦略は存在せず、ダイエットの基本「よく体を動かすこと、体重測定を励行すること、低脂肪の食事をすること、食べ過ぎないようにする事」が成功の秘訣だそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/26 13:51
第595回 カロリー摂取量が減少(米国)
米農務省が 2014年1月16日に発表した調査報告書によると、米国民のカロリー摂取量が減少し、家で食事を取ることが多くなっていることが分かった。同時に、米国の肥満の問題は依然深刻ではあるものの、悪化が止まったとみられる新たな証拠が示されたが、米ハーバード大学(Harvard University)が詳細に調べたところ、米国における過去10年間の若者の肥満者の数は、裕福な家庭では減少したが貧困層の家庭では逆に増加したことが明らかにされた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/24 09:50
第593回 肥満パラドックス
“過体重/肥満の2型糖尿病患者は、標準体重の患者に比べて総死亡率が低い”と云う所謂「肥満パラドックス」は存在しない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/21 16:35
第590回 2013年『世界で最も美しい顔100人』
コーヒーブレイク♪(^.^)  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/24 22:05
第589回 NYで電子タバコ禁止!
アップデート 2014.1.18 公共の場所、レストラン、バー、オフィスビルでの喫煙は、通常の煙草と同様に電子タバコも禁止する条例が、ニューヨーク市議会で可決された。 ノースダコタ州、ユタ州、ニュージャージー州では既に禁煙場所での電子タバコの喫煙は禁止されており、ロスアンジェルスとシカゴも追随の予定とのことです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/24 16:49
第588回 電子タバコ vs ニコチンパッチ
電子たばこは禁煙に有用か? 電子タバコの有用性を検討した臨床試験の結果が、バルセロナで開催された欧州呼吸器学会で、ニュージーランドUniversity of AucklandのChristopher Bullen氏らから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/24 16:46
第587回 肩身の狭い愛煙家
喫煙者の雇用で1人当たり年間56万円の負担増―米研究 たばこ休憩や医療費などによる損失額 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/24 16:40
第586回 ハイテクランニングシューズ
ランニング中の怪我については、 前回の記事 でも取り上げましたが、独Fraunhofer研究所は、特に不整地での着地や疲労時に生じやすい捻挫や足首関節の怪我などを防止するため、ハイテクランニングシューズを共同開発中で、2015年初め頃には販売可能になる見込みだそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/23 13:00
第585回 ランニングシューズ vs 傷害発生率
ニュートラルシューズ(Nike Pegasus 28)、パーシャルミニマリスト(Nike Free 3.0 V2)、フルミニマリスト(Vibram 5-Finger Bikila)を比較実験した結果、傷害が最も少なかったのはニュートラルシューズだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/22 11:08
第584回 レプチンはインスリン欠損による代謝異常を防ぐ
レプチンは視床下部における神経ネットワークを介しインスリンの欠損による高血糖および致死を防ぐ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/22 08:50
第583回 朝食と血糖コントロール(T2DM)
2型糖尿病の成人は、1日の摂取量が等カロリーの条件下で、タンパク質と脂質が多いビッグサイズの朝食にすることで血糖コントロールは改善する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/21 08:17
第582回 ナッツ類に2型糖尿病の血糖コントロールを改善する効果
アーモンドやビーチナッツ、ぎんなん、くるみなどのナッツ類に、2型糖尿病の血糖コントロールを改善する効果があることが示された。無作為、対照食事試験の系統的な解析結果から示唆されたもので、カナダSt.Michael's HospitalのJohn L.Sievenpiper氏らが、12月2〜6日にメルボルンで開催された世界糖尿病会議2013(IDF-WDC2013)で報告した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/19 09:13
第581回 抗菌石鹸の効用と安全性???
清潔志向の強い日本人! 抗菌を謳った石鹸、化粧品、台所用品などが巷に溢れています。 しかし、アメリカ食品医薬品局‎(FDA)の微生物学者Colleen Rogers博士によれば、“一般医薬品として売られている抗菌石鹸が、普通石鹸や水洗いよりも抗菌効果があるという科学的エビデンスは存在しない。逆に、主成分のトリクロサンが人体に悪影響を及ぼすリスクがある”そうです。 この様な状況下で、ついに米当局が規制強化に踏み切りました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/17 23:29
第580回 健康的な食事にするには一人当たり150円の追加出費が必要
これまで米国、フランス、日本など10ケ国で行われた27件の研究のシステマティックレビューを実施し、健康的な食事と余りヘルシーでない食事との価格差、一食当たりの価格差、カロリー当たりの価格差、栄養素当たりの価格差などを比較しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/14 14:14
第579回 白米食 vs 玄米食の血糖改善効果
白米が糖尿病リスクを高めることは、 “第70回 白米食は女性の敵” で書きました。 今般、メルボルンで開催された世界糖尿病会議で、インドのV.Mohan氏らは、「糖尿病ハイリスク者を対象に白米ベースの食事と玄米ベースの食事で無作為比較試験を実施したところ、玄米食群の方が24時間血糖値、および空腹時インスリン値が有意に低下する」ことを報告しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/14 13:12
第578回 インスリン投与量が多い1型糖尿病の夜間低血糖リスクが減少
1型糖尿病の中でインスリン投与量が多い患者に対しても、持効型溶解インスリンアナログ製剤インスリン デグルデクはインスリン グラルギンと同等の血糖降下作用を示し、夜間低血糖の発現は有意に少なかったと、12月6日までメルボルンで開催されていた世界糖尿病会議2013で、米Endocrine and Metabolic ConsultantsのHelena W. Rodbard氏らが発表した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/13 18:39
第577回 食べ過ぎ vs 高脂肪/高sugar食品
米国臨床栄養学会誌(AJCN) December 2013 vol. 98 no.6 1377-1384 “Relative ability of fat and sugar tastes to activate reward, gustatory, and somatosensory regions” ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/12 11:03
第576回 太り過ぎのあなたのダイエットの邪魔をするのは?
インスリン抵抗性と炎症マーカーを有する肥満者は、減量し難くリバウンドしやすい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/12 08:27
第575回 1日置きプチ断食ダイエット
Alternate Day Fasting Diet(ADF=1日置き断食ダイエット)とは、カロリー制限のバリエーションの一つで、24時間は摂取量を極端に制限or絶食し、翌日24時間は普通に食べるパターンを繰り返すダイエット法のことです。 ADFが体重減少(12週間で5%減)や体組成の改善に効果的な戦略であること、更にADFに運動を組み合わせると減量効果(12週間で7%減)が高まったことが報告されていますが、この併用療法が摂食行動や摂取量にどのように影響し、それら行動変化が減量効果を如何に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/10 14:36
第573回 高血糖 vs 記憶障害
MRI検査をすると一目瞭然で分かることですが、認知症の患者は脳の海馬が小さくなっています。老化に伴いそれなりに縮小しますが、高血糖が認知能力を低下させることが、ベルリンCharité医科大学の Dr Agnes Flöel et alから報告されました。 「第551回の糖質制限ダイエットvs減量効果」の中で、原文 “Higher glucose levels associated with lower memory and reduced hippocampal m... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/09 11:13
第572回 エナジードリンクは心臓への負担増大
肉体疲労時の栄養補給などを目的としたエナジードリンクと呼ばれる栄養ドリンク剤は、世界的規模で売り上げを急激に伸ばしていますが、多くの有害事象や死亡例が報告されています。このような中で、カフェインとタウリンを大量に含んだエナジードリンクを飲んだ健康な成人は、1時間後の心臓収縮率が有意に増えていることが、世界最大の放射線学会である北米放射線学会(RSNA)年次総会で発表されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/08 09:30
第570回 ナッツの摂取頻度が高いほど死亡リスクが低い
ナッツの摂取頻度が高いほど、全死因死亡、癌死亡、心血管疾患死亡、呼吸器疾患死亡のリスクが低いという逆相関関係が、2つの大規模コホート研究の解析結果として示された。米Harvard大のYing Bao氏らが、NEJM誌2013年11月21日号に報告した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/06 10:56
第569回 生活習慣改善 vs CVD発症/死亡リスク
糖尿病ハイリスク者を対象に、1年間の身体活動量と食事の改善が心血管疾患(CVD)の発症に及ぼす影響を検討したところ、10年間推定CVD発症リスクは減少したが、10年間推定死亡リスクは変わらなかったことが示された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/06 10:52
第568回 1日6食小分けより朝昼2食の方が減量・血糖管理に効果あり
2型糖尿病患者にとってカロリー制限は不可欠であり、一般的には1日の摂取カロリーを5〜6回に分けて、少しずつ食べる方法が推奨されている。しかし、1日6回の小分けと朝昼2回の2種類の方法で、食事制限のクロスオーバー試験を実施したところ、朝昼2食の方が6食小分けよりも減量効果が大きく、空腹時血糖やインスリン感受性なども有意に改善したことが示された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/05 13:11
第567回 低血糖の再発はデグルデク投与で増加せず
持効型インスリン製剤を投与する場合、低血糖の再発に対する注意が必要となる。 持効型溶解インスリンアナログ製剤であるインスリン デグルデクについて、2型糖尿病患者を対象とした第3相臨床試験のデータを事後解析した結果、対照薬であるインスリン グラルギンに比べてデグルデクは作用持続時間がより長いにもかかわらず、低血糖の再発リスクの増加はみられなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/05 13:09
第566回 胃バンディング術
高度肥満を伴う2型糖尿病患者に対する肥満外科手術は、内科的治療よりも短期間で高い治療効果が得られることが報告されているが、その推奨基準はBMI35kg/m2以上の患者となっている。しかし、オーストラリアのMonash UniversityのJ.Wentworth氏らが、この推奨基準に達しないBMI25〜30kg/m2の2型DM患者を対象に胃バンディング術を実施したところ、2年後の寛解率は48%で、やはり内科的治療群(8%)よりも有意に高かった。これらの結果は、12月2日メルボルンで開幕した世... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/05 13:07
第565回 美容整形手術
顔のしわ、鼻、眉毛、まぶたなどの美容整形で、見た目はどれだけ若返るのでしょうか? 米医学誌JAMA Facial Plastic Surgery(2013年8月1日)に掲載された調査結果によると、 美容整形手術によって外見は平均3.1歳(範囲:−4.0歳〜9.4歳)若返ったものの、魅力や美しさはそれほど増していなかったことが明らかになりました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/12/04 11:08
第562回 心血管・脳卒中予防に関連するガイドライン
米国心臓協会(AHA)と米国心臓病学会(ACC)および関連学会は心血管・脳卒中予防に関連した4つのガイドラインを2013年11月12日付けで同時発表しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/29 21:36
第561回 腹部・ヒップ・大腿部の肥満を徹底解明 Part4
脂肪組織の内分泌機能における性差 脂肪組織は総称してアディポカインと呼ばれる多数の産物を分泌します。その中で主要なアディポカインは、 レプチンとアディポネクチンの二つです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/11/28 09:23
第560回 腹部・ヒップ・大腿部の肥満を徹底解明 Part3
臀部・太ももの脂肪 vs 代謝リスク 臀部・太ももの脂肪が代謝リスクと関連するメカニズムはあきらかになっていません。 しかし、臀部・太ももの脂肪組織の貯蔵容量は、身体中央部の脂肪量レベルの決定に役割を演じていると考えられます。 非肥満女性における最近の無作為化対照試験では、脂肪吸引で太ももの脂肪を除去すると、腹部に優先的に脂肪が再蓄積しました。このことは、末梢部での脂肪貯蔵が、中央部の脂肪部位の拡大を防いでいることを示唆しています。 このような "脂肪の再分布"が、長期的に代... ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/11/26 17:33
第559回 腹部・ヒップ・大腿部の肥満を徹底解明 Part2
体脂肪と脂肪分布の性差 肥満指数(BMI)が同じでも、女性の体脂肪率は男性に比べて、一般的に約10%高い。 一般的に、男女共に年齢を重ねていくにつれて体脂肪率は増加しますが、女性は生涯を通じて全体的に男性よりも体脂肪率が高いのが特徴です。 性別と人種が相互作用することも明らかにされており、白人と比較してアフリカ系アメリカ人は男女ともにBMIが高く、脂肪量も同レベルです。 BMIや画像処理技術で測定して総脂肪レベルが同じでも、女性は腹部やヒップ・大腿部により多くの白色脂肪組織を... ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/11/24 14:29
第558回 腹部・ヒップ・大腿部の肥満を徹底解明 Part1
男女の肥満および人体各部位への脂肪組織の分布に、性差、年齢、遺伝子、ホルモン、代謝、エピジェネティック(後成遺伝子)などの諸要因がどのように絡んでいるかについて、米国Boston薬科大学のKalypso Karastergiou博士らによる研究結果が、Biology of Sex Differencesに掲載されているのでご紹介します。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/11/21 11:24
第557回 糖質制限ダイエット vs インスリン
久しぶりにヤフー知恵袋を覗いてみました。 一部の “糖質カット狂信者”と称される人たちの、非科学的かつ独善的で、而も品位を欠く横暴な言動がひときわ目立ちます。おまけに某医師の糖質制限ダイエット本をクドイほど紹介しているのも見るに忍びません。 このような中で、特定少数の優良回答者の皆さんの御活躍ぶりに、衷心よりエールを送りたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/15 06:44
第554回 ナビスコ・オレオを食べると止まらない!?
どうしても食欲に勝てない! それは単なる意志力の問題に過ぎないと断定する人もいます。 しかし、根性論で正面から克服しようとしても、ついつい食べてしまう。 何故でしょうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/07 11:05
第551回 糖質制限ダイエット vs 減量効果
糖尿病患者を被験者とした研究でも、低炭水化物食と高炭水化物食では減量効果の違いがない事が、欧州糖尿病学会で発表されました。一般的なダイエットに拡大解釈しても差支えはないと思料します。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/10/24 19:53
第549回 筋トレ中断がパフォーマンスに及ぼす影響
muscular strength(筋力)はスポーツ・パフォーマンスの主たる決定因子です。 筋繊維タイプ、筋断面積、筋肉構造など筋の形態変化と運動単位の動員数の増加やインパルスの発火頻度の増加などを含めた神経一筋の機能的変化との2つの主要因が相互作用し、大きな力を生み出します。 今回は、筋トレ中断が筋力・パフォーマンスへ及ぼす影響についての研究を紹介しますが、本題に入る前に、先ずは語句の説明をしておきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/18 18:50
第548回 米国糖尿病学会が推奨する栄養療法
健康的な食生活、定期的な身体活動、および薬物療法は、糖尿病患者の管理における3大要件となっています。今般、米国糖尿病学会(ADA)は2008年に発表された成人糖尿病患者の栄養療法に関する見解表明をアップデートし、各項目のエビデンスレベルをA・B・C・Eのグレード方式で表記しています。なお、今回の表明文には、2型糖尿病の予防および糖尿病合併症/妊娠糖尿病の管理に関する栄養療法は含まれていません。 因みに、原文では各項目に対して詳しい補足説明が加えられていますが、長文となるのでその部分の和訳は... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/17 04:46
第547回 間食するならアーモンド!
日本では3時のおやつの習慣が根付いており、米国では97%の人が少なくとも1日1回は間食すると云われています。間食それ自体は悪い事ではないのですが、問題は不健康なものをついつい食べ過ぎてしまうことです。 アーモンドが最近TVでも取りあげられ、アンチエイジングに効果を持つビタミンE、ビタミンB2、タンパク質、善玉コレステロールを維持し悪玉コレステロールを制御する一価不飽和脂肪酸(オイレン酸)、食物繊維、及びカルシウム/鉄/リン/カリウム/マグネシウム/亜鉛等のミネラルを豊富に含んでいる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/13 20:04
第546回 多機能体重計スマートスケール
インターネット接続機能を備えたスマートスケールを活用し、体組成値の変動をモニタリングすることでダイエット効果が期待できることが報告されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/12 16:39
第545回 ビタミンDサプリメントを常用しても骨は丈夫にはならない!
健康な一般成人が骨粗しょう症の予防のためにサプリを常用しても無駄であることが、ニュージーランドAuckland大学Ian R Reid教授らから報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/12 15:00
第543回 チキンナゲットの正体
チキンナゲットは、鶏肉の小片または鶏ひき肉を塊にして、バターやパン粉をまぶして調理した料理だと信じていました。しかし、米ミシシッピ大学のDr. Richard D. Deshazoら3名が、ミシシッピ州最大の都市ジャクソン在の二つの大手フードチェーンのチキンナゲットを調べた処、『一店のものは、筋肉は約50%、残りは脂肪、血管、神経、皮、内臓』、『もう一店は、筋肉はたったの40%で、残りは脂肪、軟骨、骨のかけら』、おまけにどちらも高カロリーで、塩分や砂糖が多く含まれ、実に不健康なものであること... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/09 07:46
第540回 運動 vs 薬剤・・・効果的なのはどちら?
運動と疾患リスク低減ならびに長寿との関連についての各種記事が、学術誌の紙面を賑わせています。本ブログでも多くの関連記事を掲載してきました。 直近の研究報告としては、2013年9月30付けの米国心臓協会のジャーナル誌 Hypertensionに “Exercise can lower high blood pressure risk” と言うタイトルで、運動と高血圧リスクについての研究結果が報告されています。その内容を簡単に紹介しますと、『高血圧は心血管疾患や腎臓疾患のリスク因子ですが、身体... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/04 19:28
第537回 人気記事Best100
ウェブリブログの人気ランキングは毎日更新されており、当ブログも総合トップ100に出入りするようになりました。最高位は29位です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/03 12:31
第535回 果てしなき減塩論争
米国農務省(USDA)およびアメリカ保健社会福祉省(HHS)は、成人のナトリウム摂取量を1日当たり2,300mg(食塩5.84g)、但し年齢51歳以上で高血圧、糖尿病、慢性腎臓病を有するサブグループの人たちは1,500mg(食塩3.81g)とするよう推奨しています。 米国心臓協会(AHA)は、基本的に米国農務省(USDA)/アメリカ保健社会福祉省(HHS)の考え方を支持していますが、成人/子供を問わず全国民に対し1,500mgとするよう推奨しています。 他方、米国医学研究所(IO... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/01 06:32
第534回 運動時の水分補給
現行ガイドラインは持久性アスリートに “発汗量に見合った水分補給” を推奨しているが、間違っているようだ! 運動時に体重の2%の水分が失われると、体温と心拍数が上昇し、パフォーマンスが低下するとされているが、“0%、-2%、‐3%のいずれの状態でも、直腸温を除いて心拍数・皮膚温・自覚的運動強度に差異が無かった”ことが新研究で報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/27 09:16
第532回 脂肪を蓄積させるASP
(Acylation Stimulating Protein)と言っても、初心者にはきっと馴染みのない単語でしょう。 ASPは主として脂肪組織から分泌され、「グルコース輸送の促進」や「脂肪酸の再エステル化および脂肪分解の阻害の昂揚」などを介して、脂肪組織での中性脂肪の蓄積を亢進させる作用を有していることが報告されています。このため、肥満や2型糖尿病などメタボリックシンドロームの治療における標的分子として注目されています。 しかし、受容器やシグナル経路など作用機序については未だ十分に解明さ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/26 07:58
第531回 消費エネルギー vs 睡眠段階
一夜の消費エネルギーは睡眠段階で変わらない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/23 17:13
第524回 コメの砒素濃度
米消費者団体が発行する有力誌「コンシューマー・リポーツ」は、1日に1回の頻度でコメを食べると、体内のヒ素濃度が少なくとも44%上昇する可能性があるという調査結果を公表し、コメの摂取量の制限を勧告しました(2012年9月) 同年同月に米食品医薬品局(FDA)もコメおよびコメを使った食品約200種類のヒ素濃度に関する調査の速報値を発表し、ヒ素濃度はコンシューマー・リポーツの調査とほぼ一致していたが、「現時点でのデータや科学文献から判断すると、コメとコメ製品について消費行動を変えるよう促すに足る... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/15 08:19
第523回 腸内細菌が代謝に及ぼす影響
肥満/痩身の一卵性双子の腸内細菌をマウスに移植した。 その結果は? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/13 07:35
第522回 エクササイズ vs 呼吸器疾患による死亡率
走れば走るほど呼吸器疾患による死亡リスクは低下する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/10 08:47
第521回 過度な運動 vs 死亡率
近年、過度の運動による健康への悪影響が懸念される中、2013年5月27日付けのウォールストリ−トジャーナルに、 “マラソンはチーズバーガーと同類で健康に悪影響か” と言う記事が掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/07 10:22
第519回 レジスタンスエクササイズ vs 血管増殖
レジスタンスエクササイズは血管内皮前駆細胞と血管新生因子を増やす。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/04 15:47
第518回 肉摂取 vs 死亡率
特に米国では赤肉の摂取が問題となっています。 日本ではどうでしょうか? ソウル淑明女子大学、シアトルFred Hutchinson癌研究センター、ニューヨーク医科大学、広島放射線影響研究所、日本国立がんセンター、そのた多数からなる共同研究チームから、『アジア諸国では赤肉と死亡率との関連性が認められなかった』と云う研究報告が発表されました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/09/03 14:59
第517回 腸内細菌 vs 関節リウマチ
関節リウマチ患者の腸内細菌叢は健常者と異なることが明らかに! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/02 12:09
第516回 腸内細菌 vs 肥満
腸内細菌叢は肥満者の健康を左右する! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/01 16:26
第515回 果物と2型糖尿病リスク
ハーバード大学公衆衛生大学院(栄養学科)は、“Healthy Eating Plate(ヘルシーな食事献立)”、“What should I eat?(何を食べたら良いの)”で、色とりどりの果物を食べるように推奨していますが、果物の種類までは言及していません。 米国ハーバード大学公衆衛生大学院、英国ケンブリッジ大学、ハーバード医科大学、国立シンガポール大学らの共同研究は、個々のフルーツと2型糖尿病との関連性を明らかにしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/30 14:41
第513回 フォームローラーの効果
フォームローリングは、パワーを損なわずに可動域を増すことが出来るので、ランニング前のスタティックストレッチングの代わりに良いと云われていますが、激しい運動後の回復ツールとしても有用であることが、カナダのNewfoundlanメモリアル大学より報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/23 13:29
第512回 自己報告と速度計測定との大きな違い
大規模な観察研究において、“自己報告ベースの摂取カロリーが不正確性である”ことは随所で触れましたが、消費カロリーについても同様です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/18 13:55
第511回 CKD合併2型糖尿病と食事
「ヘルシーな食事、飲酒、タンパク質、塩分摂取」が2型糖尿病患者の慢性腎臓病(CKD)発症と進行に及ぼす影響についての研究報告です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/15 13:52
第510回 睡眠不足は食品への渇望を高める
米国カリフォルニア大学バークレー校による『睡眠不足は、食欲と満腹感を評価する脳領域の活動を低下させ、渇望に関連する領域での脳活動を活性化させる』との研究結果が、 “The impact of sleep deprivation on food desire in the human brain” というタイトルで、 Nature Communications(Aug6 2013)に掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/11 05:33
第509回 糖質制限 vs カロリー制限
Q:炭水化物制限の方が総カロリー制限より減量効果が大きい。○かXか? A:答えはXである! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/07 15:31
第508回 高GI食品 vs 摂食行動
「白パンやジャガイモなどグリセミック指数(GI値)の高い炭水化物を食べると、お腹が減りやすく、報酬・渇望に係わる脳領域の活動が高まる」ことが、米国ボストン小児病院のDavid Ludwig博士より報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/01 09:17
第507回 食事改善 or 運動どちらが減量に効果的ですか?
「食事のみ」および「食事+運動」共に体重減少と代謝プロファイルの改善をもたらした。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/30 16:41
第506回 ノーカロリー清涼飲料水 vs 肥満
ノーカロリー清涼飲料水は意外にも代謝障害を誘発する! 米国パデュー大学の科学的心理学の教授で行動神経科学者であるSusie Swithers博士から、ダイエットソーダは、肥満→糖尿病→心臓病へと健康上の問題に関連することが報告されました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/27 06:16
第505回 朝食抜き vs 冠動脈疾患リスク
米国成人の13%が朝食抜きで86%が間食している。 朝食抜きと深夜食の冠動脈疾患リスクについての観察研究の結果が発表された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/26 07:12
第504回 カロリー欠損でも筋量アップする??
ダイエッターの理想として、食べたものは全て筋肉に取込まれ、運動で使われるエネルギーは全て体脂肪であれば申し分ありません。しかし、人間の体はそのように都合よくは作られておらず、減量すると体脂肪だけでなく筋肉も減少します。 遺伝的に高P-Ratio、つまり “余剰カロリーは筋肉>脂肪へ、減量で減るのは脂肪>筋肉” といった比率の恵まれた人も稀にいますが、残念ながら非凡たる我々はそうではありません。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/24 07:20
第503回 朝食前の運動が脂肪減少にベスト??
朝食前の運動が減量にはベスト? 摂取量<消費量でも筋量アップは出来る? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/22 23:46
第501回 不規則な食事 vs 糖尿病リスク
食事の回数と肥満についての研究は数多く報告されていますが、2型糖尿との関連についての研究は限られています。 ハーバード公衆衛生大学院のRania A Mekary女史(research associate)ら研究チームから、「朝食が不規則な女性は、毎日規則正しく食べている女性より、2型糖尿病リスクが1.2倍だった」ことが報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/19 07:49
第500回 遊離脂肪酸 vs 食生活/身体活動
健康的な食生活/身体活動を励行すると、内臓脂肪型の肥満男性の血漿中の遊離脂肪酸の恒常性に好影響をもたらした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/17 05:32
第499回 咀嚼回数 vs 糖尿病
咀嚼回数を多くしてゆっくり食べることで糖尿病を予防できる! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/15 07:18
第496回 黒茶は血圧変動を低下させる
Western Australia大学ら研究チームにより、黒茶を飲むと血圧変化が低減することが報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/10 13:41
第495回 野菜と果物を食べない人は早死にする
1日5サービング食べた人に比べて、食べなかった人は3年短命で死亡率は53%高かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/02 18:27
第492回 カトラリーが味覚に及ぼす影響
カトラリーとはナイフ・フォーク・スプーンなど食卓用の器具を指します。 お皿のサイズとカラー及びフォーク・ナイフ・スプーンの重さ、サイズ、カラー、形状を変えることで食べ物の味覚が変わるそうなので、カロリー計算が出来ない人たちの食生活改善の一助になるかもしれません ♪(^.^)v  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/30 21:15
第490回 低炭水化物食を続けると死亡リスクが増える!?
近年、減量法や糖尿病治療として、炭水化物の摂取量を減らす低炭水化物(糖質制限)食が注目されている。その効果については、どのように理解すればいいのだろうか? 2013年6月26日付け日経メディカルに、国立国際医療研究センター病院 糖尿病・代謝・内分泌科医長の能登洋氏の所見が掲載されています。結論として、1〜2年間の低炭水化物食は血糖コントロール・減量の点で検討に値するが、長期的には生命予後が悪化する可能性があると述べています。 詳細については、こちらを参照してください! 低炭水化... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/29 05:39
第489回 身体能力 vs 心臓突然死
高齢者は、全身持久力だけではなく、筋力、バランス能力、歩行能力などの身体能力も維持・向上させる必要がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/28 08:30
第488回 自律神経の改善には活発な運動を1日20分以上!
わが国は、現在、他の国では類を見ない人口の高齢者が進んでいます。それに伴う医療費の増大は、国の財政を圧迫しています。そのような加齢に伴う疾病の罹患率の増大の背景には、身体活動の減少が原因すると考えられています。高齢者は、若年者に比して、 日常生活の身体活動が30%以上少ないことが報告されており、その結果、有酸素能の低下や筋肉量の減少を介して、様々な健康障害が引き起こされると考えられています。従って、健康長寿を実現するためには、日々の日常生活の中で効果的な運動を習慣化する必要があります... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/28 08:25
第485回 肥満を病気と認定!
米国医師会は、2013年6月18日に開催された年次総会で、肥満を疾患と認める決定をくだした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/26 12:15
第484回 ポッチャリ型はホントに死亡率が低いのか???
長寿の秘訣とは何か? 熟睡と一小四多なり! 一小四多とは、小食・多出・多働・多忘・多接である! やっぱり先人の知恵が正しいのでしょうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/26 12:10
第483回 果糖 vs 肝障害
カロリーコントロールしても、果糖は肝障害を引き起こすことが、サルを使った実験で判明した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/25 21:53
第482回 アルコール vs パーキンソン病
飲酒量とパーキンソン病の関係を検討した結果、パーキンソン病リスクは、生粋の「ビール党」では酒量が増えると低下し、ウイスキーや焼酎などの「蒸留酒党」では酒量が増えると高まることが、アメリカの国立衛生研究所(NIH)傘下の国立環境衛生科学研究所(NIEH)より報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/24 08:33
第481回 代替医療に警鐘!
代替医療とは、通常医療の代わりに用いられる医療という意味で、各種サプリメント、鍼灸、クリスタルテラピー、アロマテラピー、太極拳など数々ありますが、これらの中で安全性と有効性が実証されているのは三分の一に過ぎないと指摘されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/23 08:06
第480回 ヨガで脳機能が活性化
これまで有酸素運動や筋トレが脳を活性化させることが報告されていますが、“ヨガの源流と云われるハタヨガを20分間行うことで、有酸素運動よりも集中力・学習力・記憶力・遂行力が向上する” という米ウェイン州立大学のNeha Gothe教授の研究結果が、学術誌Journal of Physical Activity and Healthに掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/22 20:52
第479回 ダイエットには朝食が金、昼食は銀、夕食は銅ですか?
アップデート(2013年9月14日) American Journal of Clinical Nutritionの新しい研究論文を最後部分に追記しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/22 17:40
第478回 フォアフット着地 vs 膝の怪我リスク
「フォアフット着地」の方が「かかと着地」より膝への負荷が低いことが報告された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/20 06:28
第477回 赤肉は糖尿病リスクを増大させる
牛肉、豚肉、羊肉などの赤肉や加工肉が健康に悪いことは、 「第172回 食事のバランス」 「第448回 カルニチンは動脈硬化を促進させる」 などで触れてきましたが、米国ハーバード公衆衛生大学院のAn Pan博士ら研究チームは約15万人を対象として調査し、4年間で赤肉の摂取量が1日当たり0.5サービング以上増えると、その後4年間の糖尿病発症リスクが約1.5倍になっていたことを、2013年6月17日付のJAMA Intern Medで報告した。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/19 08:33
第476回 マッサージのタイミング
「運動直後に行う方が時間をおいて行うより有益である」ことがラビットを使った研究で示された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/16 07:10
第474回 コーヒーのダイエット効果???
コーヒーの主成分であるクロロゲン酸(CGA)サプリを使用しても減量効果は無い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/15 10:42
第473回 BPA vs 肥満リスク
“9〜12歳の少女の肥満とビスフェノールAとの間に強い関連性があること”、而も、“ビスフェノールA(BPA)のレベルが高いと肥満リスクが倍増する”ことが新研究で示された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/14 05:43
第472回 ソフトドリンクと虚血性心疾患及び脳卒中発症リスク
清涼飲料の愛飲は、女性の虚血性脳卒中の大きなリスクとなる! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/13 06:14
第469回 報奨金ダイエット
「第421回の“アメとムチ”ダイエット」では、米メイヨークリニックで行われた報奨金ダイエットを紹介しました。 今回はフィラデルフィア小児病院の従業員を対象に行われたものですが、報奨金を個別に授与するより、グループに分けてダイエット成功者で山分けする方が、効果が大きいことが報告されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/11 14:09
第468回 腐った魚は目で分かる!
最大手企業の某会長さんが、出来の悪い社員に喩えて、麻雀中に口癖のようにこう言っておられたことを思い出します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/10 06:17
第467回 ベージュ脂肪細胞 vs 白色脂肪細胞
ベージュ(brite)脂肪細胞と白色脂肪細胞は相互変換する! brite脂肪細胞は寒冷刺激により形成され、温暖環境で可逆的に白色脂肪細胞に戻ることが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/09 05:19
第466回 LTと乳酸クレアランス
乳酸は単なる疲労物質ではなく、酸化系代謝でエネルギーとして消費されることは、“第94回の乳酸はエネルギー源である” で書いた通りです。 乳酸メカニズムについて未だ十分にご理解されていない方は、併せて次の記事をお読みになると大要が掴めます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/07 10:32
第465回 ソーダにはまってませんか?
歯の美しさと健康の鍵はエナメル質です! ソーダは違法薬物と同様に歯のエナメルを浸蝕します! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/05 19:51
第462回 思春期少女の骨格筋とエストロゲンの変化
筋骨格とエストロゲンは、思春期の少女の成長スパート中に変化する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/02 12:46
第460回 カリウムが健康に及ぼす影響
米国や英国では、生活習慣病予防の観点から、男女ともに目安量は1日当たり4700 mg(120 mmol)、推奨量は3500mg(89.5mmol)となっています。 厚生労働省は、1日の目安量は成人男子で2500mg(64 mmol)、成人女子で2000mg(51 mmol)です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/30 16:49
第459回 成長期の身長の伸びと筋トレ
成長期に身長(骨)を伸ばすには、カルシウム/ビタミンD/タンパク質などの栄養をとるだけではなく、運動で刺激を与えることも必要です。 水球選手の骨密度は浮力が影響し、ハンドボール選手より低いという調査報告があります。 それでは、筋力トレーニングを沢山やればやるだけ効果が上がるのだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/29 14:54
第458回 標高と肥満の関連性
一つ目のマップは、米国疾病対策センター(CDC)から提供されたもので、全米の20歳以上を対象とした地域別の肥満率を示しています。 二つ目のマップは標高を示すものですが、標高が低い南部では肥満率の高く、特にネバダ州やコロラド州と云った標高の高い西部では肥満率が低いことが窺えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/27 10:29
第457回 ファーストフーズのカロリーに大きな誤解!
2010〜2011年にハーバード大学医学大学院とHarvard Medical School and Harvard Pilgrim Health Care Instituteによって実施された共同研究で、調査対象者の2/3が少なくとも500kcal過小評価していることが分かりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/26 14:15
第454回 米国での減塩論争
「第419回の食塩の過剰摂取」で紹介したように、米国心臓協会(AHA)は、ナトリウム推奨量を2300mg(食塩5.84g)から1500mg(食塩3.81g)に引き下げました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/20 15:36
第453回 腸内細菌アッカーマンシアは肥満を抑制し代謝不全を改善する
アッカーマンシア ムシニフィラ菌と呼ばれる優れた有用菌は、赤ちゃんから年配者まで全ての人間の腸粘液層に存在しています。 この細菌が肥満に伴う代謝不全の改善に有益であることがマウス実験で分かりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/19 08:00
第452回 外食はやっぱりダイエットの敵
カロリー、脂質、飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、コレステロール、ナトリウムの過剰摂取は、肥満、高血圧、心臓病、糖尿病、及びガンなどのリスクを高めることから、全国チェーンのレストランやファーストフードは、高カロリーで且つ多量の塩分を含む食事を提供しているとして批判されています。 それでは、独立系や小規模チェーン店のメニューにはカロリー表示はされていませんが、一体どうなっているのでしょうか? カナダToronto大学および米国Tufts大学が実態調査した結果が、2013年5月13日付けのJAMA... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/17 20:26
第451回 ガラクタ遺伝子はガラクタである
ジャンクDNAは、染色体あるいはゲノム上の機能が特定されていないようなDNA領域のことでガラクタ遺伝子とも呼ばれ、例えばヒトの場合、転写されたDNAのわずか2%の部分だけが蛋白質に翻訳されるとされてきました。 しかし、第309回のジャンクDNA(ガラクタ遺伝子)で書いた通り、昨年のENCODEプロジェクトで、ガラクタ遺伝子の少なくとも80%が、健康や病気になる遺伝子を調整する遺伝子スイッチを含んでいることが分かり、これらの調節遺伝子のスイッチがオンやオフになることで、骨、血液、イン... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/16 20:20
第450回 ビタミンDの適正摂取量
ビタミンDの摂取量は欠乏しても過剰でも問題です。 “第360回のビタミンDサプリは少量が長寿の鍵?” で、ビタミンDの摂取量つまり血清25-ヒドロキシビタミンD(25-OHD)は、低値vs中間値(50–60 nmol/liter)どちらが良いのか疑問を投げかけました。その後3件の主要な研究論文が発表されたので纏めてご紹介します。未だ決着には至っておらず、まさにがっぷり右四つと云ったところです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/15 07:19

トップへ | みんなの「健康」ブログ

Nice Body Make・・・よもやま話 健康のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる