第430回 ファーストフード vs ファストフード


雑談あれこれ(^.^)
スローフードとは何ですか?
ファーストフードとファストフード、どちらのカタカナ表記が正しいのですか?

画像


スローフードと地中海食
ファーストフードを「三省堂 大辞林」「流通用語辞典」「フリー百科事典ウィキペディア(2012/10/08)」で調べてみると、客の注文に応じてすばやく出せる料理や調理済みの食品を指し、英単語の由来は「first」ではなく「fast」であると記載されています。

スローフードという言葉は、「吸収が穏やかで血糖値が上がりにくい」、「伝統的な食材や料理法、手作りの意味などを見直し、ゆったりとおいしく食べる」と云う意味を包含しています。
因みに、地中海食とは、イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャなどの素朴な家庭料理を指し、スローフードの原点と云われています。オリーブオイルをベースとして、旬の新鮮な野菜/魚介類やナッツをふんだんに使うのが特徴で、健康食として脚光を浴びています。

地中海食
Science Daily(2012年10月30日)
地中海食とジャンクフードが血管内皮に及ぼす影響についての研究結果が、カナダで開催された心血管会議で報告されました。
血管内皮が正常に機能している動脈では、血管の拡張と収縮のバランスが保たれていますが、血管内皮の機能不全が起きると、アテローム性動脈硬化症や冠動脈疾患につながると考えられています。
モントリオール心臓研究所エピックセンター付属大学のAnil Nigam博士ら研究チームは、
禁煙28名の男性を被験者として、オリーブ油で調理した野菜・サーモン・アーモンドなど不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪が多く含まれた脂肪食(総カロリーの51%)、及びソーセージ・卵・スライスチーズ・刻んだジャガイモにタマネギを入れてフライパンで炒めたハッシュブラウンで作られた高飽和脂肪酸のサンドイッチ(総カロリーの58%)を割り当て、毎食後2時間と4時間の時点で、それぞれの食事が内皮機能にどのように影響したか超音波検査で調べました。その結果、地中海食では動脈拡張は正常で血流も異常なかったが、ジャンクフードのケースでは動脈拡張は24%低下したというものです。

ついでに、地中海食に関する直近の研究論文を紹介しておきます。
The New England Journal of Medicine
Apr4 2013
Primary Prevention of Cardiovascular Disease with a Mediterranean Diet抄訳:
2型糖尿病患者、若しくは喫煙、高血圧、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、肥満、心血管疾患の家族歴のうち3個以上のリスクを有する男性(55~80歳)女性(60~80歳)7447人を対象としたスペインの研究で、地中海食グループと対照グループ(低脂肪食)に分けられた。地中海食グループは、ポリフェノールの多いエキストラバージンオリーブ油を週に約1リットル、又はナッツを1日30g以上(クルミ15g、ヘーゼルナッツ7.5g、アーモンド7.5gを補充摂取すること、更に、果物、野菜、魚介類(特に油の多い魚類)、豆類、white meatが推奨され、ソーダ類、市販の菓子、ペイストリー類、スプレッド脂肪、red meat肉、加工肉を減らすよう指導された。
この実験では、カロリー制限と身体活動のいずれも忠告されなかった。
その結果、地中海食は高リスクの人たちの主要心血管疾患の発症を減少させたと報告されている。

ファーストフード vs ファストフード

どちらのカタカナ表記が正しいのでしょうか?
辞書には、ファーストフードとファストフードの違いについて明記されていません。
ところが、テレビや新聞では決まったように “ファストフード” と表記します。
その理由は、 “NHKことばの宝島” によれば、「ハンバーガーやポテト、また牛丼など、安くて速く簡単に提供される食事のことを、放送や新聞などではファストフードといいます。放送で使う外来語にはある程度決まりがあって、速いという意味のfastはファストで、一番の意味firstはファーストと発音表記することとなっている」そうです。

問題の根源は、英語「fast」の発音そのものにあるようですね。

それでは、正しい発音はどちらでしょうか?
岡山大学の金谷教授の“続・ここが変だよ日本人の英語”から引用:
『アメリカ英語とイギリス英語で差が目立つのは、子音の前のa の音が米国では[æ],英国では[A:] となる単語である。例えば、ask は[æsk、A:sk](仕切りの前が米,後ろが英)となり,この対立はanswer [æns@r、A:ns@], ant[ænt、A:nt], castle [kæsl、cA:sl], task [tæsk、tA:sk]などかなりある。can の否定の口語can’t [kænt、ka:nt] も聞くと差が大きい。』

なるほど!
本来ならば、Fastのaの発音を英語では「アー」、米語では「アとエの中間音(æ)」で発音する。つまり、ファーストフードはイギリス英語のカタカナ表記で、アメリカ英語ではファストフードになる訳ですね。

実際に米国人と英国人のFastの発音を聴いてみましょう!

Weblio英和辞典
発音記号は米英の記述はなく、単に “fˈæst|fάːst” と併記されています。
実際の発音は「アー」に聞こえます。

MCMILLAN Dictionary
British EnglishとAmerican English の両方が聞けます。
Fast foodの両者の発音は、「アー」と「アとエの中間音(æ)」の微妙な違いはあるものの、ジャパニッシュ英語派の私には、いずれも「アー」に近く聞こえてしまいます。

ヒアリングの上級者には、きっとはっきりした違いが分かるのでしょうねぇ~
さて、皆さんにはどのように聞こえましたか?

結論:
元来、わたしは学究肌の人間ではないので、ファーストフードとファストフードの学問的な違いに頑なには拘りません。現実的にはファーストフードの方が流通しているようなので、それならそれでいいんじゃないのかと思っています。ただ、グループの輪や相手によって通じないのなら、このような違いがあることを踏まえた上で、通じるように使い分ければ良いだけの話ではないでしょうか!