第1064回 地中海ダイエットは余命延長に有効


新研究によれば、65歳以上の高齢者がしっかり地中海ダイエットを続けると、死亡リスクは25%低下するそうだ。

画像


British Journal of Nutrition
2018 Aug20
Mediterranean diet and mortality in the elderly: a prospective cohort study and a meta-analysis


地中海食が寿命を延ばすことは一般人を対象とした多くの研究で示されているが、高齢者の死亡率と関連する健康効果についてのメタ解析はない。
Moli-sani study cohort (2005–2010年)で募集された65歳以上の一般人5200人について縦断的分析を行った

我々は先験的な地中海食スコア(MDS range 0〜9)によって地中海食への遵守性を評価した。生存推定値はCox回帰と競合リスクモデルを用いて導出した。メタアナリシスでは、PubMed及びScopusの2018年4月までのデータベースを検索し、高齢者の地中海食と死亡リスクに関する前向き研究を特定した

中央値8.1年の追跡期間中、Moli-saniコホートの高齢者サブサンプルで合計900人の死亡が確認された。MDSスコアが1ポイント増えると、全死因死亡(多変量ハザード比(HR)=0.94 95% CI 0·90-0·98)・冠状動脈疾患/脳血管(HR=0,91 95% CI 0.83-0.99)・非心臓血管/非癌死亡率(HR=0,89 95% CI 0.81-0.96)のリスクが低下した。

我々の結果を含む7件の前向き研究(被験者113,878名/死亡3,874名)のメタ解析では、MDSスコアが1ポイント増加すると全死因死亡スクは5%(4〜7%)低下した。

3つの研究を含めたメタ解析からは逆用量反応曲線(関係)が見出された。
結論として、前向きコホート研究とメタア解析では地中海食への遵守性と高齢者の生存期間の延長は正の相関関係にあり、生存見込みを最大限に高めるために地中海食を採用・継続することは高齢者にとって適切なことであることを示唆している。