第1075回 ジョギングによる慢性腰痛の改善には筋トレがお奨め?


シンガポールNanyang Technological Universityの研究チームは、慢性腰痛で悩むレクリエーションランナーにレッグプレスやスクワットなどの下肢トレーニングを勧めています。

画像


Medicine & Science in Sports & Exercise
2017 Dec;49(12):2374-2384
Comparison of Lower Limb and Back Exercises for Runners with Chronic Low Back Pain.

ダイジェスト

慢性腰痛のランナーのための特定プロトコルは現在の処ない。故に、慢性腰痛のレクリエーションランナーを被験者として、“下肢エクササイズ(LL)”と“慣習的に行われているlumbar extensor (LE) やlumbar stabilization (LS)”の治療効果を比較するために単盲検ランダム化試験を実施した。腰痛が3ヶ月以上続く84名のレクリエーションランナー(週にラン2~5回)を8週間のエクササイズ介入群(LL、LE、LS)に無作為に割り付けた。フォローアップ期間は3~6ヶ月。評価項目は自己評価による主観的疼痛、ランニング能力、LL強度、背筋機能および走容。一般化推定方程式で群-時間の相互作用(Patient-Specific Functional Scale)を評価。6ヶ月後の腰痛改善は3群で同様だったが、ランニング能力/膝伸展力/走幅はLL群が優れていた。故に、LL(下肢エクササイズ)療法は慢性腰痛のための新しい選択肢の一つとなろう。

マイコメント
もちろん休養は大切ですが、廃用性筋萎縮の問題も忘れてはいけない。大腰筋に比べて
大腿四頭筋やヒラメ筋の筋委縮は顕著に現れると聞いています。腰痛の原因は様々で特定するのは難しい。腰痛のリハビリとして、私の場合は背中や腰のスタティックストレッチングと併せて、低負荷でのスクワット/デッドリフトを採り入れてますが、他の方にも有効とは限らない。読者の方からコメント戴いた手法を試したら酷くなった苦い経験もあります。この研究は、無作為化試験ですが対照試験とはなっておらず、対照群(運動なしの静養群)が設定されていないことに留意してください。